Masatoshi Kubode

ウォンテッドリー株式会社 / Mobile Tech Lead東京都

Masatoshi Kubode

ウォンテッドリー株式会社 / Mobile Tech Lead

臨機応変

モバイルプラットフォームが主軸のエンジニアです。生産性を上げるためや課題解決のためには、技術的な興味はどんどん試していくタイプです。 小さい頃は工作が得意で、プラモデルをよく作ってました。中学あたりで家にもパソコンが来てからRPGツクールにはまり、ものづくりの興味が物理的なものからソフトウェアに移っていき、エンジニアを目指すようになりました。

この先やってみたいこと

未来

プロダクトのフェーズに合わせた適切な方法で課題の解決を模索していきたい。 モバイルを中心にユーザーに近い位置で、UI/UXにこだわり続けたい。

ウォンテッドリー株式会社の会社情報

ウォンテッドリー株式会社5 years

Mobile Tech Lead現在

- 現在

モバイルプラットフォームを技術面でリードしてモバイルの影響を最大化していきます。 ビジョンから長期的な技術戦略、チームビルディング、技術負債の解消など長期的に取り組んでいきます。

Mobile Chapter Lead現在

モバイルアプリのエンジニアリーダーとして、メンバーの育成、内部品質や生産性の向上などにフォーカスしている。

BI Renewal

ブランドアイデンティティのリニューアルに伴い、アプリのアイコン変更を行いました。 メンテの止まっていたPeopleアプリのメンテが一番のネックでしたが、その問題に気づいてからスケジュール調整まで即動けたのはよかった点。

Profile Unification

このプロフィール画面のAndroidのリニューアルを行いました。 先にリニューアルしたWebプロフィールに体験を合わせる目的ですが、GraphQLの技術検証という目的も含んだ大きなプロジェクトでした。 メンバーの入れ替わりもあり、途中から業務委託や副業を受け入れてプロジェクトを進めるなど、プロジェクト進行面でも新たな経験を積むことができました。

Story Growth

Story(旧Feed)のグロースにフォーカスするチームでモバイルアプリを中心にグロース施策を進めた。

iOSリニューアル

iOSリニューアルのメンバーとして参加。 iOSは初めてだったが、初期にDIの導入を提案してテスタビリティの向上につなげたり、Androidの経験が活かせて開発できた。

エンジニア

GrowthチームでAndroidアプリのグロースを進めた。

teamLab / チームラボの会社情報

teamLab / チームラボ4 years

Mobile engineer

-

Javaがかけたという理由でAndroidエンジニアとしてアサインされAndroiderになる。SIerとして6,7案件を担当した。中盤の案件辺りからAndroidチーム2~4名のリーダーも経験した。 Kotlin 1.0 Betaを小さい案件に勝手に導入したら、後から少し怒られた。 案件はほぼ0->1で保守は担当しなかったため、腰を据えてサービスと向き合おうと思い転職。

東京コンピュータサービス6 years

SI

-

一般的に言われているSIerとして稼働。国内最大規模の経理システムのごく一部を触ったり、半導体の工程管理システム保守などを経験した。

石川工業高等専門学校

電子情報工学科

経路探索アルゴリズムの研究



言語

  • Japanese - Native

アプリをインストールして、知り合いの最新の活躍をフォローしよう