1
/
5

トレーニングの達人 永島 孝尚さんを 訪ねました!

今回はアプコグループジャパンで誰よりも存在感のある永島孝尚さんに会いました。永島さんはアプコグループジャパンのトレーニングマネージャーです。皆と同じく現場のマーケティングから始まり、オーナーまで昇進して活躍した方です。

元々、人に教えるのが上手だった永島さんは現在、新人の研修やオーナー達がオフィスをきちんと経営出来る様にサポートしています。アプコのメンバーは仕事でコミュニケーションがうまく出来ない時に永島さんのところへ行って相談を受けます。

不思議なのは永島さんと話したら皆がすっきりしていることでした。今回、永島さんがどんな考えを持っているのか、相談する時になにを意識して聞いているのかをインタビューしてみました。

Q : 永島さんが考えるアプコに適した人材はどのような人ですか?

永島さん : アプコのシステムを理解して素直に実践する人です。このビジネスを始める時にセールススキルは不可欠です。

ただ、セールスのことばかり考えて行動するとビジネススキルの向上は難しいと思います。セールスの数やオーナー昇進を目的にするのではなく、アプコのビジネスオーナーという昇進システムを活用して自分のやりたいことを目的に出来る人が向いていると思います。

Q : 自分のビジネスが出来る様になる、とあるんですがそれは本当に可能ですか?

永島さん : 自営業を起業する人って一人で全部やらなきゃいけないですよね?アプコはバックオフィスがあってビジネスを進める為の細かい部分をサポートしてくれるんです。

私自身がビジネスオーナーとして活動している時にこんなサポートがあったら助かるのにな~、と感じていた部分を現在の仕事にしています。

自営業の場合、経営者は孤独ですから経験者に相談出来たり、サポートがあったりというのは非常に心強いと思います。同じ社内なので無料で相談出来ますしね。リスクはとても少ないと感じています。

Q : アプコの渋谷オフィスは他の支店より女性が多いですよね?今頑張っている女性メンバーに一言お願いします。

永島さん : 現在日本のアプコには女性オーナーが居ません。それをすごくチャンスだと思って頑張って欲しいです。アプコで働いている女性たちは男性に負けないくらいパワフルな人が多いです。

ビジネスオーナーで活躍する女性が存在すれば新しい女性メンバーの希望となります。海外のアプコで女性が活躍している国はとても花があって元気です。日本でも女性の経営者にどんどん活躍して欲しいですね。

Q : 永島さんは人の相談を受けている時に何を意識していますか?

永島さん : 一番気を付けているのは「否定しないこと&まずは話を全部聞くこと」です。

自分の意見を挟まずに全部聞いて、そのあとに相手の相談レベルに合わせて答えていきます。相談してくる人たちが求めている事の多くは客観視点です。なるべく相手の分かりやすい「例え話」をチョイスして答え、理解度をチェックしながら進めていきます。

そして、相談した後に必ずミッションを提案します。それによって相手もただ話を聞いただけで終わるんではなく、行動に移せるようになっていきます。

成長したい為に相談してくるので、成長を実感出来るような行動目標を一緒に立てています。年齢や性別に関係なく人の成長に立ち会えることが私の一番のやりがいです。

アプコグループジャパン株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング