Shiki Nobuhisa

VisionShift / 企画・開発・コンサルタント北海道札幌市

Shiki Nobuhisa

VisionShift / 企画・開発・コンサルタント

つながってこの人をもっと知ろう

自己紹介などの詳しいプロフィールは、つながりをリクエストして承認されると表示できます。

VisionShift10 months

企画・開発・コンサルタント現在

- 現在

フリーランス・個人事業主 - AR/VR/MR アプリケーション開発 (Oculus/Meta Quest, Hololens, Mobile...) - ゲームエンジンでの開発 (Unity, Unreal Engine...)

株式会社ネクストスケープの会社情報

株式会社ネクストスケープ3 years

xR開発エンジニア

-

○主にホロレンズを利用してアプリケーション作成とユーザーエクスペリエンス実現

  • MR技術によるガントリークレーン荷役操作支援システム

    ◆MR技術を活用したガントリークレーン技能者向けの荷役操作支援システムの開発 ガントリークレーンの操作情報をMicrosoft HoloLens 2へ連携し、荷役支援に繋がる付加情報を現実空間に重ねて表示することで、操作時における視覚的な支援が可能。 ◆VR技術を活用した操作シミュレータの開発 操作シミュレータでは、様々な荷役操作訓練ができ、操作記録は指標別に算出可能なため、自身の技能向上に結び付けることができる。

    -
ベルフェイス株式会社の会社情報

ベルフェイス株式会社1 year

Win&Macアプリケーション開発エンジニアリーダー

-

O 今まで主に外注会社が開発していた部分の Windows ・ Mac アプリケーション 、社内で開発を進めるために入社しました O Qt ・ Qt WebEngine ベースの Windows ・ Mac アプリケーションのフロントとバックエンド開発 O オンライン営業システム bellface のレコログ録画録音取得ソフトの新機能開発

Kazendi Ltd.6 months

シニアUnity開発者

-

O 複合現実用のオンライン プラットフォームの開発(主にホロレンズ2用) O マルチプラットフォーム 用のMR ツールとソフトの開発

  • Holomeeting 2

    Hololens 2 に対応したAR商談サービス「Holomeeting 2」の開発Unityでしていました

    -
STYLE PORTの会社情報

STYLE PORT3 years

プログラマー・研究開発/R&D

-

O マルチビューステレオ( MVS )や深度センサーからのポイントクラウドを利用した平面的で正確性のあるインドア再構成による研究 O ポイントクラウドや画像からインドアの特徴点、テクスチャーとマテリアルの認識による研究 O 不動産の VR 閲覧システムに使われる単純で自動化された中古物件の 3D 再構成による開発

BULB株式会社の会社情報

BULB株式会社3 years

プログラマー

-

O 不動産の VR 閲覧システムに使われる 3D モデルのメタデータ編集ツールの開発 O 自社の WebGL 3D エンジンのアシスタント開発

株式会社スマイルブーム1 year

モバイル向けの AR アプリ・ゲーム開発・ゲームエンジン開発・ゲームデザイン

-

O 有名なスマートフォンブランドのための VR コンテンツのソフト開発 O 有名なゲーム会社のための新規モバイルゲームプロトタイプの開発 O 自社のマルチプラットフォーム対応ゲームエンジンのアシスタント開発

株式会社インフィニットループ1 year

システム開発

-

O 勤怠管理システム「シュキーン」の開発。主に iBeacon を利用するソリューションの設計と開発と iOS 版アプリの設計と開発 O 歩数計アプリ「歩いてコレクション」の開発 O モバイルゲーム「勇者と 1000 の魔王 ~覚醒~ 」の Unity 移動版の開発、主に最適化とデバッギング O PBW ゲーム「ケルベロスブレイド」の開発

  • ケルベロスブレイド

    トミーウォーカーのPBWゲーム「ケルベロスブレイド」でPHPでの開発に協力しました。

  • 勇者と1000の魔王~覚醒~

    今はサービス終了しました、モバイルゲームの「勇者と1000の魔王~覚醒~」のUnityでの開発に協力していました。

  • 歩いてコレクション

    歩いてコレクションでは主にUnityでの開発行って、2014年にリリース

  • とってシュキーンの設計と開発

    勤怠管理システム「シュキーン」iBeacon利用の「とってシュキーン」の設計とiOS版の開発一人でやりました。


アプリをインストールして、知り合いの最新の活躍をフォローしよう