1
/
5

中途入社3年目でWebマーケコンサル事業のマネージャーに昇進。ウィルゲートに入社して得たものとは

不動産系のITベンチャー企業にて新規メディアの立ち上げを経験した後、大手Web広告企業にて営業を経験。その後、自身のキャリアアップを目指して2019年4月にウィルゲートへ転職。

現在は、コンテンツマーケティング事業部 コンサルティンググループにてマネージャーとして活躍してる原口に、

・ウィルゲートに入社を決めた理由
・仕事をしているなかで心がけていること
・今後のキャリアプラン

などなど、転職の経緯や今後の展望についてインタビューした内容をお届けします!

自身のキャリアアップを目指して、ウィルゲートへの入社を決めた理由

ーーウィルゲートに入社するまでの経緯を教えてください!

大学を卒業後、不動産系のITベンチャー企業に入社して経営企画室にて新規メディア立ち上げの企画とWebディレクターなどを経験し、SEOやWeb制作の基本的な知識を身につけました。その後、営業などのスキルを身につけたいと考えるようになり、大手Web広告企業への転職を決めました。

大手Web広告企業では、多くの店舗を担当してコンサルティング営業をおこなっていました。また、新規顧客獲得のために、テレアポや飛び込み営業などの経験もしましたね。大きな規模の企業で働いたことで、組織の仕組みなどについても学ぶことができたと思っています。

ーーウィルゲートへの転職を決めた理由は何ですか?

自分自身の今後のキャリアを考えた時に、特定のジャンルだけでなくてデジタルマーケティング支援を全般的に手がけている企業に入りたいと考えていました。また、どちらかというと規模が大き過ぎず、一人ひとりの裁量権が大きい会社を中心に探していましたね。

そのほかにも、採用面接の際に担当だった方の印象がとても良かったことも入社を決めた大きな決め手になりました。不安に思っていることを解消するため、入社までにたくさんの社員さんに会わせていただいたことも非常に大きかったですね。

人に対する思いやりがあり、自分の仕事に誇りを持っている人が多い会社

ーー実際に入社してみて、ウィルゲートという会社の印象はどうでしたか?

全員が同じ方向を向いていて、自分の仕事に誇りを持っている人が多いという印象を持ちましたね。自分の業務で忙しいなかでも、同じ部署のメンバーのことを気にかけてお互いにフォローをしあうような社風があると感じました。その印象は今でも変わっておらず、メンバー想いの人が多いなと思いますね。

私はどちらかというと淡々と仕事をおこなうような会社ではなく、仕事に対する熱量が大きい会社で働きたいと考えていたので、そういう点ではウィルゲートはピッタリの会社だったのかなと思います。

ーー仕事のしやすさについてはどうですか?

現在は週2回ほど出社して、残りの3日間はリモートで在宅勤務をしています。在宅勤務であっても社員同士のコミュニケーションは取りやすく、わからないことがあれば気軽に質問しやすい環境です。出社と在宅勤務でうまくメリハリをつけて仕事ができるので、個人的には非常に働きやすい環境だと感じていますね。

ーーコンサル業務は忙しいというイメージがあると思うのですが、その点はいかがですか?

コンサルティングという仕事の特性上、クライアントから「明日までにこれをやってほしい」というような緊急度の高い仕事が入ることもあります。しかし、それぞれに任せられている案件数はしっかりと管理されているため、残業が多くなりすぎることはありません。

9時頃に朝会を実施してから業務を開始するのですが、私の場合はメンバーのフォローに時間を使っていることが多く、終日メンバー対応で埋まることもありますね。定時終了後に、マネージャーとしての進捗管理などの業務をおこなって、平均で20時頃には仕事を終えています。

もちろん1日はあっという間に過ぎますし、仕事は忙しいです。でも、やっている仕事がつまらないと思ったことがないし、今の自分がやっている仕事で会社が良くなっていくと感じるので時間的な部分は負荷はないですね。

入社3年目でマネージャーに就任し、メンバー育成に力を入れている

ーーどのような経緯でマネージャーになったのですか?

2019年4月に入社してから、現在までずっとコンサルティングの部署に所属しています。

会社に入ってからしばらくは、とにかく仕事を覚えていく期間でした。その後、先輩社員に色々と聞きながら、仕事の考え方や進め方を学んでいきましたね。業務経験を重ねていき、大手企業の担当者を任されるようになりました。

2020年10月にリーダーに昇格しました。リーダーに昇格してからは、新卒で入社したメンバーのサポートをしながら業務をおこなっていました。中途で入った社員としての意見を求められることも増え、より高いレベルでの仕事が求められましたね。

その後、2021年10月にマネージャーに昇格しました。現在は18名のメンバーを管理する立場になり、組織全体のマネジメントを中心に業務をおこなっています。

ーー現在、マネージャーとして力を入れていることは何ですか??

現在、もっとも注力しているのは、”人材の育成”です。
まだまだ事業部全体の教育制度や育成については改善の余地があるとは思っており、研修内容のアップデートやノウハウ共有のための動画マニュアルの作成などに取り組んでいます。

弊社は新卒だけでなくて中途採用の社員も多いので、個人のスキルレベルにはバラつきがあります。それぞれのレベル感に合わせて、メンバーが成長できる環境を整えていくことに注力しています。

いかなるときも「三方良し」を追求し、最終的な判断をしていく

ーー入社してから約2年半が経ちましたが、自身の中での気づきはありましたか?

ウィルゲートに入社する前までは個人でガツガツ仕事をすることが多かったのですが、ウィルゲートに入ってから、チームで仕事をする楽しさを感じることが多いですね。

指導してきた後輩たちが成長していき、お客さまと信頼関係を構築していく姿をみるのはうれしいですね。「どうやったら目標が達成できるのか」、「どうやったらお客さんの満足度が高められるのか」ということをチーム全員で考えている雰囲気はとても好きですね。

ーーウィルゲートに入社して良かった点はありますか?

自分の意見がダイレクトに会社に影響を与えられるというのはモチベーションに大きく繋がっているなと感じています。

大きな規模の会社だと、なかなか自分の意見が通りにくいことがあると思いますが、ウィルゲートであれば声をあげれば多くのことを任せてもらえます。自分のした提案が会社を動かしていると実感できることは大きなやりがいに繋がっていると感じています。

ーーお仕事をするなかで心がけていることや意識していることがあれば教えてください。

ウィルゲートには『WinG』という7つの行動指針があります。その中のひとつに”いかなるときも「三方よし」を追求する”というものがあります。

仕事をするなかで心がけていることは、自分とクライアント、そして会社のためになっているのかということを常に考えることです。マネージャーとして色んな判断をしなければならない場面が増えてきたのですが、「三方よし」に当てはまっているのかどうかを意識して最終的な判断をしています。

最終的なゴールは、”仕事ができるカッコいい女性”になること

ーー今後の展望について教えてください!

今後、マネージャーとして取り組みたいことは大きく分けて3つあります。

1つ目は、クライアントに対するコンサルティングの守備範囲を広げていくことです。今まではSEOをメインでおこなってきましたが、支援範囲をデジタルマーケティング全体に拡大して、多くの問題に対応できるようにしていきたいと考えています。

2つ目は、顧客へのアプローチ方法を仕組み化していくことです。現在は個人の裁量に任せている部分も多く、個人によってやり方にバラつきがあります。事業部として、クライアントに対するアプローチを仕組み化することで営業効率をさらに上げていきたいと考えています。

3つ目は、組織を大きくしていくことです。ありがたいことに新規のクライアントも増えてきており、これから組織を大きくすることでさらなる会社の成長につなげていきたいと考えています。採用やマネジメント業務を通して、より強い組織を作り上げていきたいですね。

ーー最後に、あなたの『will』を教えてください!

私の『will』は、”仕事ができるカッコいい女性”になることです。

組織に貢献することはもちろんですが、メンバーから信頼される人間になりたいと考えています。そのためにもメンバーが気軽に相談できるような雰囲気づくりをしていきたいですね。組織の雰囲気を良くしていくことは、その先にあるクライアントの満足度にも良い影響を与えると考えています。

一緒に働いているメンバーには、「仕事がつまらない」とか「やりがいがない」ということを感じてほしくはありません。そのためにマネージャーとして、働いている人がみんなハッピーでいられるような組織を作っていきたいです。

(取材・文/小町 編集/柳 撮影/水附)

▼ウィルゲートが大切にしている価値観、事業、働く環境はこちら

▼他にもセールスやエンジニアなど積極的に採用中!

株式会社ウィルゲートでは一緒に働く仲間を募集しています
11 いいね!
11 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング