1
/
5

【ヒトカラ日記】シェアday+ワークショップ!

定期的に全員で集まって「来期や中長期の方針共有」や「新しい福利厚生や制度の発表」など共有会をしているヒトカラメディア。


この日は、もともと目標設定・評価制度・グレード表・給与テーブル・行動指針・週イチセッションなどなどをまるっと刷新するべく、「新人事評価制度、新行動指針の共有」をするはずでしたが、そもそも「ヒトカラメディアが大切にしていきたいものはなんなのか?まずは、そこをみんなと共有することが目標設定や人事評価制度の腹落ち感につながる」ということで、


まずは、「経営陣によるぶっちゃけトークセッション」というコンテンツ!


ずばり、代表取締役の高井と取締役の田久保から、ライフログと合わせて「酸いも甘いもありました!ヒトカラメディアのこれまで〜 その時、高井と田久保は何を思ったのか 〜」というお話がありました。

高井と田久保の学生からヒトカラメディアの創業&ジョインから今まで、どんなことがあって、どんな時にイケイケで、どんな時に悶々していたのか、人事の加藤がモデレーターを務めながら時にはツッコミを入れながら、キラキラ時代から暗黒時代までぶっちゃけてもらいました!


あっという間に創業から6年が経ち、あんなことやこんなことがありました。そんなヒトカラメディアの歴史は、今ここいいるメンバーの色々な思いや考えやエピソードが重なってできていることを実感しました。


次に、進行はプランニング事業部の斎にチェンジして、ワークショップ!WORK1では、3人ずつのグループに分かれて、今度はみんなも自分のライフログを書いてみました!

お題は突然の発表でしたが、さすがワークショップに慣れているメンバーたち、グループに分かれるのも早ければ、自分たちで考えて、お互いの発表をするまで、とってもスムーズでした◎

盛り上がりすぎて、時間が足りないグループもチラホラ!


その後、『「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする』というミッション『「働く場」と「働き方」からいきいきとした組織と個人を増やす』というビジョンを実現するべく、いきいき働きながら個々人が力を発揮するために大切にすべきこととして、中目黒オフィス移転プロジェクトの一環で開催したワークショップの内容を振り返るとともに、「ヒトカラエッセンス」の発表がありました。じゃじゃん!

「ヒトカラエッセンス」は、メンバーひとりひとりの日々の行動や関わり方、考え方を、当人の成長や自己実現、ヒトカラの理念実現につなげていくために大切にしたいことです。あくまでも、ここで書かれてる文字通りのことをするというわけではなく、自分の行動にちょっとした変化をつくるための「取っ掛かり」みたいな感じで、まずは何か1つしっくりくる、自分ごとにできる言葉を見つけてもらえたらというものです。


次に、WORK2!いきなりの「ぶっちゃけ、今どんな気分?」というもの。

こんなたくさんの感情が書いてあるカードの中から選んでいきます。「おなかがすいた」なんてものも。

みんなバラバラのカードを選んで、それぞれの個性が出る面白い結果に。


最後のWORK3は、先ほど発表になった「ヒトカラエッセンスと自分」というもの。

エッセンスを「できている」「しっくりきている」と感じている順に並べていきます。みんなまだエッセンスを見たばかりで見慣れていないなか、「いや、やっぱりこっちの方が上かも!」なんて真剣に悩みながら選んでいきます。

さらに次は、出来ているかどうかではなく、「これは特にすき!大事にしたい!高めていきたい!」というのをひとつ選び、そのために必要なことを書き出していきます。

その後、みんなが書いた「ヒトカラエッセンスと自分」シートを壁に貼り出して、メンバーの書いたシートを見て回りながら、「これなら協力できる!」「こうしたらいいのでは?」という協力の表明や助言を書いて貼っていきました。

この日、参加していた50人近くのメンバーのシートを壁に貼りだすと、圧巻!1人1人のシートを見て回りながら、各自「一緒に◯◯しよ!」「今度◯◯について語りたい!」「◯◯なら僕に聞いて!」なんて書いていきます。なんだか、愛が溢れるあったかい時間でした◎

最後に、新しい制度や社内イベントなどの発表をして、終了!コンテンツ盛りだくさんのシェアday、やっぱりみんなで集まって、こうして経営陣の思いを知ったり、全員でワークショップをしてお互いの考えを知ることで、グッと距離が縮まって、最後にはみんなの表情がパッと明るくなったのが印象的でした!

株式会社ヒトカラメディアでは一緒に働く仲間を募集しています
10 いいね!
10 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社ヒトカラメディアからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?