1
/
5

【復職編】「想定外の連続だった」私の産休育休ストーリー

難波さんへの育休取得インタビューは今回がラストです!

復職して3ヶ月、実際はどうだったのかをお伺いしました。

お休みに入る前お休み中についてはすでにストーリーにアップしているのでご興味がある方はそちらもご覧ください。

Profile : 難波 夕佳 
2009年からUIデザイナーとしてiOSアプリ等の制作に携り、その傍らイラストレーターの活動も始める。

2018年6月
モフに入社しイラストやデザイン業務に従事する。

2020年10月
出産、1児の母となる。

2021年11月
仕事復帰し、育児と仕事の両立を目指すべく目まぐるしい日々を駆け巡り中。


復職直後の壁を感じる日々

体感から言うとキツくなくはないですね。(笑)

特に大変だったのは会話です。適切な言葉がすぐに出てこなくて、ストレート過ぎる言い方になってしまったり、言葉が詰まったりして上手く話せなかったです。

あとは、仕事のスピードが休職前に比べて格段に落ちているなと痛感しました。ショートカットキーがすぐに思い出せなくて、頭が働いていない感じがありました。

復職直後に上手く働けないことは科学的に研究されていて、出産に伴って一時的に母親のスペックが下がるという説もあるらしいです。

個人差はあるようですが ”マミーブレイン” と呼ばれていて「私、これの影響を受けているんだ!」となりましたね。


さらに立ちはだかる時短の壁に対する先輩の金言

時短での働き方を選択したので、1日があっという間なんです。

締め切りが近い仕事が終わっていないと、モヤモヤした気持ちで子供のお迎えに行って、ご飯食べさせていることもあります。

その時は一児の母でもある先輩の「時短だと仕事は今まで通りに絶対出来ないから。だから今日はここまでって諦めることが肝心だよ。」という言葉を思い出して、諦めて寝るようにしています。

翌朝、目が覚めると「なんでそこまで悩んでいたんだろう?」となるので、経験者の助言は本当にありがたいですね。


自分にとってベストな働き方とは…?

復職してしばらくは仕事が思い通りに進まないので、早朝とか、子供が寝た後にも仕事をしていました。

そんな日々が続いていたある日、勤務表を見た先輩から「働きすぎじゃない?大丈夫?」とお声がけを頂きまして、そこから働き方について改めて相談させてもらうことがありました。

その際に自分の思い通りの時間で仕事することが難しく、子供が夜泣きして夜眠れなかった時にパソコンを開いてちょっとだけ仕事することもあると話したところ「そういう時はリモートワークなんだし、翌日のお昼休みを長めに2時間とかにして仮眠をとったり、早めに上がるとかはどう?」と提案してもらいました。

さらに、仕事の締め切り前はちょっと多めに働くことがあっても、その分忙しくない期間にお休みを取ろうとも話して決めていきました。

今も、どのような働き方がベストなのか探っている最中なので、都度相談しながら勤務時間を調整しています。



↑難波さんの復職を記念して、女子会を行った時の様子。お肉が非常に美味でした。


インタビュー受けながら大変なことばかり言ってしまったのですが、子供がいる生活はすごく楽しいです!

「なんでそんなことするの?」と想定外な子供の行動が面白いですし、本当にピュアでかわいいです。

もちろん仕事がしたくて復帰したので、勤務時間は充実しています。

だからこそ、家族にとっても私にとってもベストな働き方ができるように今後も色々チャレンジしていこうと思っています。

もっと詳しく話を聞きたいという方はお気軽にご連絡ください。

カジュアル面談お待ちしております!



↓ピッチ資料も公開中です!モフが気になったという方はぜひご覧ください。

株式会社モフでは一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング