1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【対談インタビュー 後編】代表取締役と執行役員に聞いた、採用支援サービスTARGETの「これまで」と「これから」

こんにちは! Attackの志摩です。2021年3月、採用支援サービス『TARGET』はリリースから3周年を迎えました。そこで今回は、代表取締役の村上 篤志(むらかみ あつし)と、執行役員の村井 航(むらい わたる)にインタビュー。「これまでのTARGET」と「これからのTARGETというテーマで前後編に分けてお届けします。後編の本記事では、現在の事業やサービスに対する課題と改善策、今後のビジョン、求めている人材についてお伝えします。ぜひ最後までご覧ください!

<プロフィール>

■村上篤志(Attack株式会社 代表取締役)

テレビ朝日、Yahoo!JAPANを経て、2006年よりリンクアンドモチベーションにて大手企業向け人材育成領域のソリューション営業を担当。2012年には同社の子会社リンク・アイへ異動し、人材紹介事業の責任者を務める。2016年4月、Attack株式会社を創業し、代表取締役に就任。多くのスタートアップ企業、ベンチャー企業の採用支援を手掛け、現在に至る。

■村井 航(Attack株式会社 執行役員)

新卒で銀行に就職した後、第二新卒でリクルートグループに転職。求人メディアの営業に従事し、チームマネジメントも担う。その後、製薬メーカーでのMRを経て、リンクアンドモチベーショングループにて人材紹介事業に携わる。2017年、Attack株式会社の執行役員に就任。

Q.現在のTARGETに点数をつけるとしたら何点だと思いますか?

村上:70点くらいですね。日程調整や候補者対応などの採用実務に関しては100点満点に近いと思います。弊社のコーディネーターは調整力やコミュニケーション力に優れていると自負しています。その反面、全社的に「コンサルティング」や「数値分析(PDCA)」に関しては、まだまだ改善の余地があると思っています。採用成功を実現するためには、候補者に対してどのようなメッセージを打ち出していくのか、どういった採用ルートを活用していくのか、母集団形成や選考通過率は想定の数値よりも良いのか悪いのか、悪ければどのような改善策を講じるのか、などを考え続けることが必要です。日程調整や候補者対応などの実務を確実に実行することも大切ですが、もう一歩踏み込んだサポートもできるはずだと考えています。

最終的に期限内に採用できる人数は「ボリューム(候補者数)×クオリティ(選考通過率)×スピード(選考日数)」の掛け算で成り立っていて、それぞれに適切な目標数値(KPI)が存在しています。たとえば、スカウト送信数や返信率、エントリー数、面接通過率、選考日数などですね。また、これらの目標KPIを策定することはできたとしても、日々刻々と数値は変化していくので、その状況を毎日把握した上で次の施策を打つことは非常に困難です。PDCAで言うところのCAの部分ですね。

村井:私も普段現場を見ていて、同じような課題があると実感しています。例えばスカウトを送信した後、振り返りと改善を行うことが必要です。社内にはスカウト送信履歴や返信履歴のデータがあり、数値分析できる環境は整っているものの、それを活用しきれていない状況です。スカウト返信率が悪いときに、明確な課題を見出せなかったり、適切な改善策を打てなかったりしたら、お客様に価値を提供できません。

あとは、Attackの良いところでもあるのですが、プランナーコーディネーターオペレーターという分業制を敷いているからこそ、オペレーターが感じている課題を、プランナーがすぐにキャッチアップできない、といったことも起こっています。プランナーとコーディネーターは、社内のミーティングなどでお互いの状況を把握できているのですが、オペレーターとの連携も強化していけると良いと感じています。

村上:そうですね。TARGET「採用支援サービス」としての役割は全うすることができていて、お客様からもご満足いただいているからこそ、さらなるクオリティ向上が求められているフェーズだと思います。今後はもっと深い領域までサポートする「採用コンサルティングサービス」としての役目を果たしていければと考えています。

Q.「これからのTARGET」をどのようなものにしていきたいですか?

村上:お客様のニーズに合わせて、サービスプランを変更しようと考えています。前編でもお伝えしたのですが、現在のサービスプランはベーシックプラン、アドバンスプラン、エンタープライズプランの3つです。具体的には、ベーシックは求人情報作成や日程調整などの基本的な業務のみ、アドバンスはベーシックの内容+ダイレクトリクルーティング、エンタープライズはアドバンスの内容+採用広報といったものです。

今までは、スタートアップ・ベンチャー企業のお客様が中心で、ワンストップで採用支援してほしいという声が多かったため、この体系で十分に対応することができていました。ただ、最近では大手企業のお客様からもお問い合わせが増えている状況です。「一気に20~30求人打ち出したい」「ダイレクトリクルーティングメディアでのスカウトメールのみサポートしてほしい」というご要望もあります。そういった大手企業様にも対応できるように、個別のサービスプランも整えていこうと考えています。

村井:スタートアップ・ベンチャー企業のお客様に特化しているという強みは残しつつ、対応範囲を広げたり、深めたりしていけると良いですよね。採用活動のセットアップやスピーディーで柔軟な対応などは、大手企業様にも喜ばれると思うので、最大限活かしていければと思います。

Q.そのほかの面ではいかがでしょうか?

村上:TARGETの弱みである「コンサルティング」と「数値分析(PDCA)」を強化していくために、採用課題がひとめでわかるSaaS型の採用促進システムを開発しました。現在は既存の取引企業様を中心にテスト運用していますが、近い将来に一般公開する予定です。

▲SaaS型の採用促進システム『TARGET』のトップページ

このシステムを活用することで、採用成功を実現するための方程式「ボリューム×クオリティ×スピード」のどこに課題があるのか、簡単に見つけ出すことができます。採用活動の課題解決をするときには、「課題を見つける」「課題を解決する」という2ステップがあり、このシステムは「課題を見つける」ところに対応しています。プランナーは「課題を解決すること」に集中できるようになり、課題解決のクオリティとスピードが向上するはずです。

村井:TARGETはもともと、「採用成功という結果を出すこと」を目的として始まったサービスです。現在はお客様に寄り添って採用実務のサポートはできているものの、まだまだ採用成功という結果にこだわりきれていないと感じています。このシステムを起点として、採用成功という結果を出すという当初の目的に立ち戻り、事業を拡大していければと考えています。

村上:コンサルティングの話で言うと、社外に対する発信も強化していて、TARGETの運用で培ったノウハウをWantedlyやnoteでシェアしています。

Q.今後、どのような方にジョインして欲しいですか?

村上:プランナーコーディネーターオペレーターを積極採用することはもちろんですが、それと同時に事業を率いてくれる方も求めています。Attackの組織はコンサル、メディア、システムに分かれていて、それぞれの組織のリーダーポジションに空きがあります。先ほどご紹介したシステムと絡めたコンサルティングもお願いしたいと考えているので、「データドリブンな方」「データ分析が好きな方」「数値を分析して改善を考えるのが得意な方」などにジョインいただけるとありがたいです。

Q.最後に候補者へのメッセージをお願いします

村上:SaaS型のシステムリリースを皮切りに、TARGETのコンサルティングの質を格段にバージョンアップさせていこうと考えています。また、サービスだけでなく組織も、1→10から10→100のフェーズに移るため、会社そのものを大きくする役割も担っていただくことができます。採用支援という企業にとって重要なサービスで、事業のトップに立ち、あなたが主体となって動かしていきませんか?

村井:採用支援業務と聞くと、勘や根性、感情などの部分で動かすイメージを持つ方も多いと思います。もちろん人を相手にする領域なのでそれも大切ですが、多くの場面でデータを活用することが可能です。Attackではそういったデータを活用して、さらなるサービス向上を目指す環境を整えている最中です。今後はこれまでの知見を大切にしつつ、データのエビデンスに基づいた採用支援をより加速していきますので、そういった領域に関心がある方は、ぜひご応募ください!

いかがでしたでしょうか? 2021年で3周年を迎えるTARGETは、今までの強みを活かしながら、お客様のニーズに合わせて進化し続けています。少しでもTARGETおよびAttackを一緒に大きくしていきたいと感じた方は、まずはざっくばらんにお話できればと思いますので、お気軽にエントリーいただけますと幸いです!

Attack株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング