350万人が利用する会社訪問アプリ

  • ITエンジニア
  • 531エントリー

実務経験不問!人の成長を創造性と技量で支えるITエンジニア募集

ITエンジニア
531エントリー

on 2019/04/10

32,372 views

531人がエントリー中

実務経験不問!人の成長を創造性と技量で支えるITエンジニア募集

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
New Graduate
Expanding business abroad
Tokyo
Mid-career
New Graduate
Expanding business abroad

Bumpei Sasaki

筑波大学付属駒場高等学校卒。同校在学中に米国に一年間、交換留学生として滞在。 その後、2003年に東京大学経済学部経営学科を卒業し、大手経営コンサルティング会社のマッキンゼーに勤務。 在籍期間中の半分は英語をベースにした国際プロジェクトに従事。退社後にマチオリ合同会社を設立。 2016年に人材育成をITを活用して支援する事業を主軸とするため、Co-Growth社として改組、現在に至る。Co-Growthになってからは、数多くの営業組織の改革を支援

【社員インタビュー】代表取締役/CEO 佐々木文平

Bumpei Sasakiさんのストーリー

Isao Horiuchi

1997年東京理科大学工学部卒業。株式会社リクルート(現リクルートホールディングス)に入社。 18年間の在職中は一貫してHR領域の営業部門に所属し、メーカー、金融、商社などほぼ全ての日本トップ企業の採用コンサルティングに従事。数々の社内MVPを受賞。 同社退社後は、プロジェクトベースで新規事業立ち上げなどに携わり、2018年4月にCo-Growth社に参加

Masanori Nakagawasai

2010年早稲田大学卒業。 マチオリ株式会社(現Co-Growth株式会社)に入社。リフレクトルを開発責任者として成功裏にラーンチ させた他、ライティング研修の事後課題として使われているeLearningプログラムなどを開発。 Ruby, PHP, を用いたWebアプリ開発、C#, Javaを用いたPC/スマートフォン アプリ開発、Linuxによるサーバインフラの構築など、幅広いスキルを持つ。

【社員インタビュー】CTO 中川西 正成

Masanori Nakagawasaiさんのストーリー

Co-Growth株式会社のメンバー

筑波大学付属駒場高等学校卒。同校在学中に米国に一年間、交換留学生として滞在。 その後、2003年に東京大学経済学部経営学科を卒業し、大手経営コンサルティング会社のマッキンゼーに勤務。 在籍期間中の半分は英語をベースにした国際プロジェクトに従事。退社後にマチオリ合同会社を設立。 2016年に人材育成をITを活用して支援する事業を主軸とするため、Co-Growth社として改組、現在に至る。Co-Growthになってからは、数多くの営業組織の改革を支援

なにをやっているのか

私たちは、 SaaS × 人材育成DX の会社です。人材の能力の中でも「対話力」の向上に焦点を当てたサービスを展開しています。 営業商談や、採用面談、コーチング等に代表される「対話」は、人間の社会活動の根幹ですが、状況や相手の反応によってあるべき姿が変わり、非言語要素(表情や声のトーンなど)も絡むため、文字や言葉だけでは伝わらず、体系化も難しく、効率的な習得が実現できていない領域です。 この課題を、我々は動画とIT 技術を活用し、さらにこれまで蓄積した、人材育成・組織開発の知見をかけあわせて、解決しています。最適な育成の形を「リフレクトル」というシステムに落とし込んでいます。さらにシステムを提供して終わりではなく、導入コンサルティングや伴走をしっかりと行い、クライアントの進化を支えること、確かな結果へと繋げていることが特徴です。 お客様から高い評価を頂いていることが、著名なベンチャーキャピタリストや、営業に専門性を持つ企業から評価され、直近の資金調達に至りました。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000043224.html
リフレクトルのイメージ
リフレクトルを使用したワークショップ
Color Book
Co-Growthのメンバー

なにをやっているのか

リフレクトルのイメージ

リフレクトルを使用したワークショップ

私たちは、 SaaS × 人材育成DX の会社です。人材の能力の中でも「対話力」の向上に焦点を当てたサービスを展開しています。 営業商談や、採用面談、コーチング等に代表される「対話」は、人間の社会活動の根幹ですが、状況や相手の反応によってあるべき姿が変わり、非言語要素(表情や声のトーンなど)も絡むため、文字や言葉だけでは伝わらず、体系化も難しく、効率的な習得が実現できていない領域です。 この課題を、我々は動画とIT 技術を活用し、さらにこれまで蓄積した、人材育成・組織開発の知見をかけあわせて、解決しています。最適な育成の形を「リフレクトル」というシステムに落とし込んでいます。さらにシステムを提供して終わりではなく、導入コンサルティングや伴走をしっかりと行い、クライアントの進化を支えること、確かな結果へと繋げていることが特徴です。 お客様から高い評価を頂いていることが、著名なベンチャーキャピタリストや、営業に専門性を持つ企業から評価され、直近の資金調達に至りました。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000043224.html

なぜやるのか

スマホ/タブレットの普及による動画撮影の一般化や、急激なオンライン商談の増加にともない、動画を育成に活用する企業が大幅に増加しています。 しかし、単に動画を共有・視聴するだけでは、育成効果があがりません。 動画をどのように活用すればよいのか、多くの企業が見出しきれておらず、困 っているのが現実です。 私たちは、動画の育成への最良の活かし方をSaaS(クラウドシステム)に落とし込み、それを組織が活かしきれることをコンサルタント/カスタマーが支援しています。 これまで個人に閉じていた営業ノウハウや知識などを組織の共有資産として考え、クライアントの状況に応じて動画を活用しながら、チーム内のフィードバック、ワークショップ、ロープレなどの様々な手法で、人材の確かな成長を支えています。 人材育成は、重要なテーマでありながら、実際は後回しになっていたり、効果的な育成の仕方が分からず非効率な形で実施されていることが多々ありました。 そんな現実を、デジタルで見える化し、最適な形をみんながが取り入れられることで、変えてゆきます。 「対話力が上がれば、人と人はもっと分かり合える。多様な人が混じり合える。」 そんな素敵な世界を、私たちは創っていきます。

どうやっているのか

Color Book

Co-Growthのメンバー

「お客様にとても深く寄り添う」こと ================== 例えばご契約頂いたお客様との第一歩は、経営者や事業リーダーの方と、実現していきたいビジョン、その中でのリフレクトルの位置づけ、を語ることです。 その内容を、リフレクトル導入キックオフの時に、リーダーから組織の皆さんに語って頂き、またそ の後の運用においても言及し続けます。 「システムとして形にする」こと ================== お客様とのお付き合いの中で見えてくるニーズ、さらに我々が描く対話力向上のあるべき姿、をリフレクトルというシステムに落とし込むことを大切にしています。 リフレクトルを武器として、これまでお客様が実現できていない、また他の事業者では追随できない、効果的・効率的な対話力向上の仕組みづくりをしています。 そのために、我々は「開発会議」を大切にしています。これは営業やカスタマーサクセスとエンジニアがみんな集まり、開発の優先順位を決める会議です。 営業やカスタマーサクセスがシステム開発に直接関われる、そしてエンジニアがお客様の声にリアルに 触れながら上流から企画・開発できる、Co-Growth で働く醍醐味の一つです。 「本気のメンバーを集める」こと ================== 我々は、ぱっと手軽に使えるツールではなく、本質的に組織や育成のあり方を変えていくシステムとサービスを開発・提供しているからこそ、そこにいるメンバーの本気度が問われます。 我々の仕事への価値観は Color Book という冊子にまとめていますので、ご興味を持っていただけた方は是非ご覧ください。 https://co-growth.jp/wp/wp-content/uploads/2023/01/color-book-compressed.pdf

こんなことやります

弊社は、現存する大半のeLearningのように人が機械と向かいあう場を創ることよりも、 テクノロジーなしでは実現できなかった人と人との関わり、 それによる学びを実現すること、により重点を置いています。 入社した企業でどんな上司に育ててもらうかによって、その人がどれくらい成長できるかは大きく変わります。人を育てる技術はこれまで個人の属性による部分がかなり大きいものでしたが、それをテクノロジーでサポートすることで大きく押し上げたいと考えています。 そうした想いを、先端のテクノロジーを活用し、進歩させる創造性と技量をもち、 お客様の成長とそれを成し遂げるチームにコミットできる、 責任感のあるプロフェッショナルと共に実現したいと考えています。 【求める人物像】 我々はエンジニアリングにおいて好奇心がとても大切だと考えています。お客様にとって価値のある新しい仕組みを作る上で、使えそうな新しい技術があれば、自ら積極的に探して実際に使ってみる好奇心と柔軟性のある人。かつ、常に仲間との対話や議論を欠かさない人。そのような人々が集まれば、刺激し合い互いの成長につながります。現在、そのようなメンバーが揃っているので、今後新たに迎える方にもそうあって欲しいと思っています。 【仕事内容】 自社プロダクトの開発がメインです。少人数で開発しているので、全体設計から落とし込みのところまで幅広いお仕事を担っていただきます。 【必要要件、歓迎要件】 Ruby, PHP, JavaScript, Java, C#などの言語で、 WEBアプリ、Windows/Android/ iPhoneアプリの開発スキルのある方(現時点でいずれか一つの言語でいずれか一つのアプリ開発ができれば可)。 ただし、実務経験は問いません。例えば、プログラミングスクールを出たばかりで知識はあるが、実際の仕事は未経験という方も歓迎します。 その上で、プログラミングをとことん突き詰めていきたい、技術の向上を常に目指し続けたいという意欲のある方、仕事を通じて自己実現をしたいと思っている方を求めています。 最後までお読みいただきありがとうございました。 弊社について詳しく知りたい方は、下記の関連記事もぜひご覧ください! 関連記事: 【社員インタビュー】代表取締役/CEO 佐々木文平 https://www.wantedly.com/companies/company_1448907/post_articles/154431 【社員インタビュー】CTO 中川西 正成https://www.wantedly.com/companies/company_1448907/post_articles/156129 【社員インタビュー】執行役員・営業コンサルタント 堀内功 https://www.wantedly.com/companies/company_1448907/post_articles/154521 募集中の職種: ▽ITエンジニア(実務経験者歓迎)▽ https://www.wantedly.com/projects/301831 ▽セールス・コンサルタント▽ https://www.wantedly.com/projects/281726 ▽セールス・コンサルタント(COO候補)▽ https://www.wantedly.com/projects/281766 ▽リモートで働く事務スタッフ▽ https://www.wantedly.com/projects/298977
0人がこの募集を応援しています

    0人がこの募集を応援しています

    話を聞きに行くステップ

    1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
    2. 会社からの返信を待つ
    3. 話す日程を決める
    4. 話を聞きに行く
    募集の特徴
    オンライン面談OK

    会社情報

    2016/01に設立

    15人のメンバー

    • Funded more than $300,000/
    • Expanding business abroad/

    東京都千代田区神田佐久間河岸91 リバーサイドトナカイビル2階