1
/
5

【IoT Division執行役員:石田登壇】「多様化するホテルとビジネスチャンス」フォーラム

日刊不動産経済通信を発行する不動産経済研究所が主催するフォーラムにて、IoT Division執行役員の石田が登壇させていただきました。

この日は「多様化するホテルとビジネスチャンス」をテーマに開催され、 観光庁 観光産業課長補佐(総括)/坂野 修一 様、 森トラスト取締役不動産開発本部管掌/増永義彦 様、東急リゾート グローバル営業部部長/渡邉 将一様など錚錚たる皆様とともに僭越ながら石田も講演の機会を頂戴しました。


IoTを活用したスマートホステルと宿泊施設運営支援 ~「&AND HOSTEL」の展開と他社連携事例~ と題し、「&AND HOSTEL」開発の背景や実際にどのような体験ができるのか、今後の展開などについてお話させていただきました。また、「&AND HOSTEL」を運営する中でみえた「人材不足」「運営効率」など宿泊業界が抱える課題について解決すべくサービス開発した「innto」「tabii」についてもご紹介させていただきました。

【最先端のIoTデバイスを集め、近未来の空間が楽しめるスマートホステル&AND HOSTEL】

【1ベッド199円で利用できる、宿泊管理システムinnto】

【月額無料で導入できる客室内タブレットサービスtabii】

これら弊社の事業に関心をお持ちいただけたようで、講演後には多くの方から個別のご質問を頂戴しました。このような貴重な機会を頂戴し、主催者の皆様、ご参加者の皆様に改めて感謝申し上げます。

IoT Divisionでは一緒に事業を成長させる仲間を募集しています。お気軽にご連絡ください

カジュアル面談
IoT×新規事業、気になった方はまずはオフィスに遊びに来ませんか?
当社は2014年の創業以来、ITビジネスを中心に展開しております。主軸とするアプリ事業で得たノウハウや資金を、RET事業など新しい取り組みに投資することで、2018年には東証マザーズに上場し、2020年2月14日に東証一部に市場変更を果たし、着実に成長してきました。 【APP事業】 https://andfactory.co.jp/app/ 「マンガ」コンテンツを中心に、「ゲーム」「占い」などいわゆるエンタメ領域を得意とし、これまで手がけたアプリケーションは50以上になります。自社オリジナルコンテンツのほか、大手ゲーム会社や出版社とのコラボレーションが多いのも特徴です。 現在は、大手出版社等と共同で開発・運営を行っている「マンガアプリ」と多数の有名占い師様と共同運営する「占いアプリ」に注力しており、業界では後発ながらこれまでに培ったUI/UXデザインの構築力やアプリ運用力を武器に圧倒的なスピードで事業を拡大しています。 ●マンガ関連  ・「マンガUP!」/スクウェア・エニックス ・「マンガPark」/白泉社 ・「マンガMee」/集英社 ・「サンデーうぇぶり」/小学館 ・「マンガTOP」/日本文芸社 ・「ヤンジャン!」/集英社 ・「めちゃコミック」/アムタス ●そのほか ・占いアプリ「uraraca(ウララカ)」 ・ロールプレイングゲーム「FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS」の公式サポートアプリ「FFBEデジタルアルティマニア」 【RET(Real Estate Technology)事業】 ●世界とつながるスマートホステル「&AND HOSTEL」 https://andfactory.co.jp/hostel/ さまざまなIoTデバイスを備え、ちょっと先のIoTのある暮らしを体験できる「スマートホステル」を運営しています。部屋の鍵、照明やエアコン、カーテンの開け閉めなど、スマホひとつであらゆる操作が可能です。福岡から始まり、現在は東京・大阪など全国でホステルを運営しております。
and factory株式会社
and factory株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
14 いいね!
14 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
and factory株式会社からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?