1
/
5
プロダクトマネージャー
中途
172
エントリー
on 2018/09/27 4,944 views

ピクシブのプロダクトマネージャーを募集!

ピクシブ株式会社

ピクシブ株式会社のメンバー もっと見る

  • pixivでプロダクトマネージャー兼UI・サービスデザイナーをやってます。pixiv SketchやAPOLLO、BOOTH、FACTORYなどを開発。

  • 2012年、エンジニアとしてピクシブ株式会社に新卒入社するがウェブディレクターに転向。 グロースハックのブーム時には、「pixiv」でユーザー行動分析やA/Bテストといったグロースハックを担当。 後にpixiv閲覧体験チームのプロダクトマネージャーを務める。現在は、クリエイタープラットフォーム事務局 局長補佐として、サービスを横断したデータの分析や経営戦略の立案に関わる。

  • 2015年にピクシブ株式会社にスマートフォンアプリケーションエンジニアとして入社。
    主にpixivのiOSアプリの開発を担当した。
    現在はプロダクトマネージャーとしてpixivアプリを担当している。

なにをやっているのか

  • 2021年9月10日にサービス開始から14周年を迎えました
  • 創作活動を起点に多くのプロダクトを開発しています

◎創作活動がもっと楽しくなる場所をつくる
私たちピクシブは、イラストコミュニケーションサービス「pixiv」を中心に、
創作物のためのマーケットプレイス「BOOTH」や
ものづくりがもっと楽しくなるグッズ制作サービス「pixiv FACTORY」、
クリエイターの創作活動を応援するためのファンコミュニティ「pixiv FANBOX」、誰もが自分好みの3Dキャラクターを簡単に作成できる「VRoid」など、多様なサービスを開発しています。

◎世界中のクリエイターを支えるプラットフォームへ
基幹サービスである「pixiv」は現在登録ユーザー数が8000万を超え、その内半分以上が海外からのアクセスと巨大なグローバルサービスへと成長しました。230もの国と地域からアクセスするクリエイターとファンのためにより良い創作活動の場を届けていきます。

なぜやるのか

◎クリエイターの可能性を最大化し、創作文化を支えるインフラになる

近年、テクノロジーの発展により「創作の範囲や可能性」は拡大し、
クリエイティブな人生を送る人々が増えてきました。

ピクシブではあらゆる角度から創作活動を捉え、様々なサービスを展開し、
自社で20近いサービスの開発・運用を行なっています。
このように創作文化を取り巻く環境をつくっていくことを、
会社では”pixiv town”という街としてシンボルにしています。

クリエイターはファンのために、ファンはクリエイターのために。
双方にコミュニケーションをとり楽しむことができる、支えることができる、
そんなエコシステムをつくりあげ、より良い創作活動の経済圏を醸成することを目指しています。

どうやっているのか

  • 社員ブログ:https://inside.pixiv.blog/
  • 渋谷区千駄ヶ谷にあるオフィス

◎”遊びでつくる、毎日を”
強い想いが詰まったアイデアが現場から出てきて、プロダクトが生まれた事例が多くあります。
ピクシブは創作活動を支えるテクノロジーを日々追求します。
全社員がプロダクトにオーナーシップを持ち、より良いクリエイターエコノミーを作るため
ボトムアップに意見を出し合い、アクションを起こしています。

◎ピクシブのチームづくり
ピクシブのチームづくりはまずは”人を知ること”から始まります。
平均年齢は32歳。20~30代の社員が多い環境で年齢や役職に関係なく、フラットに意見交換をしています。自然と会話が生まれるオフィス設計、自由に想いを書き記すことができるポエムツール、社長含め全員をハンドルネームで呼ぶ文化など、チーム開発に必要なオープンコミュニケーションを数多く制度として導入しています。

◎働きやすい環境
エンジニア勉強会や、1on1制度、自分のノウハウを気軽に発表する社内ラジオ、
趣味でつながり会社から支援金が出るSlackチャンネル活動など多様なコミュニティが存在します。
また、自分で好きなPCを社費購入できるPC購入制度や、ジムやマッサージの費用を補助するコンディショニングケア制度など各種サポート環境も拡充しています。

【新型コロナウィルスに関する勤務体制】
原則リモート勤務を実施しておりましたが、現在はリモートワークと出社を組み合わせた勤務体制を実施しています。※ワクチン休暇制度、リモート手当あり

こんなことやります

ピクシブでは、イラストコミュニケーションサービス「pixiv」のほかにも、クリエイター向け創作物販売プラットフォーム「BOOTH」や、クリエイターの創作活動を支えるファンコミュニティ「pixivFANBOX」など、クリエイターを支えるためのプロダクトを数多く開発しています。
また最近では、キャラクターを使った作品作りやVR/AR空間でのコミュニケーションを楽しめる環境を多くの人に届けることを目的とした「VRoidプロジェクト」が始動しました。

私たちは、創作活動を盛り上げることをミッションとしてプロダクト開発を行っています。
「創作活動」というドメインに絞って事業を開発していくため、私たち自身がそのドメインのプロフェッショナルである必要があります。
そして、プロフェッショナルであるからこそ、その領域の「未来にあって当たり前のもの」を想像することができると考えています。

今現時点において「創作活動」のプロフェッショナルである必要はありません。一緒に働きながら理解を深めていくことができる環境が整っています。
むしろ他業種だとしても、他業種だからこそ得られた視点や事業開発の発想を組み合わせて、このドメインに活かしていただきたいと考えています。

「今」の延長線ではなく、未来から逆算したプロダクトづくりに興味関心のある方は、ぜひ一度オフィスまで遊びにきてください。
プロダクトマネージャー一同お待ちしております。

▼仕事内容
担当サービスにおけるCEOのような立場で、ディレクター・デザイナー・エンジニアを中心として社内外と連携を取りながら、既存サービスの拡大や新規サービスの立ち上げを担っていただきます。 市場調査、ユーザーニーズや課題の調査、サービスのミッション・ビジョンの定義、事業計画および開発ロードマップの立案、それらの実現に向けた開発組織の運営をおこなっていただきます。

サービスを立ち上げ、拡大していくために必要なあらゆるスキルが身につきます。大きな裁量権を与えられ、経営者さながらに中・大規模なサービスの運営に取り組むことができます。

▼歓迎スキル・経験
- Webサービス・スマートフォンアプリでのプロダクトマネジメント経験。
- ペルソナ、カスタマージャーニーマップなどのUXツールを活用した、プロダクト改善のスキル。
- 基本的なWeb要素技術の知識。
- 事業企画・コンサルティング等、またはそれに類するビジネススキル。

▼必須スキル・経験
- Webサービス、スマートフォンアプリ市場およびビジネスモデルに関する知識と強い関心・意欲。
- チームマネジメントや開発ディレクションの経験。
- サービス運営に必要な指標とその目標値を含む事業計画の策定とプレゼンテーションが行えるスキル。
- 論理的思考に基いて課題を発見し、それを解決するための仮説立案と、施策に落とし込むスキル。
- 高いコミュニケーション能力とリーダーシップ。

会社の注目のストーリー

『分析』と『セールス』、まるで異なるピクシブの2つの広告チームの仕事とは?

月間500億リクエストの広告配信システムを一緒に成長させてみませんか?

世界中の当たり前になるサービス、VRoidを一緒に作りませんか

エントリー状況は公開されません
3人が応援しています
会社情報
ピクシブ株式会社の会社情報
ピクシブ株式会社
  • 2005/07 に設立
  • 270人のメンバー
  • 海外進出している /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5 JPR千駄ヶ谷ビル2F
  • ピクシブ株式会社の会社情報
    ピクシブのプロダクトマネージャーを募集!