1
/
5

取締役・井上さんに聞くモフがチャレンジしやすい理由。

モフのアートディレクション全般を牽引している井上さんにインタビューしました!(井上さんのプロフィール

同じく取締役のフジイさんのインタビュー記事はこちら→「三方良し」の仕事の仕方とは?取締役・フジイさんに話を聞いてみた。



ー 井上さんがモフで行っている事について教えてください。

取締役として、会社の運営を考え実行しています。

クリエイターとしては、お客様が作りたいものに対して応えられるようにチーム力を上げていくことを考えています。例えば、メンバーの能力を伸ばす教育や、有用なデザインスキルを持っている方の採用活動などです。


↑個人活動としてイラスト製作をされている井上さん。上記は作品の一例。素敵なので我が家のリビングにも欲しいです。


ー チーム力を上げていくとのことですが、井上さんが目指すチームとはどのようなものですか?

さまざまな個性を持った方が集まって、賑やかになっていくことを目指しています。

会社の魅力は”人”だと考えています。異なる個性を持った方が集まってチームになった際に、より大きな力が発揮されるようになるのが理想です。

お互いの個性を活かしあえば、新たなクリエイターを引き寄せるという循環が起き、常に進化し続けるチームになれると思っています。

私自身が動き続ける状態が好きなんです。少しプレッシャーがかかるくらいの状況を常に楽しんでいます。

実は、仕事の相談を受けた際に、やった事ないけど面白そうという仕事ほど燃えます。(笑)


ー 未経験の領域を受注するのはリスクが高いように思いますが、それでも挑戦が出来るものなのですか?

もちろん全部ではありませんが、モフの仕事への姿勢がチャレンジに向いているからだと思っています。

対応するのが難しそうな依頼でも、まずはお客様の話を聞き本当に伝えたいことは何かを整理します。そうすると、始めに依頼されていた形とは異なるアウトプットの方が適切だとわかることがあります。結果的にお客様のご希望に応えられる可能性が広がるのです。

例えば、資料の挿絵の依頼があった際に「背景のデザインもこんな感じにした方がいいんじゃないですか?」と提案したところ、資料全体のデザインを頼まれるようになりました。そこから徐々に依頼の幅が広がっていったという感じです。

モフでは専任の営業担当はいないのですが、おそらく上記のような提案が営業活動として作用しているのかもしれません。

つまり、お客様にもっと喜んでもらいたいだけなんです。


ー 井上さんありがとうございました!まずはチャレンジする姿勢を見習っていきます。


↓もっとモフを知りたい方はこちらの資料もご確認ください!


お客様に寄り添った提案がしたいデザイナー募集中!

ご興味ある方は下の募集記事からご応募お待ちしております!

株式会社モフでは一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング