1
/
5

Nintが掲げるMission / Vision / Value(MVV)-Mission / Vision編-

こんにちは、代表の吉野です。
新しい年が明けて早くも1か月が過ぎましたね。皆さんは新年に立てた目標は覚えていますか?

今回は私たちNintが大事にしている価値観について2回に渡ってお伝えしたいと思います。

1回目の今回はMission / Vision / Value(MVV)の中の「Mission」「Vision」についてです。

NintがこのMVVに辿り着くまで

Nintが2018年4月にアドウェイズから独立、法人を設立してから、グループ代表の蘇を中心にMVVの検討がスタートしました。新しいチームで長期的に事業成長・展開していくために、「自分たちは何のために存在し」、「どのような価値観に基づいて」、「どのような世界を実現していくのか」、を改めてゼロから考え直しました。

Nintの会社としての歴史は短いのですが、チームとしての歴史は15年ほど前までさかのぼることができます。アドウェイズの中国現地法人として2003年に上海開発研究センターが設立され、エンジニアを中心としたチームでオフショア開発などの運営を開始しました。

2006年、「せっかく集まった優秀なエンジニアの知見をもっと活かしたい」、そんな想いから、彼らが自分たちで考えたサービスを企画・運営し、ビジネスに挑戦する目的でラボを立ち上げます。今思えば、この時がNintのスタートだったのかもしれません。

そこから、ラボチームは様々なサービスを中国で立ち上げました。価格比較サイト、翻訳サービス、SNS、ソーシャルゲーム、ECショップ、ユーティリティアプリ、等、立ち上がったサービスは大小あわせて70個以上!その多くはユーザーが集まらなかったり、ビジネスとして展開が難しかったり、いろんな理由で失敗しました。

そんな絶え間ない挑戦の中で生み出されたのが2009年に中国でリリースした情報通(中国版Nint)です。Nintのサービスが、少しずつ中国で拡大し、日本でも事業展開をはじめ、更なる成長を実現するために、アドウェイズからスピンアウトしたのが2018年4月です。Nintが会社設立までにたどった道のりを振返り、自分たちの原点とこれから目指す姿を考える中でNintのMVVは誕生しました。

私たちのMVV、そこに込めた想い

Mission:Nintは何のために存在しているのか

「データで世界を自由にする」
データを通じて新たな機会を生み出し、私たちに関わるすべての人の可能性を最大化する

世界=Nintに関わる全ての人(顧客、チーム、株主等)

自由=人の自由のこと。

Nintでは、「人は可能性」というのが公理(※)です。「人の自由」とは、人が自分の可能性のために自ら選択をして、その選択を実現することを意味します。

私たちは、データを通じて新たな機会を生み出し、私たちに関わる全ての人の可能性を最大化するために存在しています。

※公理:一般に広く通ずる真理や道理のことで、それを出発点として他の命題を証明する基本命題

Vision:Nintが目指す世界

「データの価値、人の可能性が輝く世界」
人とテクノロジーの力で世界中の情報を価値あるデータへと変え、関わる全ての人が自らの可能性を探索・実現できる世界を創ります

データはこれからの世界に必要不可欠な資源です。Nintでは、「データにはダイアモンドの原石のように、もともと価値が存在する」と考えています。

しかし、データは現在、一部の企業が独占し、誰もが自由に使える状態にはなっていません。また、仮にデータを使える状態であったとしても、活用方法がわからないなど、誰もが自由にデータを活用している状態でもありません。もともとデータが持つ価値を、人とテクノロジーの力で誰もが水や電気のように簡単に使えるようにする、それがNintの目指すビジョンです。

Nintの基盤となっている考え方

Nintには「人は可能性」という公理があることを先ほどご紹介しました。人はダイアモンドの原石のように可能性は無限大。常に新たな可能性を探索し、発揮できると信じています。そして、一人ひとりが自らのことだけではなく、周囲の人の可能性をも発揮させることができるはずです。データの価値が磨かれ、輝く世界を実現するとともに、それ実現させる人もまた、自らの可能性と周りの可能性をも最大限に発揮させる。そうすることで、Nintの世界はキラキラ輝く…そんな世界を目指しています。

次回はMVVの「Value」についての想いをお伝えしたいと思います。そこでは、大切にしている私たちの価値観や、MVVにおける社内の取り組みについてご紹介します。
「Value」についての記事はこちら

株式会社Nint's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more