若くして管理職となり、メンバーの成長を支援していく。

奥田 健介
コンサルティング企画 推進課 課長 / 2013年入社

大手企業担当部署に採用コンサルタントとして入社。5年目に管理職に昇格し、現在は同事業部コンサルティング企画推進課の課長として、同一拠点を担当する全国の採用コンサルタントに向けたナレッジの共有・業務効率化の仕組みづくりと、4名のメンバー育成が主なミッション。

コンサルティング企画推進課の課長というポジションを入社5年目から任せていただきました。この組織のミッションは、会社の売上を最大化するための仕組みをつくること。加えて課長としてメンバーを育成するという責任も担っています。若くして会社の成長を支える屋台骨ともいえる部署を任され、管理職としてメンバーの人生を考え育成をしていくプレッシャーは大きいですが、それだけ自分自身に大きな期待をしてもらえているのだと、とても意気に感じています。

課長としてメンバーを育てる上で、知識やテクニックを教えていくことで、短期的な成果を上げられるようにすることは大切なことですが、それだけでは足りないと思っています。僕が大切にしているのは、「一人ひとりと向き合い、なりたい姿への成長を支援していくこと」です。私の課には4名のメンバーがいるのですが、当然一人ひとり働く動機や、描きたいキャリアは異なります。だからこそ必ず対面での面談を通して、将来どうなりたいのか、そのためにはいつまでにどんな経験を積み、知識・スキルを身につける必要があるのかをじっくり話す機会を設けています。若くしてメンバーの人生を考え成長の支援をしていくことは、簡単なことではありません。しかし、メンバーが自分の力で顧客の信頼を得られるようになれたり、採用を成功に導くことができたりと、一人ひとりの成長を間近で感じられ、ともに喜べることは大きなやりがいだと感じます。

私自身が入社5年目で責任のある仕事を任せていただいたように、メンバーにもどんどん挑戦をさせ、成長の機会をたくさんつくってあげたいと思います。若手社員の挑戦、成長こそがディップの成長の原動力です。これから入社される皆さんにも、挑戦意欲、成長意欲をもち、自らの力でディップを進化させていくチャレンジをしてほしいと思います。

Sales
人と接するのが苦手な私が選んだ、 営業という仕事。
<人と接するのが苦手な私が選んだ、営業という仕事> コミュニケーションは正直苦手な方でした。友人の集まりでも輪に溶け込まず端っこにいるような性格。そんな私が営業の仕事をしたいと思ったのは、自分の頑張り次第で評価があがり、成績を上げれば給料にも反映される職種だと思ったからです。成果の分だけ評価をしてもらえるかどうかを就職活動の軸としていた私にとってはぴったりの仕事だと当時思っていました。営業職であればどの会社に入るかにはそこまで拘りを持っていなかった私が、ディップの最終選考の前に人事の方からかけられた言葉は「競合の選考を受けておいで」というものでした。競合企業よりも絶対にディップを選びたいのかを問われたときに、自信を持って言葉にできなかったのです。言われたとおりに実際に他社の選考を数社受けてみて、気がついたことがありました。それは私自身の成長のために向き合い、言葉をかけてくれたのはディップだけだったということ。ここで多くの経験を積み、学び、成長を遂げていきたい。心はもう決まっていました。
ディップ株式会社
21卒早期選考
21卒募集開始!新卒からバイトルのディレクター/マーケター/広告制作職!
【事業内容】 「人、AI・RPAの両面から企業を支援する『労働力の総合商社』へ」 2019年3月、ディップは"Labor force solution company"を新たにビジョンとして掲げました。 日本では、今後の人口減少・高齢化に伴い労働力不足が深刻化するとともに、現在の仕事の多くは、AI・RPAに置き換わると言われています。 これまで我々は、労働力の問題を、"人を募集し採用する"という面から解決・改善してきました。しかし、これからは、従来の事業ドメインを拡大し、"Labor force solution company"へと進化することにより、求人広告を通じた人材採用の支援に加え、AI・RPA を活用したサービスの提供も行う『労働力の総合商社』として日本の労働市場における諸課題の解決にさらに貢献してまいります。
ディップ株式会社
ディップ株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings