「もう、辛いことから逃げ出す自分は嫌だ」/何も成し遂げることが出来なかった過去と決別! 新人2人がリバラボで手に入れたい本当の自分とは

こんにちは、広報部のきこりんです。
世間がこれからの新生活に胸を膨らませる4月、リバラボでも新たに7名の研修生がスタートを切りました。今回ご紹介するのはその中の2名です。
しっかりとした話し方と落ち着いた姿がよく似ている2人ですが、歩んできた人生はまさに正反対。
大学を卒業し、大学病院に勤めるも私利私欲に負け150万の借金を抱えた慶太。
2度の中退を経験し、25年間1度も苦の選択をしたことがない英迪。
どんな紆余曲折を経てリバラボまでたどり着いたのでしょうか?
彼らのこれまでの足跡と、未来への決意表明を語ってもらうインタビューです。

■Keita's profile (右)

 年齢:24歳/出身地:埼玉県/最終学歴:大卒
 長所:笑顔、ポジティブ/短所:自分に甘い
 前職:診療放射線技師
 趣味:カメラ、マラソン、ルービックキューブ
 マイブーム:お休みの日にカメラを持って出掛けること!

■Hidefumi's profile (左)

 年齢:25歳/出身地:沖縄県/最終学歴:大学中退
 長所:積極的/短所:飽き性
 前職:パーソナルトレーナー
 趣味:テレビ観賞、ダイビング
 マイブーム:筋トレ

■10代で味わった挫折経験

-二人はどんな学生時代を過ごしてたの?
【慶太】
 高校受験で初めての挫折を味わいました。第一志望の高校に落ちてしまい、「あぁ、人生って思うようにはいかないんだな」 と15歳の時に悟りましたね。(笑) それ以来、人生や将来はきちんと考えなければいけないと気付き、何事も慎重に選択するようになりました。

 大学は医療の世界に興味があったので、色んな大学のパンフレットを机に広げ、放射線技師になろうと思い、その資格が取れる大学に進みました。大学に入ってからは塾講師としてアルバイトしながら、資格取得に向けて勉強を続けていました。自分は高校受験に失敗したけれど、色んな人に支えられながら先を見据える力を養えたので、この経験を活かして子供たちを支えたいと思ったのがきっかけです。

【英迪】
 自分は人生で2度中退しています。1回目は高校1年生の時、学業よりも遊びたい欲が勝り高校をたった1年で中退しました。辞めてから昼は仕事、夜はバイクで街中を走り回る…という生活を続けていましたが、なんとなく高卒は取らないとやばいよなと思い通信制の高校に通いました。

 そして2回目の中退は大学2年生の時です。高校を卒業した後、特にやりたいことはなかったものの、東京への憧れが強く、大学は行った方がいいだろうという気持ちで大学進学を決めました。そんな中途半端な決断ですので当然勉強するわけもなく、アッサリ中退してしまいました。


-慎重派とテキトー派、対照的な2人だね。(笑) 仕事は何を?
【英迪】
 大学中退後、メディアで紹介されていたパーソナルトレーナーの求人をたまたま見つけ、半年スクールに通ってトレーナとして仕事に就きました。合計2年くらい勤めてましたね。

【慶太】
 放射線技師として約2年病院で勤めていましたが、ある日先輩社員の給料を知り、そこまで給料は上がっていかないという現実を突きつけられると同時に、自分の幸せって何だろうと考え出しました。自分には兄がいるんですけど、大手不動産会社に施工管理として勤め、着実に給料を上げ、結婚して子供がいて、つい最近マンションも買ったんです。自分から見ると理想の幸せ像で。このままじゃ兄のような幸せな人生は送れない! と思い、勢いで病院を辞めてしまいました。そして副業としてネットワークビジネスに手を出し、150万の借金を背負って…という感じです。

 必死で食いつないで行くためにマッチングアプリで営業する人を探していたら、リバラボ人事の雄哉さんと出会ったわけです。(笑)

【英迪】
 そうだったんだ! (笑) 自分は、パーソナルトレーナーの仕事が完全に実力主義だったので、給料が安定しているものではありませんでした。しかも担当していた領域がダイエットで、もともとやりたかったエクササイズ領域でもなかったので、転職しようとぼんやり動き出していました。

 そんな時にアプリを通して人事の侑弥さんと出会ったのがきっかけです。そのあと慶太と同じく雄哉さんに繋いでもらって選考に進んでいきました。

■雄哉と一緒に勝ち取った、2人の内定

※左から慶太、雄哉、英迪。雄哉は2人の担当面接官でした。

-お~! 2人とも雄哉担当だったのね。
【英迪】
 はい! 面接で心が折れそうになった時、いつも励ましてくれました。

【慶太】
 分かる! 自分も沢山助けられました。英迪は何で心が折れそうになったの?

【英迪】
 山下さんから、「25歳でその考え方は普通にヤバイよ」 と言われたんだよね。(笑) 今まで2回も中退してきてなんとなく仕事も見つけてきたけど、これからの将来このまま「なんとかなる」 で生きていけるわけないじゃんって言われ、グウの音も出ず…。

-それはグサッとくるね…。慶太は印象に残ってる面接ってある?
【慶太】
 これまで色んなものに手を出して転々としてきたこともあり、リバラボに入ってまた自分のキャリアを変えることに不安を覚え、辞退を申し出たことがありました。それまで黙って聞いていた亮平さんが、「分かった。でも、自分で自分の夢を絶とうとしようとしてるけどいいの? 」 と言われ、ものすごくハッとしました。本当は自分と現状を変えたくてここにエントリーしたはずなのに、それが叶わない道を選ぼうとしていると気付かされた瞬間でした

※「1回辞退を考えたけど、しなくてよかった~って本気で思います(笑) 」 と語る慶太。

【英迪】
 毎回気づきの面接だったよね! 雄哉さん始め、ここまで寄り添ってくれる面接ってないですよ。

【慶太】
 亮平さんからズバッと言われてから、何が何でもこのリバラボに入りたいという気持ちで選考に臨み、最終面談で三浦代表から「一緒に頑張ろう! 」 と内定をもらった時、雄哉さんと抱き合って喜びましたね。めちゃくちゃ嬉しかったです、もう1回ここで人生やり直せるんだって!

【きこりん・英迪】
 熱いね~!

■出来ない自分と向き合う日々と、些細な成長

-新人研修、ぶっちゃけどう? (笑)
【慶太】【英迪】
 きついです!!!!

-(笑) (笑) それはそうだよね~!
【英迪】
 これまで蓄積してきたダメな自分を変えなきゃいけないわけですから、しんどいです。この間も堀さん (新人研修担当) に「他の人は変わってるのにお前だけ全然変わってない」ってトーク研修中に言われました。(笑) でもその分得られるものや成長実感を感じられて充実しています。

 あとは寮生活なので、生活習慣が変わりました。今まで寝るのが朝5時、起きるのが正午過ぎという不規則な生活だったので、それに比べると今は0時就寝、6時起床ととても改善されたなと感じます。

【慶太】
 自分の場合は、笑顔が課題なんです~。同じく堀さんに「慶太の笑顔は、変! 」 って言われました…。

-そんなことないよ!?
【慶太】
 普段はツボも浅いし何でも笑うんですけど、トーク中はどうしても不自然になって自然な笑顔が出来ないんです。今では同期や堀さんに笑顔をチェックしてもらって、どの笑顔が1番自然で好感が持てるか勉強中です。


-これから2人はどうなっていきたいんだろう?
【英迪】
 同期の誰よりも昇格していきます、絶対負けません! 2年後は、ここで培った力を活かして起業したいと思ってます。業界は前職と同じフィットネス業界で見てます。あとは… 沖縄に帰りたいです。(笑) ここで大成長を遂げて「英迪、変わったな~! 」 と言ってもらえるように頑張ります。

【慶太】
 自分はお金など私利私欲に負けてこうやって失敗してしまったので、まずは目の前のことをコツコツこなしていくことですね。塾講師の経験からやはり2年後は教育業界に携わりたいですね。子供たちに未来を見せてあげたり経験させてあげれる場をあげたいです。具体的な場所や取り組みはまだぼんやりとしてますが、この軸をもとに2年後転職していきたいと思います。

■担当人事・雄哉からのメッセージ

 実績とスキルを身につけ、さらに飛躍するべくリバラボで新たな一歩を踏み出した2人ですが、ここまでを語る上で欠かせない人がいます。それはリバラボ人事の雄哉です。リバラボにジョインするまで彼らを1番近くで見ていた彼から温かいメッセージが届いています! 熱いナニワの男からの声援でこのインタビューを締めくくりましょう!

ひでさんへ (英迪の愛称)
ひでさんは本当に気が利くし、面倒見もよく強みを沢山持っています。でもやりたくないことや好きなことばかりに目を向けて現状と向き合う力はこれから絶対必要になります。壁にぶつかってからがスタートなので、辛いことも嫌なことも全力で向き合い、乗り越えられる2年間にしてください。そしてまたスマブラしましょう! (笑)

慶太さんへ
とにかく努力家で目の前を丁寧に取り組む姿勢は素晴らしい強みですが、時には理不尽なことでもやりきることや、泥臭くプレーすることも大事です。慶太くん! 行動は嘘をつきません、ベターではなく日々ベストな選択を!

→Click to Keita's Profile

→Click to Hidefumi's Profile


オープン / 全職種
学歴も職歴も問いません!とにかく今の現状を変えたいキャリアの迷子さん!
-再生プロジェクト- リバースラボ- 「主役になれなかった全ての若者と向き合い 世の中に貢献できる人材を数多く輩出する」 中卒、高卒、大学中退、フリーター、転職ジョブホッパー... 学歴社会からドロップアウトし、これからの未来に足掻いている若者たちに、大卒と変わりなく活躍し「キャリアの選択」をできるようになる為のフィールドを用意しています。 下記はいま取り組んでいるREBIRTH LAB(リバースラボ)の紹介です。REBIRTH(リバース)をテーマに、様々な活動を進めていきます。 http://rebirthlab.com/ ・『リバラボインターンシップ』 <雇用型インターンシップ> 中高卒やフリーター人材が大卒に負けない人材へと変わるために、実績とスキルを圧倒的に磨き上げる実践型研修プログラムを運営。2年間でセールスマネジメント、HR(人事)、エンジニアの職種で大卒エリートと渡り合える一流の人材に育てあげるサービスです。 http://rebirthlab.com/ ・REBIRTH STORY リバーススートリー ドロップアウト人材のサクセスストーリーを追いかけ、取材し配信するドロップアウトメディアの運営をしています。 http://rebirthlab.com/story/ ・MEET REBIRTH ミートリバース ドロップアウト人材たちの集いの場を提供しています。またReBirth会員へ情報提供をします。特にドロップアウトから一流のビジネスパーソンへと転身した方や、起業家の講演などを開催していきます。 ・リバラボキャリア 中高卒やフリーターの若者の転職をサポートするプロジェクトです。未経験でもハイキャリアに繋がっていく企業を主として転職をサポートしています。 https://rebirthlabcareer.com/lp/1908/ 『参考記事』 ▶人財採用と育成に力を入れている企業を紹介する「人財力100」に弊社の三浦がインタビューされました https://jinzai100.jp/interview/3backs/ ▶「リクナビNEXTジャーナル」の「プロのシゴト観」カテゴリーでご取材いただきました。代表・三浦が事業を始めた経緯や、今後の展望について語っています。 https://next.rikunabi.com/journal/20180906_d01/ ▶オフィス情報まとめサイト「みんなのオフィス」に弊社のオフィスをご取材いただき、また代表・三浦のオフィスのコンセプトや、苦労した点、空間づくりについてのインタビューも掲載されています。 https://moffice.tokyo/articles/HiYRo ▶日本経済新聞「高卒就活 旧弊に風穴」の記事で、弊社が本紙・日経電子版に掲載されました。 chttps://www.nikkei.com/article/DGKKZO35415510U8A910C1TJ2000/ ▶「ダイヤモンド・オンライン」に三浦代表のインタビューが掲載されました。 学歴・職歴がない若者を再起させる、授業料無料スクールの仕掛け https://diamond.jp/articles/-/183962?display=b ▶株式会社3Backsが2019年「ベストベンチャー100」に選出されました。 https://best100.v-tsushin.jp/company/3backs/ ▶≪アールエイチナビ≫に、三浦のインタビューが掲載されました。 https://www.rh-navi.jp/interview/detail.php?id=363 ▶≪KENJA GLOBAL≫で三浦代表のインタビュー動画が公開されました。 https://www.kenja.tv/president/detks74zb.html
株式会社3Backs
株式会社3Backs's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more