350万人が利用する会社訪問アプリ

  • フォトグラファー・カメラマン
  • 17エントリー

インターンだがプロに本気で指導を受けられる環境。だから即戦力になる。

フォトグラファー・カメラマン
17エントリー

on 2021/02/24

1,146 views

17人がエントリー中

インターンだがプロに本気で指導を受けられる環境。だから即戦力になる。

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
New Graduate・Internship
Tokyo
Mid-career
New Graduate・Internship

Norio Nakanishi

毎日写真を撮っている。 撮影だけじゃなく、採用活動、企業向けセミナーも 自分がやりたくてやっている。 すべてが自分の成長だ。 現在日本ビジネスアートに所属し日本中を撮影させていただく。 日本を創る大手企業のトップメッセージを撮影し続けている。 自分の好きなことで日本の企業に貢献でき、影響を与える。 こんな自分でもそんなことができるなんて、、、 そんな今の環境を活かしもっと好きなことやっていきたい! 22歳、京都外国語大学フランス語学科卒業時、2003年は就職氷河期。 働くということに本気になっていなくて就職できず。 やるなら好きなことに挑戦して30歳になってもダメだったらやり直そうと、好きな写真で挑戦することに決める。 が、どこにも拾ってもらえない。 アシスタントにすらなれない。 23歳、幸い荷物持ちで拾ってもらえる広告写真スタジオがあり、奈良県山村からスタジオへ片道3時間かけて通う。 往復6時間の経験は「これは将来ネタになる」と思うと楽しかった。 広告写真の基礎を先輩の動きを見て盗み、技術を身につける。 26歳で独立、個人事業主の開業届を出す。 まったく世の中を知らぬまま写真だけで生きる。 多くの先輩に出会った。 怒られる、騙される、助けられる。 いろんな衝突があったけれどその経験が30歳を超えて大いに 35歳、日本ビジネスアートに参加、初めて組織に“就職”する。 そんな経験のおかげさまで今の自分がいる。 この会社の環境を活かして、もっと好きなことを加速させたい。 家族に感謝。 環境に感謝。 写真ってやっぱりたのしいわ!!

日本ビジネスアート株式会社のメンバー

毎日写真を撮っている。 撮影だけじゃなく、採用活動、企業向けセミナーも 自分がやりたくてやっている。 すべてが自分の成長だ。 現在日本ビジネスアートに所属し日本中を撮影させていただく。 日本を創る大手企業のトップメッセージを撮影し続けている。 自分の好きなことで日本の企業に貢献でき、影響を与える。 こんな自分でもそんなことができるなんて、、、 そんな今の環境を活かしもっと好きなことやっていきたい! 22歳、京都外国語大学フランス語学科卒業時、2003年は就職氷河期。 働くということに本気になっていなくて就職できず。 やるなら好きなことに挑戦して30歳になってもダメだったらやり直そうと、好...

なにをやっているのか

大企業特化、「伝える」を切り口にした実行支援型コンサルティング 私たちは、大企業の終わりなき「伝える」課題に分野横断的に関わり、戦略提案から実務への落とし込みまでを一気通貫でご支援する、伴走型のコンサルティングサービスを展開しています。 500社超のお客さまの8割以上は、各種業界を牽引するリーディングカンパニー。 大企業は、持続的成長のため、中計策定・製品発表・広報・採用等の様々な局面で、自社の取り組みや魅力を社内外に「伝える」課題を抱えています。 直接取引に拘る理由は、お客さまの世界観にどこまでも深く感情移入し、調査研究を尽くしたうえで、最短期間で最高の結果を出すため。 私たちのコンサルティングは、課題分析・戦略提案をしたら終わりではありません。 コンサルタントは日々お客様のインターフェースを務め、課題解決のためのプロジェクト・マネジメントを主導する他、時には経営者へのトップ・インタビューを担ったり、新規事業開発に携わることもあります。 どんな小さなご依頼に際しても、創業者の情熱や経営者の葛藤を考え、お客様ご自身も気づいていない新しい視点を提供しようという姿勢が、JBAスタンダード。 目先の利益よりも、お客さまとの長期的な信頼関係の構築を評価する「長期関係性モデル」でご指名を頂き続け、直近5年で社員・拠点数共に2倍超に成長してきました。 事業領域はまだまだ拡大途上です。
東京オフィスの様子
社員一人ひとりの才能を伸ばす、自由闊達な風土と多様な働き方
撮影は単独で対応できるまで全力でサポートします。
年次関係なく、フラットにアイディアを出し合えます。
世界中から最先端のクリエイティブ事例を集めたライブラリーがあります。インプットあってこそのアウトプットです。

なにをやっているのか

東京オフィスの様子

大企業特化、「伝える」を切り口にした実行支援型コンサルティング 私たちは、大企業の終わりなき「伝える」課題に分野横断的に関わり、戦略提案から実務への落とし込みまでを一気通貫でご支援する、伴走型のコンサルティングサービスを展開しています。 500社超のお客さまの8割以上は、各種業界を牽引するリーディングカンパニー。 大企業は、持続的成長のため、中計策定・製品発表・広報・採用等の様々な局面で、自社の取り組みや魅力を社内外に「伝える」課題を抱えています。 直接取引に拘る理由は、お客さまの世界観にどこまでも深く感情移入し、調査研究を尽くしたうえで、最短期間で最高の結果を出すため。 私たちのコンサルティングは、課題分析・戦略提案をしたら終わりではありません。 コンサルタントは日々お客様のインターフェースを務め、課題解決のためのプロジェクト・マネジメントを主導する他、時には経営者へのトップ・インタビューを担ったり、新規事業開発に携わることもあります。 どんな小さなご依頼に際しても、創業者の情熱や経営者の葛藤を考え、お客様ご自身も気づいていない新しい視点を提供しようという姿勢が、JBAスタンダード。 目先の利益よりも、お客さまとの長期的な信頼関係の構築を評価する「長期関係性モデル」でご指名を頂き続け、直近5年で社員・拠点数共に2倍超に成長してきました。 事業領域はまだまだ拡大途上です。

なぜやるのか

年次関係なく、フラットにアイディアを出し合えます。

世界中から最先端のクリエイティブ事例を集めたライブラリーがあります。インプットあってこそのアウトプットです。

お客さまの世界観を深く理解し喜ばれることが自分たちの底力になる 12年前、私たちは銀座の片隅に20坪のオフィスを構えていました。若い組織ながらも、誰もが知る一流企業のお客さまに対峙して行くためにはどうしたらよいかを悩み抜き、たどり着いた理念、それが「長期関係性モデル」です。 私たちは、案件単位の利益よりも、お客さまとの長期的な信頼関係の構築を重視します。私たちはまた、お客様志向に根差す調査研究や社員の自己研鑽に対しては、投資を惜しみません。 小さな案件に際しても、お客さまの世界観を理解するために必要だと思えば、100人超へのインタビューを重ねたり、海外拠点へ同行取材したりすることも厭いません。 それぞれのお客様の唯一無二の世界観に深く感情移入する一方で、業界・領域横断的な視野を持つ外部コンサルタントだからこそ可能な課題解決を提案することで、お客さまに「そこまで考えてくれたとは!」と感動され、「次にはこんな案件もお願い」と指名されてきた、それが私たちの成長の源泉です。 【JBAの人や社風がわかる記事はこちら】 →「2秒で引き出す世界最高の1枚!指名No.1フォトグラファーが語る「いい写真」とは。 https://www.wantedly.com/companies/www-jbakk-co/post_articles/181956 →異色のキャリアの私がJBAで活躍した理由|美大出身の経営コンサルタント https://www.wantedly.com/companies/www-jbakk-co/post_articles/181912 →ホテル最大手H社の社員2000人に取材!超密着型インナーブランディング支援 https://www.wantedly.com/companies/www-jbakk-co/post_articles/160386

どうやっているのか

社員一人ひとりの才能を伸ばす、自由闊達な風土と多様な働き方

撮影は単独で対応できるまで全力でサポートします。

年齢や実績を問わず、社員の自主性に、無制限の自由と裁量を与える 私たちは、実績や肩書に頼らず、情熱で未来を拓く人の可能性を信じています。 私たちが仲間に求めるものは、学歴や実績ではありません。仕事を通じて人の役に立ちたいという資質、社会から「なくてはならない存在」と言われるようになることを共に目指せる、真摯さと誠実さです。 経験豊富なコンサルタントの先輩だけでなく、具体的な提案に形を与えるフォトグラファーやデザイナー等の専門家も対等な社員として在籍しているため、「圧倒的に深く考え抜いた提案で、お客さまを感動させる」共通の目標のもと、何でも相談しあい皆で成長しようという、ベンチャーらしい勢いと柔軟さがあります。 仕事の評価基準は、営業ノルマではなく、お客さまとの長期関係性の構築。ここでは、お客様から「あなたに任せたい」と指名された人が勝ち。その結果は、年次や肩書に関係なくフェアに評価されます。 未経験でも手を挙げれば、どんな大型案件にも参画できます。職種の枠や国境を越えたチャレンジも歓迎されます。新しいビジネスのアイディアがあれば、組織をあげてその社内創業に協力します。 経験とともに専門性も身に付き、自然と担当産業(医療、製薬、建築、旅行等)が定まるコンサルタントが多いですが、その人が新たな領域に挑戦したいと思う時に、「こんなことをやりたい」を妨げる人は、社内にはいません。 自分の仕事の本質を考え続け、意志を言語化して、周囲を巻き込み動かす自主性が高く評価されます。 変化や不確実性を困難ではなくチャンスと捉える起業家精神を持った方のご応募を、心よりお待ちしています。 【JBAの人や社風がわかる記事はこちら】 →「東北の大砲」2年目菊池の3連続受注ストーリー https://www.wantedly.com/companies/www-jbakk-co/post_articles/181887 →大手広告代理店の営業からJBAへ!自分で挑戦して目指せる先は、青天井! https://www.wantedly.com/companies/www-jbakk-co/post_articles/181901

こんなことやります

学生ならこんなもんか。 マニュアルさせておけばいいか。 インターンだもんね。 上記は日本ビジネスアートにおいて一切ありません。 自分はもっと可能性に挑戦したいのにこんなこと言われるなんて悔しい。 1年目の若手でも、10年目の玄人でも関係ありません。やりたい!挑戦したい!その気持ちに覚悟があれば年数なんてただの数字です。その意気込みにチャンスが開かれるべきです。 【思いだけで参加したインターン生の実話】 https://note.com/jba_intern/n/n3eec37a9affc 技術やノウハウなんてあとから身に付きます。日本ビジネスアートのプロの元で3ヶ月訓練すれば身に付きます。専門学校なんかじゃ身につかない本気のノウハウです。 写真で仕事をしたい。 日本ビジネスアートの中西自身がそうでした。外国語大学をでたあと、すぐにフォトグラファーにはなれなかった。ノウハウも技術もない。でも写真が好きで仕事にしたかった。その一点だけで10年以上写真だけで仕事を続けてこれました。よければ私のプロフィールを拝見ください(https://www.wantedly.com/id/norio_nakanishi) もちろんプロへの道は優しいものではありません。厳しいです。しかし確実にプロに近づきます。 一週間で2000枚撮影する2000枚チャレンジ、現場で機材の扱い方を学ぶ8時間の研修、撮影6時間、帰って振り返り2時間の計8時間の実践を、10回は繰り返す。現場では、反省と学びの連続です。撮影後の振り返りの時間には、なぜ現場でできないことがあったのか、その失敗を防ぐために自分でどんな練習していたのか、これからどう対策していくのかを日本ビジネスアートのプロフォトグラファーと一緒に考察します。プロからの指導の出し惜しみはしません。全力で研修に取り組みます。手を抜きません。 もう一度いいます。 手を抜きません。 厳しいです。 しかし確実にプロに近づきます。 研修をこなしたあと、案件のチャンスが巡って来て、早ければ一週間後には初現場に一人で立っているかもしれません。 想像して見てください。今あなたの目の前には、あなたが撮影した写真でお客様はとても喜んでいて笑顔です。応募をする前はぼんやりだったイメージが、今あなたが立っている場所にあるのです。 人財不足がゆえにポジションはまだまだ空いています。日本ビジネスアートでは仕事を継続できる強い顧客基盤とプロになる生きた経験を研修で学ぶ準備ができています。 写真だけじゃありません、 動画、ライティング、編集、デザイン、WEB、プランニング、マーケティング。最初の入り口は写真かもしれません。デザインかも知れない。日本ビジネスアートは成長に制限をかけません。 プロになりたい、と思うだけなら誰でもできます。 お客様に認められたものだけが生き残る。 実績と価値があなたに身についたとき、プロフェッショナルになります。 あなたはどうしますか。 日本ビジネスアートにはプロに確実に続く道が準備されています。 私は、中西はそんな覚悟あるの方と一緒に未来を作っていきたいのです。 学生だからって関係ない。
1人がこの募集を応援しています

1人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

1991/10に設立

170人のメンバー

東京都中央区銀座6−17−1 銀座6丁目スクエア11F