1
/
5

【リードエンジニアインタビュー】「人が育つ組織」を通じて日本中の子育てに貢献を

Profile:谷口 崇 / リードエンジニア
シーエー・モバイル、グリー、クリップラインを経て2021年3月千に入社。
グリーでは、バックエンドを中心にゲーム・SNS・アバター等の開発と運用、新規事業立ち上げを経験。クリップラインでは、フロントエンジニアとしてのサービス開発や、リードエンジニアとしてアプリ開発にも携わる。

「子育て」×「エンジニア育成」関心領域の重なり

谷口さんは、どうして千に入社されたんですか?

一つは、千のプロダクトが「子育て」の領域であることです。興味のきっかけは自身に子どもができたことなのですが、それを機に子どもに関わる事業に従事してみたいと思うようになりました。

幼保向けフォトサービス「はいチーズ!フォト」には子どもの写真がたくさん使われていて、仕事の合間にもほっこりできそうだな、と思い応募しました(笑)

そして、「エンジニアを育てる」社風にも共感できました。日本では、多くのベンチャー企業は優秀なエンジニアを集めています。一方で、その大半は経験豊富な人しか受け付けず、エンジニアを「育てる」仕組みができていないと感じています。その「育てる」仕組みづくりをしたいと思い、経験を活かせる場所を探していました。千は若手のエンジニア採用を多くおこなっていました。面接では、将吾さん(※VPoE橋本将吾)に組織の課題を詳しく伝えてもらったと同時に、「背中を見せてほしい」と言われたことで気持ちが高ぶりました。ここなら「人が育つ組織づくり」に貢献できると思い、入社を決めました。

組織が育つために必要な、目的達成の視点

今どんな課題に取り組んでいますか?

チームビルディングに力を注いでいます。「受け身の開発文化を180度変える」ことを私たちは大きく掲げています。

現状、特に若手たちは、ステークホルダーに年長者が多いゆえに、指示通り作ることに注力してしまっている印象があります。仕様に忠実な開発力も高い学習意欲もあるだけに、もったいないと感じました。一人ひとりのやる気を育てるためにも、ステークホルダーへ対等に意見できるスタンス、判断力、論理的思考を学んでほしいと思っています。よく使われる引用で「3人の石工」の話がありますが、「技術研鑽のために石を積む石工」と「教会を造るために石を積む石工」であれば、我々が今求めているのは「教会を造る」目的を一緒に果たしてくれる仲間かと思います。

今は、機能単位において「目的の達成」の視点を以前より持てるようになってきたと感じています。今後は、もっと俯瞰してプロダクト全体、事業全体を見て開発できる組織にしていきたいです。

今までの経験を活かすことで、推進力は増していく

今までのどんな経験が活かせられていると感じていますか?

「作業の遂行」ばかりに目が行ってしまうと、目標とする効果の指標を明確にしきれずに走ってしまうようなケースがあります。前職では、目標をしっかりと数値化して開発を行う文化があったので、ここでも達成を計測する文化をつくり、また効果測定の技術的な面でも経験を活かせればと思っています。

以前の職場で、新たに入ってきたメンバーがアジャイル開発を持ち込んで、大きくチームを改善してくれた経験があります。タスクのポイント化、優先順位付け、スプリント開発が一気に進んで、チームの目標、会社の意思が個々にとってより鮮明なものになりました。組織は一人の力でも大きく変えられるんだ、というのを肌で感じました。この経験は、今の自分の取り組みに勇気を与えてくれています。

これからジョインいただける方への期待も大きいですね。

そうですね、「経験」は「知識」とはまた違い、貴重なものです。そして、一人ひとりが違う経験を持っています。どんな分野であれ、その人ならではの体系的な経験を持ちこんでほしいです。技術力、運用のノウハウ、開発文化、それが成功で得たものであれ失敗で得たものであれ、必ず活かすことができます。

「育て育てられ」の関係で、プロダクトも育つ

自分自身の成長というのは感じていますか?

もちろんです。若手から学ぶことも多いです。何よりみなさん素直で真面目で積極的なので、一緒に仕事をしていて自分も刺激を受けます。将吾さんと一緒に改革ができるというのも成長につながる大きな経験です。上司部下関係なく、「育て育てられ」の関係なんでしょうね。組織を横断して「育て育てられ」ができると、組織、そしてプロダクトはもっと強くなると思います。

プロダクトが強くなれば、子育てに関わる人たちを幸せにすることができます。自分と同じく子育てに奮闘する人のためにも、それがより良いものになるよう頑張っていきたいと思います。

テックリード・EM
幼保のプラットフォームをつくる面白さを実感できるエンジニア!
私たちは保育園や幼稚園、子育て中の世帯など、子育てに向き合う人々のDXに挑戦しています。 私たちは「はいチーズ!」というITサービスで幼保園のDX化を進めており、導入数は業界トップクラスシェア。保育業界のITインフラとして創業より17期連続で成長を続けています。 先生たちの業務をIT化することにより、保護者の方々も子どもたちの成長の様子をもっと身近に見守ることが可能になります。 例えば保育園で過ごす子どもたちの写真や動画を24時間スマホで楽しめる、健康状態やお友達との過ごし方がアプリの連絡帳機能でわかる、おばあちゃんやおじいちゃんに手軽にシェアできる。こんなふうに、家族で子どもの成長を楽しめる世界観をつくり出しています。 また、2021年11月より株式会社ベジリンク(本社:東京都豊島区、代表取締役社長 塚田祥世)と、保育施設向け給食、食育サービスにおいて協業を開始、私たちの保育施設ネットワークと、株式会社ベジリンクが持つ給食食材配達、食育ノウハウや農家ネットワークを融合し、食における新たなサービス開発を進めてまいります。 はいチーズ!では「子どもにピース!」をサービスコンセプトに、子どもと向き合う時間と心のゆとりを生み出し、食を通じた身体の基礎づくりを支援し、「子どもの成長」を支えていきます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【自社プロダクト・サービス紹介】 ■はいチーズ!フォト https://8122.jp/ 幼稚園、保育園にプロカメラマンを派遣し、撮影した子供の写真を保護者にWeb販売するスクールフォトサービスを運営しています。 これまで園では保育士さんの「①撮影→②選別→③プリント→④園で掲示→⑤保護者からの購入申込→⑥写真の発注→⑦家庭ごとに配布→⑧集金→⑨支払」という時間と手間のかかる大変な作業でした。はいチーズ!フォトによって、この負担の一切を無くすことができます。人手不足が叫ばれる保育士さんの味方となる社会貢献性の高い事業です。 忙しいパパママも、わざわざ園に行く必要も無いため、大変ご好評を頂いております。AI技術、顔認識を駆使することで、保護者が短時間で我が子の写真を探すこともできます。 ■はいチーズ!システム https://hoiku-ict.com/ ~保育士の働き方改革、保育業界のDX推進を目的とした保育ICTシステムの無料化と無料化を支えるサービスの仕組みが高く評価されました~ 保育業界におけるICT導入は補助金を活用する視点が前提となっている昨今において、当社が提供する保育ICT『はいチーズ!システム』では総合保育テックサービス『はいチーズ!』として無料化を可能にするマネタイズモデルを構築した点など、『はいチーズ!』をより良いサービスへ成長させていく姿勢を高く評価いただきました。 ■BabyTech® Award 2021のICT部門で大賞を受賞 https://babytech.jp/2021/11/btaj2021_results/ ■その他 ‐オンラインでアルバムの編集・作成サービス『はいチーズ!アルバム』 https://album.8122.jp/ ‐登園できないこどものための『はいチーズ!クリップ(オンライン保育園)』 https://clip.8122.jp/online-hoikuen/ ‐先生向け動画配信サービス『はいチーズ!ムービー』 https://enchannel.jp/ -ほかにもいろいろ・・・。ぜひサービス一覧ページをご覧ください! https://sencorp.co.jp/service/ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【参考URL】 ○EdTech Media 「『園業務Techサービスカオスマップ2021』を公開」 https://edtech-media.com/archives/42628 ○本社オフィスのPRムービー https://youtu.be/aAp3bUZd5fg
千株式会社
フルリモート可 SRE
全国から募集 プロダクト開発好きのSRE募集
私たちは保育園や幼稚園、子育て中の世帯など、子育てに向き合う人々のDXに挑戦しています。 私たちは「はいチーズ!」というITサービスで幼保園のDX化を進めており、導入数は業界トップクラスシェア。保育業界のITインフラとして創業より17期連続で成長を続けています。 先生たちの業務をIT化することにより、保護者の方々も子どもたちの成長の様子をもっと身近に見守ることが可能になります。 例えば保育園で過ごす子どもたちの写真や動画を24時間スマホで楽しめる、健康状態やお友達との過ごし方がアプリの連絡帳機能でわかる、おばあちゃんやおじいちゃんに手軽にシェアできる。こんなふうに、家族で子どもの成長を楽しめる世界観をつくり出しています。 また、2021年11月より株式会社ベジリンク(本社:東京都豊島区、代表取締役社長 塚田祥世)と、保育施設向け給食、食育サービスにおいて協業を開始、私たちの保育施設ネットワークと、株式会社ベジリンクが持つ給食食材配達、食育ノウハウや農家ネットワークを融合し、食における新たなサービス開発を進めてまいります。 はいチーズ!では「子どもにピース!」をサービスコンセプトに、子どもと向き合う時間と心のゆとりを生み出し、食を通じた身体の基礎づくりを支援し、「子どもの成長」を支えていきます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【自社プロダクト・サービス紹介】 ■はいチーズ!フォト https://8122.jp/ 幼稚園、保育園にプロカメラマンを派遣し、撮影した子供の写真を保護者にWeb販売するスクールフォトサービスを運営しています。 これまで園では保育士さんの「①撮影→②選別→③プリント→④園で掲示→⑤保護者からの購入申込→⑥写真の発注→⑦家庭ごとに配布→⑧集金→⑨支払」という時間と手間のかかる大変な作業でした。はいチーズ!フォトによって、この負担の一切を無くすことができます。人手不足が叫ばれる保育士さんの味方となる社会貢献性の高い事業です。 忙しいパパママも、わざわざ園に行く必要も無いため、大変ご好評を頂いております。AI技術、顔認識を駆使することで、保護者が短時間で我が子の写真を探すこともできます。 ■はいチーズ!システム https://hoiku-ict.com/ ~保育士の働き方改革、保育業界のDX推進を目的とした保育ICTシステムの無料化と無料化を支えるサービスの仕組みが高く評価されました~ 保育業界におけるICT導入は補助金を活用する視点が前提となっている昨今において、当社が提供する保育ICT『はいチーズ!システム』では総合保育テックサービス『はいチーズ!』として無料化を可能にするマネタイズモデルを構築した点など、『はいチーズ!』をより良いサービスへ成長させていく姿勢を高く評価いただきました。 ■BabyTech® Award 2021のICT部門で大賞を受賞 https://babytech.jp/2021/11/btaj2021_results/ ■その他 ‐オンラインでアルバムの編集・作成サービス『はいチーズ!アルバム』 https://album.8122.jp/ ‐登園できないこどものための『はいチーズ!クリップ(オンライン保育園)』 https://clip.8122.jp/online-hoikuen/ ‐先生向け動画配信サービス『はいチーズ!ムービー』 https://enchannel.jp/ -ほかにもいろいろ・・・。ぜひサービス一覧ページをご覧ください! https://sencorp.co.jp/service/ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【参考URL】 ○EdTech Media 「『園業務Techサービスカオスマップ2021』を公開」 https://edtech-media.com/archives/42628 ○本社オフィスのPRムービー https://youtu.be/aAp3bUZd5fg
千株式会社
フルリモート Webエンジニア
保育DXで社会貢献 PHPやReactに強いフルスタックエンジニア募集
大手町に本社を構える弊社は創業18年目のベンチャー企業です。 主力事業はスクールフォトサービス『はいチーズ!フォト』。 幼稚園・保育園などにプロカメラマンを派遣、イベント等の撮影を行い、園に通う子供の保護者にWeb上で写真販売を行うサービスです。忙しいパパママがオンラインでこどもの写真が購入ができるのでたいへんご好評を頂いております。また、人手不足が叫ばれる保育士さんの業務負担軽減にもつながる社会貢献性の高い事業です。 最近では、未だアナログな部分が多い学校写真業界をITの力を活用してより効率化・活性化するような取組みを強化しています。保護者が短時間で我が子の写真を探すための『はいチーズ!顔検索』や、卒業アルバム制作者が人物枚数の偏りを減らせる『はいチーズ!アルバム人物顔集計』などはその一例で、最新のAI技術を駆使したサービスです。 これらの先進的な取り組みは、テレビ東京WBS、TBSがっちりマンデー、新聞等のメディアでも度々取り上げていただきました。 https://youtu.be/w7r3h2m9egI サービスは基本的に内製化しており、約40名の開発チームが日々課題の解決に向き合って開発を進めております。 2020年には保育ICT株式会社を子会社化し、忙しい保育士さんの業務効率化を支援する『はいチーズ!システム』のサービス提供を開始。 また、コロナで登園ができなくなった保育園児向けに『はいチーズ!ムービー(園チャンネル)』や『はいチーズ!クリップ(オンライン保育園)』などの取り組みも実施しています。 さらに2021年11月には給食・食育サービスの株式会社ベジリンクと協業を開始。給食事業、食育事業を開始し拡大を目指すなどより一層の事業拡大を進めています。 # サービス概要 ‐はいチーズ!フォト https://8122.jp/ 幼稚園、保育園にプロカメラマンを派遣し、撮影した子供の写真を保護者に販売する『はいチーズ!フォト』というスクールフォトのWeb販売サービスを運営しています。 これまで園での写真販売は保育士さんが撮影、プリントして園で掲示、保護者からの購入申込を受け付け、プリントした写真を家庭ごとに配布という負担が大きい作業でした。 『はいチーズ!フォト』はそのすべての作業を園に代わって行うサービスになります。保護者にとっても、なかなか見る機会がない園での子供の様子をプロカメラマンが撮影した写真をオンラインで見て購入できるため、保育園にも保護者にも満足度が非常に高いサービスとなっています。 ‐はいチーズ!アルバム https://album.8122.jp/ オンラインでアルバムの編集・作成が可能なサービスです。 『はいチーズ!』でプロカメラマンが撮影した写真が使い放題!保護者同士でアルバム作成することも想定し、オンラインで協働作業をすることもできます。 ‐はいチーズ!システム https://hoiku-ict.com/ 忙しい保育士さんの事務作業負担をICTにより軽減するサービスです。 保育士さんの勤怠管理から、園児の登園時間の記録、健康管理などを一元管理できます。
千株式会社

★気になった方は募集ページへ★

テックリード・EM
インフラエンジニア・SRE
Webエンジニア
全募集職種一覧

知人・友人にもこの記事を知ってもらいたい!と思ったら...
 →→ 「Twitter」「Facebook」ボタンで共有お願いします。
この記事いいね!と思ったら...
 →→ ハートマークをポチ。

お読みいただき、ありがとうございました。

千株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
11 いいね!
11 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング