1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【公開しました】TRUSTDOCKのCEO千葉孝浩による、リモートワーク、オンライン手続きで発生する「本人確認の課題」ショートインタビュー

CEOの千葉孝浩がリモートワークやオンライン手続きの増加に伴って発生する「本人確認の課題」を解説しました。

【詳細はこちら】
画面の前のひとは本人なのか?リモートワーク、オンライン手続きの増加が、「本人性の担保」を社会的な課題に押し上げた〜株式会社TRUSTDOCK・CEO千葉孝浩のショートインタビュー〜

https://biz.trustdock.io/hr-magazine/2020-ceo-remote-work-id

【コンテンツ】
(1)そのIDは「本当に本人なのか」。リモートワークやオンライン手続きの増加で、新しい問題が発生している
(2)「本人性の担保」はどの業界でも解決すべき課題になりつつある

【話し手】

               株式会社TRUSTDOCK CEO 千葉孝浩

前身の株式会社ガイアックスでR&D「シェアリングエコノミー×ブロックチェーン」でのデジタルID研究の結果を基に、日本初のe-KYC/本人確認API「TRUSTDOCK」を事業展開、そして専業会社として独立。シェアリングエコノミー等のCtoC取引に、買取アプリ等の古物商、そして送金や融資、仮想通貨等のフィンテックの口座開設まで、あらゆる法律に準拠したKYC/本人確認をAPI連携のみで実現。様々な事業者を横断した、デジタル社会の個人認証基盤、日本版デジタルアイデンティティの確立を目指す。

株式会社TRUSTDOCKでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう