1
/
5

【地方学生必見】WantedlyとAirbnbがコラボレーション! 宿泊費が半分に!?

こんにちは☆ウォンテッドリー広報チームです。

本日、Airbnbを利用した地方学生向けのキャンペーンを開始いたしました!!

キャンペーン概要

今回は、2017年3月8日(水)から2017年3月31日(金)の期間で、「Wantedly」を利用している地方から就職活動で上京する学生、先着20名を対象に、最大1週間分の宿泊費を50%キャッシュバックさせていただきます。



キャンペーン実施の背景

シゴト交流サイト「Wantedly」は、現在10万人を超える学生ユーザーに利用されており、昨年2016年では1万4千件以上の学生向けの募集が掲載され、インターンシップや就職活動にも利用されるツールの一つになってきています。

ウォンテッドリーでも年間100名以上の学生インターンを受け入れています。その中には地方の学生も多く、インターンのために上京してもらう際にはAirbnbを利用し、地方学生の宿泊場所を確保してきました。

地方学生にとって、交通費や宿泊費の負担は大きく、「Wantedly」を利用する地方学生が不利になることなく就職活動を行えるよう、この度Airbnbと力を合わせ、地方学生をサポートすることが決定しました!

実際に、サポーターズが行なった調査※によると、地方学生の就活にかかった平均費用は関東学生の平均と比べて約6万円も高く、27.3%が就職活動のために5回から10回上京し、43.9%が2日から3日滞在していると回答しています。

今回、春休みのインターンや就職活動が活発化してくる時期に合わせて、Airbnbを利用したキャンペーンを実施することで、地方学生にも均等にチャンスを与えたいと考えています。

是非、この機会に積極的に都内の企業に遊びに行ってみてくださいね。

Wantedlyでも、Wantedlyのメンバーと一緒にランチに行ってみたい学生の皆さんをお待ちしています。詳しくは以下の募集を御覧ください!


エンジニア学生
エンジニア学生の皆さん!Wantedly社員とのランチ会にきませんか?
ウォンテッドリーは、『シゴトでココロオドルひとをふやす』ために、はたらくすべての人が共感を通じて「であい」「つながり」「つながりを深める」ためのビジネスSNS「Wantedly」を提供しています。 私たちは「ココロオドル」瞬間とは「没頭して取り組んでいる」瞬間と定義しています。 その没頭状態に入るには、内なるモチベーションを産み出す3要素が重要と考えています。 ・自律:バリュー(行動指針)を理解していて、自分で意思決定しながらゴールへ向かっている状態 ・共感:ミッションを有意義なものであり、その達成が自分の使命と感じられる状態 ・挑戦:簡単/困難すぎないハードルを持ち、成長を実感しながらフロー状態で取り組んでいる状態 この要素に基づき、下記のプロダクトを開発しています。 ・「共感」を軸にした運命の出会いを創出する会社訪問アプリ「Wantedly Visit」 ・働き手同士のつながりを深めるつながり管理アプリ「Wantedly People」 2020年より従業員の定着・活躍を支援すべく提供開始したEngagement Suite ・新しい福利厚生「Perk」 ・モチベーション・マネジメント「Pulse」 ・社内報「Story」 目下の目標は全世界1000万人のユーザーにWantedlyを使っていただくこと。 そのため海外展開にも積極的に取り組んでおり、シンガポールに拠点を構えています。
Wantedly, Inc.


※株式会社サポーターズが2017年卒業見込みの日本全国の大学生545名を対象に行った、就職活動に関する実態調査 https://voyagegroup.com/news/press/676-2/

Wantedly, Inc.では一緒に働く仲間を募集しています
35 いいね!
35 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング