【社長が語る】起業のきっかけと事業にかける想いとは?

こんにちは!キャリアフィールドの代表、都築です。

今回は私がキャリアフィールドを立ち上げた経緯や、事業にかける想いをフィードにしてみした。







経歴

都築 裕一 (つづき ゆういち)

キャリアフィールド株式会社 代表取締役

大手人材企業の採用戦略室にてインターネット求人戦略や紙面求人媒体の選定管理などを担当。年間20万人以上の採用。

2005年3月に、「子育てをキャリアに」と「がんばる人を応援したい」をキャッチフレーズに保育専門の求人メディア企業、キャリアフィールド株式会社を設立し、代表取締役に就任。

常に考えていたのは、より効果的な求人方法

実は、はじめから「会社を経営したい」とは思っていませんでした。

キャリアフィールドを立ち上げる前は、全国300店舗ある人材派遣会社で採用戦略担当をしていました。当時、出始めたばかりのWeb広告、紙面求人広告、採用イベント、雑誌、折込、ポスティング…など様々な広告を使いました。

採用戦略担当として働いていた当時、常に考えていたのは、『より効果的な求人方法』

年間に20万人の採用に関わったといいましたが、たくさんお金を使えばそれくらいは誰でもできます。採用の業務に携わっていくなかで「既存の求人広告の掲載料は高すぎるのでは?」という疑問と同時に「採用を強化すべきは、99%を占める中小企業ではないのか!」と考えが浮かぶようになりました。



起業のきっかけは、自腹で始めたweb広告の求人サイト

高すぎる従来の求人広告に対し疑問を抱えていたタイミングでちょうどweb広告が誕生し始めました。

「これを利用すれば新しい展開があるかもしれない。」

今では当たり前のようにさまざなWeb求人メディアはありますが、当時は、大手の人材会社のトータル求人メディア以外はありませんでした。

会社に提案するつもりで、自腹を切って、Web求人メディアをつくりました。

『保育業界に特化した求人メディア』といった切り口で展開し、
掲載数が順調に増えたことから、これを事業に専念したいと思うようになりました。

起業を考えたのは、こういった状況になってからです。
はじめから会社を経営していこうとは思っていませんでした。

現在では、求人メディアだけではなく採用から教育まで業界に特化したトータルサポートを行っています。

「真剣に働きたいヒト」を応援したい!それが保育業界に特化している理由。

保育業界に的を絞ったいちばんの理由は、「真剣に働きたい女性」を応援したかったということ。(現在では、男性とか女性とか性別で分ける時代ではありませんが…)

前職で、誰よりも頑張っていて実力もある女性が
経歴や自信がないためになかなか活躍できない現状を目にしていたためです。

頑張っている女性が、日の目を浴びるチャンスがない。
頑張って実力を発揮しているのなら、きちんと評価されたいですよね。

未経験者が経験を積んでいくための場を提供し、
「女性がいっそう活躍をするための手助けをしたい」、という想いで
女性の多い保育業界の支援をしてきました。また少子高齢化が加速する今後において、労働人口の確保に女性の活用は、日本の社会課題であるとも考えていました。

だから社内でも、想いがあって、正しい努力ができるのであれば、性別や年次に関係なく成長のチャンスを提供したいと考えています。

現在キャリアフィーㇽドでは、社長直下のインターン生を募集しています!

興味がある方はぜひ下のリンクにある募集記事から、’話を聞きにいく’をクリックしてみてください!


キャリアフィールド株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings