【メンバー紹介】ハピタス営業チームの目標が売上ノルマではない理由。

こんにちは!!オズビジョンのハピタス事業部、髙井(たかい)です!!広告営業チームでプレイヤー兼マネージャーをしています。

本日は、ハピタス営業メンバーの紹介と、チームで大切にしていることを共有していきたいと思います!!

ハピタス営業メンバー紹介!!

現在のメンバー構成は、広告代理店営業部隊が合計4名(マネージャー含め)、2018年度から新たに新設された入稿管理部隊が2名の合計6名となっています。

ハピタスの中で代理店営業部隊が担っている役割は、「掲載中の広告のポイントアップ」です。パートナー企業と常に交渉を行い、広告効果の最大化の価値提供とともに、ユーザーへのポイントアップ交渉を実現しています。


柴崎さん:ハピタス営業チームの初代マネージャーで、現在はシニアアカウントプランナーとして活躍していただいています!マネージャー経験をお持ちなだけあって、チーム運営の中でも能力リーダーシップが人一倍強く、大変助けられています。また、シニアアカウントプランナーとして、とても大きなパートナー様の担当をしていただいており、そのパートナーさんからMVP受賞歴2回と、この業界でもトップ営業!そういった意味でチーム内では育成の面でも大きく貢献してくれています。


山田さん:ファッションや家電など、大手の専門ショッピング関連のパートナー様中心にご担当いただいています。ショッピング系の提案は、パートナー様の需要期など時期によって提案内容が変わるので非常に難しいのですが、丁寧にパートナー様に向き合って提案業務に当たられています。また、現在営業チームの業務のほかに、ハピタスの新規コンテンツのプロジェクトにも参加しています!プロジェクト内では、ビジネスサイドのメイン担当として奮闘されており、チームを超えてアグレッシブにご活躍中です。


伊藤さん:チーム内で最もクール&ロジカルな思考の持ち主!主に旅行や大手ECモールのパートナー様を担当されておりますが、WEB解析士の資格をお持ちなだけあり、難易度の高いパートナー様の課題に対して、様々な分析を行い最適なプランニングをされています。またとても穏やかなお人柄で相談しやすく人望も厚いため、新入社員のメンターを担っていただくことも多い方です。


佐々木さん:現在、ハピタス営業チームの入稿管理業務をメインに対応していただいています。ハピタスに掲載している広告やポイント設定全般の設定作業は、ユーザー様の価値提供に直結する部分でもありますので、正確性とスピードが求められますが、アルバイトメンバーのマネジメントも行いつつ、業務にあたっていただいています。さらに今後は、現在の業務プラス、広告枠改善活動や入稿関連業務効率化を推進したいという熱い想いを抱いておられ、チームに必要不可欠で頼もしい存在です。


営業チームで大切にしていること

営業チームで大切にしているものは4つありますので、それぞれご紹介します。

①営業チームのビジョン

チームの実現したいビジョンが明文化されております。それは、「パートナーにとって圧倒的(絶対的)存在になるため、コンサル営業シフトを通じて、最高の顧客満足(パートナーとユーザーの両面)を実現する」というものです。「コンサル営業」「最高の顧客満足」を目指す想いは、当然全メンバーが共通して大切に持っているもので、常に意識して日々の業務を行っています。

②ユーザーファースト目線

私たちは、役割としては「営業職」ですが、売上目標を追うのではなく、ユーザーの満足度を指標として持っております。ですので、各メンバーそれぞれユーザー目線を最も大切にしています。ユーザーが広告を利用されないと広告費が入らないというアフィリエイトのビジネスモデルですので、ユーザー目線が強いというのは当然かもしれません。

③能力的リーダーシップ

立場的には私がマネージャーの役割を担っておりますが、それぞれのメンバーが視座の高い目線を持ち、リーダーシップを発揮し業務をけん引する姿勢を持っています。その結果、チームのアクションやマインドはブレることはありません。実質「全員マネージャー」「全員リーダー」という形といえます。

④One/Oneは隔週30分

営業チームだけでなく、すべての部署でOne/Oneは行われています。マネージャーである私と、各メンバーが隔週で30分の面談の時間を設けています。内容は、期初に立てた個人目標の進捗状況の確認や、困りごとの共有などが基本ですが、それだけでなく、プライベートの相談ごとなどもたまに有ったりと様々です。内容はともかく、メンバーとのコミュニケーションをとることは大前提ですので、必要不可欠と思っています。


そんな営業チームには辛いことも...

一緒に働いていたメンバーが別の道を歩むことになったこと

やはり、同志として働いていたメンバーの退職は、ツライというか寂しいものがあります。仕事を通して何を実現するかは人それぞれですし、その人の成長にとって最善の選択であれば、応援して送り出したいですが、やはり引き止めたい気持ちも大きいというのは仕方ないですね。

なかなか採用活動が実を結ばないこと

チームの採用活動自体はオズビジョンのHR中心に継続的に行っていましたが、2018年の夏頃から人事部に任せっきりではなく、チームメンバーもできる範囲でリソースを投下して取り組んでいます。具体的には、スカウト送信であったり、興味を持っていただいた方とのカジュアルな面談などです。そういった活動を行ってから数か月経過していますが、なかなか実を結んでいないのが現状です。ですので、もし我こそは!という方がいらっしゃれば、ぜひお会いしたいです(笑)

とはいえ、こういった採用活動は今後も続けてまいります。各メンバー、日常の営業業務の時間を割いて行っていますので、それぞれ負担が大きいのが実情なのですが、チームメンバーも採用を自分事化できていること自体が、チームの成長のために必要だと思うからです。


新メンバーへの期待役割!!

ご入社いただき、約2~3か月の研修期間に入ります。研修期間では、ハピタスのビジネスモデルやチームのビジョン・目標などのレクチャーはもちろん、ハピタスへの広告登録実践やパートナー企業との商談への同行など、様々なOJTをさせていただきます。そういった研修の中で適性を見させていただき、担当パートナー企業を決定し、引継ぎに入っていきます。


担当パートナーの引継ぎが完全に完了しましたら、本格的にハピタスの広告提案をしていただきます。担当パートナーとの関係構築から始めていただき、課題をヒアリングし掘り下げ、ハピタスの広告メニュー提案、振り返りというPDCAを継続的に回していきます。また、この時期からチームの定期的なMTGなどにも積極的にご参加いただくことになります。MTGのファシリテートをしていただいたり、議事録をとっていただいたりという機会も増えてきます。


チームの一員として日々の業務のご対応いただいていれば、さらにご自身の業務を深掘り、パートナー企業への価値提供を強めていただきつつ、チャンスがあればチームを超えたプロジェクトへのご参加をお願いしたいと思っております。

新メンバーと実現したいこと

新しいメンバーにご入社いただくことで、「コンサル営業」へシフトを実現したいと思っております。現在はメンバーのキャパシティをはるかに超える反響をいただいおり、その反響にお応えするのが精一杯で、パートナー企業の課題解決に向けた主体的なご提案が十分にできている状況とは言えません。

コンサル営業へのシフトが実現した暁には、これまで数々のパートナー企業からご評価いただいたハピタスのメディアパワーを、さらに強固なものにすることができ、パートナーへの課題解決、ひいてはユーザー様への価値提供を、いっそう揺るぎないものにできると確信しています。

株式会社オズビジョン's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more