1
/
5

あびらぼ「オリジナル災害食レシピ&えほんをつくろう!」企画

共催イベントレポート


■ イベントについて(2019年10月 開催)

「防災や復興、まちづくりにおいて、子どもたちにとっても身近なものである”食育”という観点から学ぶ機会を創りたい」という思いから、この共催イベントの企画が始まりました。

参加者は、小学校1年生〜中学3年生までの子どもたち。自分たちで役割分担し、事前に町内農家さんや商店から材料を調達。オリジナルレシピも合わせて考えました。イベント当日は、トマトチーズリゾットなど実際に調理を体験。みんなで美味しくいただいた後、クックパッドさんによる絵本づくりワークショップを開催しました。

完成した絵本はクックパッド有料会員様にお届けする予定でしたが、”#コロナに負けるな”という想いを込めてweb上でも無料公開されることになりました!


■ 安平町とは?

安平町は「北海道の玄関口」である新千歳空港から車で20分、札幌市から1時間、千歳市・苫小牧市などの中規模都市から30分と距離が近く、生活の利便性が高い町です。

地域コミュニティの結束が強い一方で、移住者を温かく受け入れる文化もあります。また、国内有数の馬産地でもあり、近年の有名な競走馬であったディープインパクト(2019年7月 死亡)、キタサンブラックが余生を過ごしています。

2018年9月6日深夜3時7分、北海道胆振東部地震により大きな打撃を受けました。「復旧」ではなく「復興」を掲げ、官民一体となって「みんなで未来に駆けるまち」づくりに励んでいます。


■ 「あびらぼ」とは?

”好奇心のトビラを拓く”をキーワードに、「教えない放課後教室」として北海道安平町から事業委託を受けて運営している公営塾。

今年度はオンラインでの開催を予定しております。

■社員インタビュー 一覧

■教育に関する主な記事

安平町で取り組む教育事業MOVIE公開 | 株式会社FoundingBase
FoundingBaseは新たに安平町の地上一般放送「あびらチャンネル」の運営を開始しました。番組内では、「安平の日常を切り取り、価値あるコンテンツとして、町内外に届けること」を軸に、町内で行われてる出来事等をご紹介。番組を通じて「町を"自分ごと化"する町民」や、「安平町に関心を持つ町外の人」を増やすことを目指しています。 あびらチャンネルの一Contentsとして、弊社が安平町で取り組む教育事業についての紹介MOVIEを制作。 FoundingBase教育事業では 「3つのトビラ」をテーマにしており、子
https://www.wantedly.com/companies/foundingbase/post_articles/259842
教えない放課後教室「あびらぼ」
新型コロナウイルスによる感染症につきまして、罹患された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い回復と事態終息をお祈りいたします。    【おうちdeあびらぼ、はじめます。】    みなさま、ご無沙汰しております。あびらぼの河嶋愛基です。    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2月末から休講していたあびらぼ。 それ以降、更新が滞っており、失礼いたしました。    気がつくと、あれからもう2ヶ月... これまでの「当たり前」が、変わりつつありますね。    ウイルスとの戦いは、まだまだ続くか
https://www.facebook.com/abilab2019
株式会社FoundingBase's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more