1
/
5

ゼロからはじめるユーザーインタビュー[vol.1]

こんにちは!
Another works DesignDoor の澤野です!

DesignDoor では、2021年8月からユーザーインタビューに取り組み始めました。
実際に複業クラウドをご利用いただいているユーザーにお時間をいただき、課題発見や新機能開発に役立てています。(いつもありがとうございます!🙇‍♀️)(実は責任者やらせていただいています)

累計50件を突破し、現在もユーザー課題と向き合い、開発を進めています。

私たちDesignDoorは、
設計→実施→分析→開発

大まかにこの流れでユーザーインタビューをし、開発をしております。
『ゼロからユーザインタビューを実施した』では、全2回で弊社の取り組みをご紹介します。

①設計(目的・手法・質問など)
②実施→分析→開発(ユーザー目線・ポイント・開発への落とし込みなど)

1. Another worksのユーザーインタビュー

私が実際に責任者として行っていることをご紹介します。

  1. POやPdMとディスカッションを行い、リサーチすべき課題やポイントを決定
  2. ヒアリング事項に合ったユーザーに依頼
    タレント:メール
    企業:担当CSに依頼
  3. 実施メンバーをアサイン
  4. インタビュー実施後、分析
  5. POやPdMへ共有
  6. 分析結果をもとにタスク作成、優先順位決定をし開発

大まかにこの5つの、設計〜スケジューリング〜分析までを行っています。

1つのプロジェクトのサイクルは2週間ほどで完了させます。

2. 目的

まずは、なぜユーザーインタビューを実施するのか、目的や実施背景を明確にします。
目的によって、(このあとお話しする)手法やツール・担当メンバーなどを調整しながら行います。


🌱 Another works では
① 実態調査
ユーザーのサービスの利用方法における行動や心理を理解し、サービスにおける課題や優位点を発見する
② 新機能のユーザビリティ調査
新機能の良し悪しを確認し改善する

3. 手法

前項でお話しした目的に沿って、手法を設計します。
弊社では、実態調査新機能のユーザビリティ調査の主に2つを行っているので、目的に沿った手法を検討しました。

3-1.実態調査

実態調査では、デプスインタビューの手法をとっています。
対象者は
①契約企業
②複業クラウドを現在進行形で利用しているタレント
の2軸でインタビューをしています。

①の契約企業へのインタビューは、各企業のCS担当者へ依頼し、MTGへ同席させていただいています。
②のタレントへのインタビューは、実際に複業クラウド上でマッチングをしているタレントへメールを送りアポイントを獲得しています。

3-2.新機能のユーザビリティ調査

ユーザビリティ調査では、プロトタイプを用いたインタビューの手法をとっています。

対象となる機能によって、依頼をするユーザーは異なります。

4. 利用ツール

------------------------------
利用ツール
・TimeRex
・Zoom
・Notion
・Figma
・Jira
------------------------------

まずはユーザーにTimeRexで日程を入力していただいています。
インタビューはZoom(某ウイルスが落ち着いたらぜひオフラインでもユーザーにお会いしたいですね🦠)で30分お時間をいただき行っています。

実態調査・ユーザビリティ調査共に、議事録担当をアサインしNotionにて議事録をとります。
また、インタビューの録画を確認し、ユーザーの表情や口調にも気を配り議事録に記載しています。
表情や口調によっては、1つの文章における感情が大きく異なります。

ユーザビリティ調査では、Figmaで作成したプロトタイプを使用しています。
実際に新機能を追加したプロトタイプを画面共有をした状態で、触っていただきます。
(Figmaの新機能でプロトタイプの価値が爆上がりした記事はこちら

分析もNotionで行っています(こちらはvol.2でお話しします!)。
開発への落とし込みが完了したら、Jiraにタスクを作成します。
Notionで行った分析のリンクを添付し、いつでも課題を確認できるようにしています。

ここまで紹介しましたが、ツールはまだまだ模索中です。

5. 実施メンバー

目的×手法×ツールまで決定したら、インタビュアーと議事録のアサインをします。
私たちDesignDoorだけでなく、プロダクトチームメンバーもインタビューに参加しています。

実態調査では、全員が満遍なくインタビューに参加します。
ユーザーからの一次情報を最重要アセットとし開発を進めているため、全員が直接課題に向き合っています。

ユーザビリティ調査では、主にデザイナーが参加しています。
(現在開発チームの構成を変更中なので、今後はどうなるかお楽しみですね!笑)

6.質問設計

6-1.目的に沿った質問リストの作成

開発フェーズやその時期によって、
「ここの機能について詳しく聞いてほしい…!」「アプリとウェブの使い分けについて聞きたい」など色々な質問リストが出来上がります。

質問リストが出来上がったら、機能の質問や行動の質問などに分類分けを行い、実際にユーザーが行動する流れに沿った質問リストへとアップデートしていきます。

6-2.HowではなくWhyを聞く

例えば、求人の検索機能について課題を抽出したいとき
「どんな機能が追加されたら検索がしやすくなりますか?」や「こんな機能があったらいいなどはありますか?」などの質問をしてしまいがちですが、これは良くない例です。

普段プロダクトを触ってくれているユーザーはどうしても「こんな機能が欲しいなあ」などのHow課題を持ちがちです。
もちろん、How課題は大事な情報ですが
私たち開発チームは、Why課題からHowを議論し、課題解決のできる開発をすることを大切にしています。


🌱 How課題とWhy課題の例
・How課題
求人検索で〇〇のフィルターを追加してほしい!
・Why課題
求人検索で自分とマッチしていない求人が出る
自分にマッチした求人の探し方がわからない

そのため、「求人を検索するときにどんな情報で検索をかけますか?」や「検索をしていて困ることはありますか?」などの質問をするのがオススメです!
私は、マーケティング業界などでよく耳にする潜在ニーズを引き出すことをイメージして質問を作成します。

顕在ニーズはヒトの思考の3~10%しかないらしいです。


🌱 潜在ニーズとは?
ユーザー自身が気づいていない課題
例:「すぐに複業を始めたい」「効率よく収入を得たい」

UX Researchの成功とは、ユーザーが潜在的に持っている課題を拾い上げ、分析し、Howを考えられる状態とすることです。
ついつい忘れがちになってしまいますが、定期的に思い出し、質問事項の見直しを行うことはとても重要です。

終わりに

ここまでお読みいただきありがとうございます!

今回はvol.1としてユーザーインタビューの流れや設計についてお話ししました。

1.目的を明確にする
2.目的に沿った手法
3.利用ツールの決定
4.実施メンバーのアサイン
5.質問設計

しっかりとした目的設定、目的に沿ったインタビュー設計
これでユーザーインタビューの価値は大きく変わると思っています。
今後も、開発チームではしっかりと設計をして、一次情報を取得し、複業クラウドをより良いプロダクトへと進化させていきます!🌤

vol.2では、当日の実施や分析ついてお話しする予定です!
お楽しみに!😊

株式会社Another worksでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社Another worksからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?