1
/
5

会社と働き手の関係はどうなる?未来の働き方を語るMeetup【レポート】

こんにちは。バレンタインが終わりましたね。みなさんにとって、どんな日でしたか?
想いを伝える日!!!ということで、ニットでは採用Meetupを初めて開催しました。
ニットの想いを、語らせていただきました。
(※トップの写真は、参加いただいた方へのプレゼントチョコ)

Wantedlyで募集するMeetupは初めてだったので、参加者が集まるのか、
どんな方がいらっしゃるのか、ドキドキでしたが、
みなさんオープンにいろいろ語ってくれ、真剣に深く考える会となりました。

今回は「未来の働き方」をテーマにして、
みなさんの理想の働き方、今の現状や課題を共有し、
未来はどんな働き方になるんだろう??とディスカッションしました。

■教えて!みんなの「理想の働き方」

Meetupに参加してくださった方に、理想の働き方を聞いてみると、いろんな意見が出てきました。

・ライフステージに合わせて働き方を変えたい
・プロジェクトベースで働きたい
・十分な収入を得たい
・チームで働きたい!
・副業が認められている
・出社をしなくても働ける
・時間と場所を自分で選んで働く
・都会と田舎のデュアルライフ
・3拠点生活!アメリカ西海岸・東京・東南アジア! ※ニットの代表 秋沢の理想

どれもこれも、ステキな働き方です。
私自身は、時間や場所を拘束されない働き方をしたく、日々、格闘しています。

※19:00スタートだったので、小腹を満たす軽食をご用意させていただきました。
準備してくれたのは、いつも採用業務をオンラインでサポートしてくれるHELP YOUメンバー 石黒さん(大阪在住)!

■現状の課題を洗い出してみる

理想の働き方はあるものの、実現するのは簡単ではないですよね。
参加者のみなさんに、現状の課題を聞いてみました。

・子育てと、自分のキャリアの両立

 保育園の送り迎えの時間があって、時短でないと働けない。
 時短だと、やりたい仕事を任せてもらえない。
 もっと会社に貢献したいのに、働ける環境がない。

・家族の人生と、自分のキャリアの両立

 誰もが自分のキャリアを追い求められるようになると同時に、
 家族と一緒に暮らすのが難しくなる。
 転勤、海外駐在などでキャリアアップができる一方、家族も移動を強いられる。
 両親の介護で田舎に帰るとなると、都会で働くパートナーと一緒に暮らすのが難しい。
 家族の看病をしながら、出社スタイルで働くのは難しい。

・やりたいこととキャリアアップとの関係

 いろんなことにチャレンジしたい。
 決められたことをやる仕事はすぐに飽きてしまう。
 だからと言って、フリーランスで単発の仕事ばかりしているとキャリアアップが難しい。

 東京以外でも暮らしてみたい。
 違う土地でインスピレーションを得たいのに、出勤義務ある働き方では実現できない。  

■理想の働き方を実現するために必要なこと

理想の働き方を実現するために必要なことを、
いろいろな角度からみなさんに意見を出していただきました。

会社や組織に求めること
 ・家でも仕事ができるようにする
 ・中抜けできるようにする
 ・ライフステージによって働き方を選べるようにする など

企業は、多種多様な人を受け入れる柔軟な考えが今以上に必要になると思います。
優秀な人材は、どんどん柔軟な組織に流れていってしまいます。
働き手の状況に応じて、柔軟な働き方が実現できれば、
優秀な人材を失うこともなく、長く活躍してくれるはず。
ニットでも、フレックスや裁量労働制、リモートワークを導入して、
どうしたらメンバーがパフォーマンスを発揮できるのか?を考えています。

働き手に必要なこと
 ・どこでも働けるスキル
 ・自分にしかできないことを手にする

どこでも働けるスキルって、何でしょうか。
プログラミングスキル?弁護士や税理士などといった資格?
スキルや資格の価値は、AIなどの技術が発展することによって
どんどんコモディティ化する可能性があります。

そうなると、本当に必要なことって何なんでしょう。
自分の価値を知ること、そして自分の価値を高めていくことが求められるのではないでしょうか。
誰しもが唯一無二の存在ですから、自分にしかできないこと、自分にしかない価値があるはず。
 自分は何をしたいのか?
 自分は何ができて、何が得意なのか?
それを知っていることが、強みになってくるのではないでしょうか。

私自信も今、自分の価値を模索しているところです。


■会社と働き手の未来は?

今回のMeetupで、着地したのが、
会社と働き手が対等である「パートナー関係」が理想なのではないかということ。

会社に自分の想いは伝わらず、命じられた仕事をこなす。
そんな会社に働き手が従属する関係は、長くは続かないのではないでしょうか。

となると、会社と働き手が対等であり、
会社が求めることが何であるか、働き手が実現したいことが何であるかを
お互いが共有し、すり合わせ、合意できる関係を目指したい。
ここから半年、1年、3年はこの役割をまっとうする!
そんな風に、期間と役割を明確にすることで、人のパフォーマンスはもっと高くなるのではないか。
従属ではなく、「アライアンス」の関係を作りたい、そう感じます。

今回は、はじめてこのような企画をしましたが、
参加いただいたみなさんからは、
・いろんな方と意見が交わせて楽しかった
・自分のキャリアを真剣に考えるきっかけになった
・同じように考えている人がいることが知れた
こんなご意見をいただきました。

参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました!

■ニットが実現したいこと

今回のMeetupに参加してくださった方は、
自分のキャリアを真剣に考え、自分の価値を発揮できる場を求め、
社会に貢献したいと強く思っている方ばかりでした。

ニットが運営するオンライン バックオフィスサービス「HELP YOU」には、
自分のキャリア、ライフスタイルを真剣に考えているメンバーが集まっています。

子育てしながら、海外に住みながら、パラレルワークをしながら、
それぞれの理想の働き方を手にしています。

多様なライフワークスタイルが実現できれば、自分の価値を発揮できる人が増えて、
誰かから「あなたがいてよかった」と言ってもらえる瞬間が増えるはず。
それが、私たちが実現したい世界です。

ニットに興味をお持ちいただけましたら、
ぜひ一度お話しましょう!お気軽にご連絡ください。

株式会社ニットでは一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社ニットからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?