採用ミートアップを手軽に開催するには?集客媒体や事例も紹介

「ミートアップという採用手法について聞いたけどよく分からない」、「ミートアップの効果的な運用方法が知りたい」と悩む採用担当者は多いものです。本記事では「ミートアップとは何か」からメリット・デメリット、具体的なやり方まで紹介します。ミートアップを採用活動にうまく取り入れることで、質のいい採用母集団を形成することができます。

ミートアップとは

ミートアップとは、共通の目的を持った人たちで集まる交流会のことです。主催者がイベントのテーマや日程をSNSなどで告知し、テーマに興味を持った人たちが集って交流します。参加者にとっては、コネクションが作れることも魅力となっています。

もともとは2002年にアメリカのミートアップ社が作った造語で、ミートアップ社提供のプラットフォームのことでした。現在はこういったイベント自体をミートアップとよぶようになっています。

ミートアップは、2015年頃から採用手法の1つとして取り入れられ始めました。集まった人たちとの交流を通じて自社の魅力を直接伝えることができるため、「採用ブランディングが低コストかつ手軽にできる」と注目されています。

採用手法としてミートアップを行う場合、開催方法は大きく分けて3つあります。参加者同士が交流する「交流会型」、エンジニア採用などに効果が期待できる「勉強会型」、企業説明ができる「説明会型」です。欲しい人材像などによって使い分けたりそれぞれの要素を組み合わせたりして開催します。

採用でミートアップを開催する企業が増えている理由

採用活動の一環でミートアップを開催する企業が増えている背景には、少子高齢化にともなう採用難があげられます。いい人材は待っていても来てくれません。採用ブランディングを意識し、こちらから積極的にアプローチしていく必要があります。

そのため情報発信の手段として、転職潜在層へ働きかけられるミートアップが増えてきました。ミートアップは、記事やSNSでの発信よりも、直接的に企業の魅力や雰囲気が伝えられます。

若手人材やミレニアル世代はキャリア観が多様化し、条件より企業のミッション、カルチャーや働きがいを重視する傾向にあります。ミートアップを通じて、記事や募集要項だけでは伝わりきらなかった自社の魅力を感じてもらうことが可能です。

採用でミートアップを活用するメリットとデメリット

メリット

自社のファンを増やすことで採用の母集団を形成できる

ミートアップは社員と参加者が実際に会って話すことで、相互理解が深まりやすくなります。成功させるポイントは、1回につき10名ほどの小規模開催にすることです。一人ひとりとしっかり交流できるので、ファン獲得につながりやすくなります。1人ファンを獲得すると、知人に紹介してくれる可能性があるためファン層を拡大していけるかもしれません。

また、ミートアップを開催することで「自社に転職する気がなかった転職潜在層」にアプローチができます。ミートアップのメディアによっては、ユーザーのプロフィールが確認できるので、ユーザーが興味を持ちそうな勉強会を直接案内するのもおすすめです。

ファン獲得のために、参加者にとってメリットのある会にすることが大切です。魅力的なテーマ選定によって参加者が増え、通常のの選考では出会えなかった人材とつながることができます。カジュアルなミートアップは参加ハードルが低いため、参加者の転職意欲は高くありません。ミートアップ終了後は丁寧なアプローチを意識しましょう。

会社のカルチャーを伝えるのに適している

ミートアップでは社員と参加者が交流できます。面接よりリラックスした雰囲気でやり取りするため、会社のカルチャーを感じてもらいやすいことが魅力です。会社のマネージャー職や経営者が出席し参加者の満足度を上げている企業や、軽食だけでなくお酒をのみながら会話を楽しんでいる企業もあります。

「会社の雰囲気を伝えるのが難しい」と悩んでいる採用担当者は多いものです。ミートアップで社内の様子を見せると、写真や文章で分かりにくい会社の雰囲気が伝わりやすくなります。社内で開催すれば会場費もかかりません。限られた時間と人手で会社を知ってもらうことができます。

デメリット

業務負荷が高い

デメリットは業務負荷が高いことです。「企画立案」と「集客」は業務負担が大きく、当日イベントの運営のための人員やスピーカー(モデレーター)の確保も必要です。

企画の負荷を低くするために、反応が良かった企画を定期的に回していくやり方がおすすめです。複数回同じ会社の、採用に関連するミートアップに参加する人はあまりないので、必ずしも毎回新しいテーマを考える必要はありません。

ミートアップは人が集まることで成り立つので、集客には力を入れたいところです。SNSにくわえ、ミートアップに適した告知媒体を選定しておきましょう。ミートアップは継続して開催していれば、評判が広まり、参加者も集まりやすくなっていきます。

ミートアップを手軽に開催する方法

ミートアップの開催方法は全部で5ステップです。

 

ステップ

内容

ポイント

1

テーマを選定

・誰をターゲットにし、どんな感想をもって欲しいか、から逆算してテーマを決める

2

告知

・日程と会場を決め、自社からの参加者をおさえる

・集客用ページの作成(使い回しも可能)

・オウンドメディア、SNS、ミートアップのメディアなどを利用

3

参加者を選定

・参加者は10~20名ほどにしぼる(抽選制を採用)

4

開催

・参加者だけが聞ける独自の情報を用意

・会社の雰囲気が伝わる場所で開催

・懇談会が盛り上がっているならコンテンツはカットするなど場の雰囲気に応じて内容を変える

・経営陣や役員にも参加してもらう

5

継続開催

・継続的に開催することが成功の秘訣

・参加者がSNSで拡散したら自然に認知度アップ

・短期的に結果が出るものではないため応募数・満足度・採用数を求めすぎず、長期的視点をもつ

 

オンラインで実施する

ミートアップを手軽に開催する方法は「オンライン開催」です。地域に関係なく参加してもらえ、お昼時を狙うこともできます。日本ではオフラインのミートアップが主流でしたが、海外では以前からオンラインミートアップが行われています。アフターコロナ後の日本でもオンラインミートアップは定着すると考えられています。

オンライン開催であれば、会場の設営をしなくて済む他、当日の運用コストも減ります。また参加のハードルが下がるため、参加者も集まりやすいです。

ミートアップのメディアで集客する

Wantedly

Wantedlyでミートアップの集客を行うことができます。

募集記事の作成方法とほぼ同じなので、今までWantedlyを使っていた方なら簡単に告知記事の作成ができます。

イベント応募者とは個別にメッセージでやり取りすることもできます。応募者にラベル付けしたりメッセージを一括送信したりできるので、定員に対してエントリー数が多いときでも手間がそれほどかかりません。

https://www.wantedly.com/about/list

 

connpass

connpassはIT勉強会支援のプラットフォームです。エンジニアの登録が多い傾向にあります。エンジニアの参加を集めたい場合は、活用を検討すると良いでしょう。

参加したユーザーは自動的にグループメンバーに記載され、アンケート回答も閲覧できます。iPhoneアプリもリリースされているのでユーザーにとっても使いやすいサービスです。

https://connpass.com/

 

Meetup

Meetupは「ミートアップ」という言葉の語源となった世界最大級のローカルコミュニティ交流プラットフォームです。2002年に誕生し、世界180カ国2,700万人が使用しています。2015年10月から日本語で利用ができるようになり、日本では17万人以上が利用しています。

イベントを開催するのは有料です。メンバー数に制限がないプランは、6カ月契約の場合、月額4.99ドルからで日本円にして約600円です。

ユーザー数が多いのが強みでしょう。

https://www.meetup.com/ja-JP/

成功事例に学ぶ採用ミートアップのポイント

キャディ株式会社

製造業の受発注プラットフォームを提供しているキャディ株式会社は、半年間でミートアップの参加人数1,000人を達成したことで知られています。

2019年12月に『WANTEDLY VISIT AWARDS 2019』で「Selection賞(求人・ミートアップへのエントリー数が多く、Wantedlyユーザーからの高い人気を集めた企業に贈られる賞)」を受賞しました。

2018年12月の資金調達後、採用活動に注力し頻繁にミートアップを開催しています。2019年度は40回開催しており、1カ月で10回以上開催したり、月~土まで毎日開催したりする週もありました。

ミートアップごとにアイスブレイクを徹底し、チャットで盛り上げ、zoomのブレイクアウトルーム活用によって参加者とより深いコミュニケーションを取ることにも成功しています。

 

メルカリ

フリマアプリ「メルカリ」運営の株式会社メルカリは、2016年に採用活動でミートアップを取り入れました。メルカリは質の高いイベント構成によりミートアップが成功しているお手本です。

メルカリはエントリー時にフォームで「職種」や「社員に聞きたいこと」などをヒアリングしています。それによりテーマに関心の強いメンバーを集めることができ、来場者同士の話が弾みやすくなっています。

ミートアップ取り組み開始後10カ月で、のべ700人以上が参加しました。メルカリファンが増えたうえ、参加者のつながりから採用に至るケースまでありました。現在も「半年や1年という中長期的な目線でファン作り」を目指していて、月3回ほど開催しています。

著者プロフィール

藤本聖子

Writer

大学卒業後、大手人材総合サービス企業で法人営業を担当。IT系ベンチャー企業や大手企業の人事部に人材活用の提案を行い、社内賞を複数回受賞。独立後、スカウトメール送信代行や求人広告作成などを経験。採用活動や転職活動のノウハウ記事なども執筆。猫が好き。

タイトルとURLをコピーしました