1
/
5

前編「とことん前のめり。「やりたい」に向かって突き進めば、仕事は自分で楽しくできる」#スマイルズ社員インタビュー

◇スマイルズでは、2019年より新卒・第二新卒採用をはじめます。

スマイルズは、1999年に食べるスープの専門店「Soup Stock Tokyo」の1号店をオープンし、創業いたしました。

あれから20年—“生活価値の拡充”という理念のもと、ネクタイ専門店やセレクトリサイクルショップ、ファミリーレストラン、海苔弁専門店などあらゆる業態を展開し、既成概念にとらわれず新たな生活の在り方を提案しています。

そんなスマイルズで、ともに“世の中の体温をあげる”仲間を募集いたします。

ここでは、そんなスマイルズで活躍する社員たちをご紹介。個性あふれるメンバーたちの人となりや哲学に触れてみてください。

今回は、2015年4月に新卒でスマイルズに入社し、現在はクリエイティブ本部 クリエイティブディレクターの木本をご紹介します。

木本 梨絵(キモト リエ)
1992年、和歌山県有田市生まれ。
武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科専攻修了。
在学中に受講した遠山の講義に衝撃を受け、2015年4月にスマイルズに新卒として入社。

目の前のお客さまに向き合い、工夫すれば現場は楽しくなる。

私がスマイルズに入社したのは、2015年の新卒採用。クリエイティブ志望で入社しましたが、一番はじめの配属は、スープストックトーキョー 四谷店で2か月間働きました。それからお茶の水店に異動し、4か月間。スープストックトーキョーでの仕事は、合わせて半年間です。そして、次はレストラン事業部が展開する「100本のスプーン」の二子玉川店に異動となりました。こちらは1年間なので、合わせて1年半、「現場」のメンバーとして仕事をしました。

 最初からかなり正直に言いますが、スープストックトーキョーでの仕事は、辛かったです(笑)。理由は明確で、私は「調理」や「金銭の扱い」など店舗業務、とくにオペレーション全般がとにかく苦手だったからです。アルバイトすらしたことがなく、飲食店の仕事も初めてで、パートナーさん(アルバイトスタッフ)のレベルにもついていけない…

でも、一方で「接客」は好きで、得意だったんですね。一対一のコミュニケーションには仕事じゃなくても自信があったし、一緒に働くパートナーさんやお客さまなど、対人のコミュニケーション自体は得意でした。特に「100本のスプーン FUTAKOTAMAGAWA」では、私のことを覚えて仲良くしてくださるお客さまも増えていました。

そんな私が、現場で意識していたのは「目の前のお客様が欲しているものは、果たして何なのか」。接客ってそれを一心に考えて、最善の策を提示することなので、工夫できることはいくらでもあるんです。それは「会話」に限ったことでもなくて。たとえば、「100本のスプーン FUTAKOTAMAGAWA」には、塗り絵のメニューがあります。これは、『大人にも、子供心を思い出してもらおう』というコンセプトで作られたものなのですが、私が異動してきた際には、塗り絵用の色鉛筆がとにかく少なかった。そのせいかお客様全員にお配りせず、お子様がいらっしゃるテーブルのみ。

「100本のスプーン FUTAKOTAMAGAWA」の塗り絵メニュー

違和感を覚えて、すぐに店長に相談しました。“そもそものコンセプトと違いますよね? 変えた方が良くないですか?” と。今思えば、生意気な部下だったと思います(笑)。 でも、絶対に変えた方がいいと思ってました。結果、色鉛筆はすべてのテーブルへ提供することが決定。実際にお客さまが楽しんでいる姿を見ると、「やっぱり間違ってなかった」と奮いつつ、大きなやりがいを感じていました。


自分の “やりたい” を信じ、行動で伝えることの大切さ。

「100本のスプーン FUTAKOTAMAGAWA」父の日のイベント企画

スマイルズって、とっても柔軟なんです。年齢や立場に対して、必要以上にこだわらないような気がします。やりたいと思ったことを “やりたい” と素直な気持ちで声に出して、しっかりとした裏付けをもって提案する。そうすると、ちゃんと聞いてくれるんです。それはスマイルズの大きな強みだと思います。

私は、現場で働いていた1年半の間、とにかく自分の “やりたい” を声に出し、“実際に形にする” ということを意識していました。塗り絵メニューの色鉛筆しかり。オペレーションは引き続き苦手だったけれど(笑)、自分の強みはここだ!と、ひたすらアイデアを出し続けました。

例えば、新しいメニューの提案。母の日や父の日など、イベントに合わせて企画を立てキッチンスタッフと新メニューを開発し、お客さまへ提供していましたね。ご注文をいただくたび、厨房の裏で同僚とともに “よっしゃ!” なんて言ってガッツポーズ。熱量を持って自分の “やりたい” という気持ちを形にすれば、こんなにも仕事は楽しいんだ、と気づきました。いつも前のめりで、どんどん提案・実行しました。ある時は、本部の許可なしに進めてしまうこともあったぐらいで。その時はさすがにちょっと叱られましたけどね(笑)。


未経験でも機会があり、頑張ればその結果は評価される

同じ気持ちで、デザインに関する企画やアイデアも、積極的に本部へ提出してました。もともとクリエイティブがやりたくてスマイルズに入社したので。ひたすら制作して提出。もちろん時間も使うから、現場をやりながらしんどいと思うこともありましたけど、「やりたいことをやる」ためなら当然!と全力で取り組みました。

その実績として、「PAVILION(LOVEとARTがテーマのアートレストラン)」のロゴがあります。100本のスプーンに勤めていた頃に、社内のコンペに提出したものです。私は美大出身ですが、専門が違うので、現場の傍ら、「文字の作り方」から調べるところからやっていました。最終的に、社内のデザイナーもいる中、私の案を評価してもらい、実際にお店のロゴとして今も使われています。

「100本のスプーン FUTAKOTAMAGAWA」スタッフ時代に、木本が制作した「PAVILION」のロゴ


「PAVILION」の店内

スマイルズって、やるべきことをやった上でだけど、「やりたい」と声を挙げ行動すれば、その機会はいくらでもある。そして、ひとつひとつの行動に対して、しっかりとした評価をくれるんです。ロゴ制作で言えば新卒で入社して、グラフィックデザインは未経験の私にも、正当な評価を与えてくれる。

頑張れば頑張るほど、自分が成長していける会社だということ。それは、やはりスマイルズならではの強みだなぁと思いますし、やらせてもらえる文化だからこそ、自分が本当にしたい仕事をするためには「やりたい」と思うことに信念を込め、取り組み続けるべきなんだ、と思いますね。


~次回は、そんな木本が感じていた、ある種の「劣等感」と気づきについてのエピソードを共有いたします~

Text: Nozomu Miura

スマイルズではともに“世の中の体温をあげる”仲間を募集いたします。
募集中の職種やお仕事の詳細はそれぞれの募集記事をご覧ください。


未来の幹部候補生
Smiles: 第二新卒採用
Soup Stock Tokyo、PASS THE BATON、giraffe、100本のスプーン、海苔弁山登りなど、「世の中の体温を上げる」事業を創造してきたスマイルズも、設立19年を迎えました。 今後は既存事業のイノベーションと共に、新たな事業の立ち上げ(住まい、環境、クリエイティブ、教育、IT、など)、外部コンサルタント・プロデュースを進めていく方針もあります。 「生活価値の拡充」を通して、世の中の体温を上げるというスマイルズのビジョンに強く共感し、共に社会の課題を解決するために進んで行く仲間を求めています。 - マーケティングにとらわれない既存事業 - スープ専門店「Soup Stock Tokyo」という新しい飲食店のスタイルを世の中に生み出し、 その後も様々な領域で「スマイルズがやったらこうなった」と言われる提案を続けてきました。 慌ただしい日々の中に見落とされている当り前のことに、新しい価値を見出し、 それを丁寧に磨き上げて、ひとりでも多くの方にお届けする。 そんなことを通して、少しでも生活を拡げて充たしていくお手伝いをしていきたいと考えています。 ■食べるスープ専門店「Soup Stock Tokyo」 http://www.soup-stock-tokyo.com/ ■セレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON」 http://www.pass-the-baton.com/ ■ネクタイブランド「giraffe(ジラフ)」 http://giraffe-tie.com/ ■ファミリーレストラン「100本のスプーン」 https://100spoons.com/ ■LOVEとARTのレストラン「PAVILION」 http://www.pavilion-tokyo.com/ ■海苔弁専門店「海苔弁山登り」 http://www.bento-smiles.com/
株式会社スマイルズ


未来の幹部候補生
スマイルズの未来を創るビジネスプロデューサー募集!
Soup Stock Tokyo、PASS THE BATON、giraffe、100本のスプーン、海苔弁山登りなど、「世の中の体温を上げる」事業を創造してきたスマイルズも、設立19年を迎えました。 今後は既存事業のイノベーションと共に、新たな事業の立ち上げ(住まい、環境、クリエイティブ、教育、IT、など)、外部コンサルタント・プロデュースを進めていく方針もあります。 「生活価値の拡充」を通して、世の中の体温を上げるというスマイルズのビジョンに強く共感し、共に社会の課題を解決するために進んで行く仲間を求めています。 - マーケティングにとらわれない既存事業 - スープ専門店「Soup Stock Tokyo」という新しい飲食店のスタイルを世の中に生み出し、 その後も様々な領域で「スマイルズがやったらこうなった」と言われる提案を続けてきました。 慌ただしい日々の中に見落とされている当り前のことに、新しい価値を見出し、 それを丁寧に磨き上げて、ひとりでも多くの方にお届けする。 そんなことを通して、少しでも生活を拡げて充たしていくお手伝いをしていきたいと考えています。 ■食べるスープ専門店「Soup Stock Tokyo」 http://www.soup-stock-tokyo.com/ ■ネクタイブランド「giraffe(ジラフ)」 http://giraffe-tie.com/ ■ファミリーレストラン「100本のスプーン」 https://100spoons.com/ ■海苔弁専門店「海苔弁山登り」 http://www.bento-smiles.com/
株式会社スマイルズ


広報・PR
世の中の体温をあげる、スマイルズの理念の伝道者を募集!
Soup Stock Tokyo、PASS THE BATON、giraffe、100本のスプーン、海苔弁山登りなど、「世の中の体温を上げる」事業を創造してきたスマイルズも、設立19年を迎えました。 今後は既存事業のイノベーションと共に、新たな事業の立ち上げ(住まい、環境、クリエイティブ、教育、IT、など)、外部コンサルタント・プロデュースを進めていく方針もあります。 「生活価値の拡充」を通して、世の中の体温を上げるというスマイルズのビジョンに強く共感し、共に社会の課題を解決するために進んで行く仲間を求めています。 - マーケティングにとらわれない既存事業 - スープ専門店「Soup Stock Tokyo」という新しい飲食店のスタイルを世の中に生み出し、 その後も様々な領域で「スマイルズがやったらこうなった」と言われる提案を続けてきました。 慌ただしい日々の中に見落とされている当り前のことに、新しい価値を見出し、 それを丁寧に磨き上げて、ひとりでも多くの方にお届けする。 そんなことを通して、少しでも生活を拡げて充たしていくお手伝いをしていきたいと考えています。 ■食べるスープ専門店「Soup Stock Tokyo」 http://www.soup-stock-tokyo.com/ ■ネクタイブランド「giraffe(ジラフ)」 http://giraffe-tie.com/ ■ファミリーレストラン「100本のスプーン」 https://100spoons.com/ ■海苔弁専門店「海苔弁山登り」 http://www.bento-smiles.com/
株式会社スマイルズ


商品開発・生産管理
PASS THE BATONでストーリーを紡ぐ商品開発・生産管理を募集!
Soup Stock Tokyo、PASS THE BATON、giraffe、100本のスプーン、海苔弁山登りなど、「世の中の体温を上げる」事業を創造してきたスマイルズも、設立19年を迎えました。 今後は既存事業のイノベーションと共に、新たな事業の立ち上げ(住まい、環境、クリエイティブ、教育、IT、など)、外部コンサルタント・プロデュースを進めていく方針もあります。 「生活価値の拡充」を通して、世の中の体温を上げるというスマイルズのビジョンに強く共感し、共に社会の課題を解決するために進んで行く仲間を求めています。 - マーケティングにとらわれない既存事業 - スープ専門店「Soup Stock Tokyo」という新しい飲食店のスタイルを世の中に生み出し、 その後も様々な領域で「スマイルズがやったらこうなった」と言われる提案を続けてきました。 慌ただしい日々の中に見落とされている当り前のことに、新しい価値を見出し、 それを丁寧に磨き上げて、ひとりでも多くの方にお届けする。 そんなことを通して、少しでも生活を拡げて充たしていくお手伝いをしていきたいと考えています。 ■食べるスープ専門店「Soup Stock Tokyo」 http://www.soup-stock-tokyo.com/ ■ネクタイブランド「giraffe(ジラフ)」 http://giraffe-tie.com/ ■ファミリーレストラン「100本のスプーン」 https://100spoons.com/ ■海苔弁専門店「海苔弁山登り」 http://www.bento-smiles.com/
株式会社スマイルズ


サービス・キッチンスタッフ
料理を通して大人も子供もワクワクさせる、エンターテイナーWANTED!
100本のスプーンは、家族のことをとことん考えた、あたらしい「ファミリーレストラン」。 二子玉川店、あざみ野ガーデンズ店、東京都現代美術館内店それぞれに趣を変えて、お客様をお迎えしています。 ■二子玉川店 食べたいものを少しずつ集めた「リトルビッグプレート」や、お子様用に「ハーフサイズ」が用意されているなど、お客様との会話も楽しくなるメニューがたくさん。 店内には巨大な現代アート作品や、コドモだけが見つけられる遊び心あふれるオブジェなどが隠れています。 こどもだって、ドカッとソファに座りたい、ワイングラスで乾杯したい・・・そんな想いを叶える、家族のための特別なレストランです。 ■あざみ野ガーデンズ店 はじめて一人でお留守番した日、テストで100点を取った日、かけっこで1等賞になった日。 家族の毎日は、小さなハレの日の連続です。 少し贅沢なコースを楽しむ時間は、家族みんなで過ごすハレの日。 週替わりで楽しめる旬な食材を使った色とりどりの季節のコースメニューが、家族の時間に彩りを添えます。 ここから始まる「100のものがたり」と「100の想い出」。 記念日のお祝いやハレの日の家族の食事、コドモもオトナも楽しめるイベントなど、家族のものがたりを紡ぎます。 ■東京都現代美術館内店 家族の食卓を彩る、アートな仕掛けたち。 店内の奥には、子どもも大人も気軽に作品づくりに参加できる「アトリエ」というキッズスペースをご用意しました。 「アトリエ」内にあるのは、大人の背丈ほどもある大きな2つの彫刻。タイトルは、「みんなでつくる彫刻」です。 みんなで色を足したり、引いたりしていくことで、毎日ちがう表情の作品に生まれ変わります。 はじめて出会うお友達と一緒に、作家気分で作品づくりをすることも。
株式会社スマイルズ


”体温を上げる”ネクタイの販売
すべての働くヒトを元気にするネクタイ屋!giraffeが店舗メンバー募集!
あなたは普段、どんなふうにネクタイを選んでいますか? ネクタイというアイテムはどれも同じ形をしていて、 洋服に比べるととても面積の狭いものですが、 実はさまざまなデザインがあり、それによって驚くほど印象が変わるのです。 自分に似合う色や好きな柄、その日の気分に合わせてセレクトするのも楽しいですが、 これから始まる1日をイメージし、天候や外出先の街並み、 仕事先の方の顔や好みを思い浮かべながらベストな1本を選ぶ……というのも なかなか癖になります。 giraffeは「ネクタイ専門店」として、カラフルな色柄で、素材もシルエットもさまざまなネクタイを販売しています。giraffeネクタイの特徴は、 34℃、36℃、38℃、40℃と4段階の体温に区分けされていること。 その日の気分に合わせてチョイスするのはもちろん、 内に秘めた思いをひそかに伝えてみたり、 今日目指すべく温度・テンションを設定し、 その温度のネクタイに自分を叱咤激励してもらうのもアリです。 ネクタイを通した、様々な楽しみ方を提案しています。
株式会社スマイルズ
株式会社スマイルズでは一緒に働く仲間を募集しています
9 いいね!
9 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社スマイルズからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?