This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

コーポレートIT担当として会社の成長を支える兼松さんに「聞いてみた」

みなさんこんにちは、エンジニアの平木です。気になる社員の人となりはもちろん、気になる社内のプロジェクトや仕事など、メドレーのあれこれを直接聞いてみる「聞いてみた」シリーズ。

今回は、社内システムの企画・構築や情報セキュリティ(メドレーでは「コーポレートIT」と呼んでいます)を担当している兼松さんに話を聞きました。

大学生の時からコーポレートITの仕事がしたかった

(平木)早速ですが兼松さんって、どういうキャリアで現在のコーポレートITという職種にたどり着いたんですか?

(兼松)実は僕、学生のときからコーポレートIT職を希望していたんです。

(平木)えっ!!!?珍しくないですか。正直、コーポレートITって、会社に属して存在を知って、たまたま配属されてから興味を持って専門家になるという人が多いような…

(兼松)珍しいですよねw もともと学生の時に、IT系ベンチャーでインターンというか、丁稚奉公をしていて。そこの会社で、周囲から頼りにされているコーポレートIT担当の仕事を見て、面白そうだなと思って。

(平木)なるほど、そこから既にコーポレートITを意識したんですね。

(兼松)学生は文系専攻だったんですけど、コーポレートITがやりたいなと思って就活をはじめたんです。でも、だいたい新卒での情報システム部門枠って理系採用が優先されちゃうんですよ。それであれば情報システム部門の業務に近い経験を積んでおこうと思って、親会社のシステム設計構築・運用機能を担っているSIerに入社しました。

(平木)そこでは普通に開発やってたんですか?

(兼松)最初の3-4年は、エンタープライズ向けのITインフラの設計構築・プロジェクトマネージャなんかをやっていました。その後、異動して大手総合商社のコーポレートITを任されることになりました。この異動先が少し変わっていて、顕名代理という法的な権限をもった代理組織で働いていて、実質、その商社の社員とほぼ変わらない権限や働き方で、社内ITに携わりました。

(平木)面白い!

(兼松)1社に属しながら、2社分経験したような感じで。その商社で社内ITの企画や施策推進、運用統括に3年ほど携わったあと、もっと色々な会社の社内ITの姿をみてみたいなと思って、コンサルティング会社に転職しました。

(平木)一つの社内に入ると、どうしてもそこばかりになるもんね。

(兼松)そうなんですよね。アビームではIT構想立案や施策推進支援などのコンサルティングに携わっていました。いずれ、自らコーポレートITを統括していくためには、もっとリスク管理の面も経験しておきたいと思って、リスクマネジメントコンサルティングの実績も多いデロイトに転職して、サイバーリスクコンサルティングに従事しました。

会社のコーポレートITにイチから携わりたい

(平木)本当に、コーポレートITに必要なスキルを転職してどんどん身につけてきた感じですよね。

(兼松)学生のときに「これだ」と思ったのに加えて、商社でコーポレートITの経験をしたのは大きくて。一から自分で企画して、推進して、運用するという仕事自体とても面白かったし、会社の仕組みの一部を企画して、社員という身近な人達に喜んでもらえるのも嬉しかった。そういう過程で、自分が「コーポレートIT職に向いてるなあ」と思えたんですよね。いろいろ経験を積んだあと、将来的には社会への貢献性が高く、これから伸びていくであろう会社で、イチからデザインしていきたいなあと思っていました。

(平木)その目標に向かう地肉になるキャリアパスをしっかり描いてきたと。

(兼松)もちろん途中で迷うこともありましたけど、結果振り返るとそんな感じですねw デロイトで経験をつみながら、そろそろ自らコーポレートITを手がけていきたいと考えていた時に、たまたまメドレーの筋肉ブログ(※)を見つけまして。

(平木)筋肉ブログw  

※註:マーケティング統括責任者の田中による入社理由ブログ。

(兼松)ちょうどジムに通っていて、筋肉へのアンテナが高まっていたこともあってw 募集自体はコーポレートITではなかったですけど、自分と同い年の人が代表をやっていたり、医師が社内に何人もいたり、元Googleエバンジェリストとかとか、個性豊かなプレイヤーがたくさん揃っているという記事を見て、興味が湧いたのがキッカケですね。コンサルもやっていたし、ビデオカンファレンスの企画推進とかもやったことがあるし、オンライン診療アプリ「CLINICS(クリニクス)」の導入支援にも経験が活かせるのでは?と思って、応募したのが最初でした。

(平木)おお、じゃあ最初はコーポレートITという職種でというより、会社の文化や事業に興味があったんですね。

(兼松)コーポレートITの募集自体は、実はその時オープンになっていなくって。この規模の会社だったら将来的に必要になる機能だろうし、そのための組織を作るだろうという考えで、まずは他職種に応募したという……。それで導入支援のメンバーとして選考が進んでいたんですが、最終面接で「この経歴を活かして、コーポレートITをやってくれないか?」って代表が提案してくれて。いや、実は入ってからやろうと思ってたんですよと答えて、コーポレートITでの採用となりました。

(平木)読み通りになったとw

本質的に価値があることを考え、デザインしていく

(平木)メドレーに入ってみてどういう印象ですか?

(兼松)いままで大企業や官公庁のコーポレートITばかりだったので、スタートアップという意味でびっくりすることがたくさんありましたねw 「こういうものだ」という常識を捨てて、本当にあるべき状態は何かと考えるようになったというか。すごく基本的なところで言うと、例えば「ネットワークの境界にファイアウォールはあって当たり前」だったりするけど、本当に必要なの?なかったら具体的にどうなるの?というところとか。固定観念とか社内政治とかじゃなくて、本質的な合理性を徹底的に考えて決めようという意識がさらに強くなりましたね。

(平木)ターニングポイントになったと。そんな兼松さんが今後メドレーでやっていきたいことは?

(兼松)社内の情報の流れをコントロールしていきたいですね。CIO(Chief Information Officer)ってそういうことだろうと。社内からムダを無くし、ムダが生まれないサスティナブルな仕組みを作るべきだと思ってます。ムダっていっても、例えば、不要なコスト、思考の邪魔、情報探す時間、共有の手間、手戻り、人的リソース等々、色々ありますがそれ全部です。すべての出来事が起こる基盤として、そこに記録して、資産にしていければなと。いろんなところに点在させずに一元化することで、情報の透明性も確保できますし、情報統制も容易になると思っています。

(平木)一カ所を見れば済むという状態になれば、新しく入った人が情報をキャッチアップするのも楽だもんね。こうして話してると、俺らみたいなエンジニアよりもコーポレートITの方が、社内とのコミュニケーションが密な感じがしますよね。

(兼松)エンジニアの視点も持ったコーポレート機能、という感覚ですね。その領域の知見を持ちながらも、コーポレート部門の視点で、社員の働く基盤や事業の発展を支える仕事。毎日変化に溢れていて、今は職業人生のなかで一番楽しいです。っていうと、10年後とかどうしようか考えないといけないですけどw

(平木) 次のステップとして、コーポレートITを拡大するために採用活動も始めてますよね。どういう人がコーポレートIT職に向いてると思いますか?

(兼松)コーポレートITの役割は大きく2つに分けられていて、まず1つは社員へのユーザーサポートやキッティング、資産管理という運用機能。もう1つは、未来の体制にふさわしい環境を作って行くという企画機能です。前者は人に喜んでもらうのが好きな人、後者は、組織開発への関心やITで何が変えられるかに興味がある人が向いていると思います。テクノロジーそのものというよりも、それを使って業務や組織がどう変わるのかということを考えるのが好きな方ですね。

(平木)エンジニアだと、技術そのものに興味がある人も多いですが、技術をいかに使うかということか。

(兼松)そうですね。コーポレートITの場合は、コモディティ化されていて自社開発メリットの少ないものもあるので、優れた外部サービスを買うべきものも多いですし。あとは日々の運用を粛々とやりつつも、組織の拡大を喜んで、その拡大に必要なサポート体制って何だろうと考える未来志向な人が向いていると思いますね。そういう方、お待ちしています!

(平木)深くていい話だなあ…って、むっちゃ宣伝ww

(兼松)情報セキュリティやネットワークって世の中ではホットトピックスですけど、そういうバックグラウンドの人って世の中に少ないんですよね。

(平木)ネットワークエンジニアも少ないけど、セキュリティエンジニアはもっと少ないよね。

(兼松)かなりテクニカルですがセキュリティの仕事の醍醐味を知るためには「プロフェッショナル仕事の流儀」で放送された、サイバーセキュリティ技術者・名和さんの回がオススメです。

次世代のエクセレントカンパニーを創る一翼を担いたい

(平木)ちなみに休日って兼松さん何してるんですか?

(兼松)もっぱら今は育児ですねえ。あとは家事とか…子供が小さいと、自分の時間はなかなか取れないですよね。寝かしつけながら本を読んだりとかしてます。

(平木)一番可愛い時だろうけど、大変ですよねえ。仕事に必要な情報収集とかってどいういう風にやってますか?

(兼松)セキュリティに関しては、Twitterでセキュリティ関連の著名人やニュースサイトのアカウントフォローして、毎日見るっていう。セキュリティで大きな事件があるとそれをみて、うちはこれをやらないとまずいなということをピックアップする。脆弱性情報とかも通勤の時にチェックしたり。最新のソリューションとかはキュレーションアプリ使って情報収集したり、ニュースサイトをみたりしてますね。

(平木)セキュリティは本当に日進月歩だったりしますしねえ。

(兼松)あとは昔の同僚に聞いたりとかもするけど、ベンチャー向きと大企業向きってまた違うと思っているので、ベンチャーのコーポレートITや情報セキュリティ担当の方とかにもネットワークを広げていて、情報交換しているところです。

(平木)確かにニュースサイトに出ている商品なんかも、中小規模向けのサービスってなかなかないよね。

(兼松)そうなんです。ゼロベースで考えないといけないことも多いですが、これから成長フェーズの会社で、日本の医療介護業界になくてはならない存在になろうと挑戦している会社の成長の一翼を担い、創り上げていけるのって魅力的ですよね。メドレーだと徹底的に考えてムダがないことを好む企業文化があるから、ITの本来の価値に真っ正面から向き合えるのも良さです。大企業のいわゆる情シスに関わっていたときって、社内政治的な調整や他の本質的ではない理由から、あれこれロジックを組み立てたり、結果的に妥協案に落ち着くことって結構多かったなぁと。

(平木)おお、そうなんだ。

(兼松)大きい組織にはそれぞれの事情や背景があり、そう落ち着くのはそれはそれで現実解ではあるんですが、でも、”IT”の本来の目的って、生産性を高めるためのものであって、その視点で素直に向き合って捉えると、変なことが起こっているなって思ってたんですよ。いわゆる情シスって、保守的だったり、ステークホルダーの要求に応える受け身であることが多いという一般的なイメージがあるのは正直なところです。そういうマーケットのイメージを変えていきたいと思ってます。

事業の多くがIT化されているインターネットベンチャーだからこそ、その社内の情報を統べるCIO機能がとても重要だと思っていて、パラダイムシフトっていったら大げさかもしれませんけど、これまでの考え方に代えて、新たに主流となる考え方をつくっていきたいなと。CTOの平山とも、未来の「エクセレントカンパニー」を創る、新たなCIO像の話をしたりしています。

参考:CTO平山が考える「エクセレントカンパニー」

(平木)例えば「Rubyエンジニア」みたいな感じの概念として、コーポレートITに携わる人のカテゴリがあればいいのかもしれないよね。

(兼松)そうですね。サービスを作るのや、コンサルティングも面白いけど、コーポレートITを通じて組織発展の基盤づくりや組織開発をするのもクールだな、と感じる人が増えてほしい。能動的に考えて社内からあらゆるムダをなくすことを醍醐味として楽しめる人に、ぜひジョインしてほしいなと思います。

《メドレーからのお知らせ》

メドレーでは、こんな兼松とともに会社のコーポレートITを創り上げていくメンバーを募集しています。まずは兼松と一度話してみたいという方も大歓迎です。ご興味ある方、ご応募お待ちしてます!

コーポレートIT
会社の未来をデザインする「コーポレートIT」担当・リーダー候補を募集!
|インターネットを通じて、医療ヘルスケア分野の課題を解決する 私たちは、社会に欠かせない医療ヘルスケア分野の課題解決をミッションとしている会社です。 医療ヘルスケア分野において、これまで活用されてこなかったインターネットの力を通じ、 山積する問題解決を行っていくことを目指しています。 現在は、 ・医療介護分野の人材不足を解消する国内最大級の医療看護系求人サイト「ジョブメドレー」 ・スマホで医師の診療が受けられるアプリ「CLINICS(クリニクス) ・日本の医療リテラシー向上を目指す、500名以上の協力医師によるメディア「MEDLEY」 ・口コミで探せる介護施設の検索サイト「介護のほんね」 という4つの事業を運営しています。 医療介護分野に関して、消極的なイメージを持つ方は少なくないかもしれません。 しかし、納得できる医療の実現は充実した人生を送る上で非常に重要であり、ひとの幸せに大きく影響するものだと私たちは考えています。 これからも私たちは、事業やサービスを通じて、医療や介護に対する意識や行動を 変えていけるよう、全社員が一丸となって努力を続けてまいります。
株式会社メドレー
株式会社メドレーでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
20 いいね!
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
20 いいね!
Df5cd711 21e5 4718 9953 eb587c54e500
株式会社メドレーに遊びに来ませんか?
こんにちは、メドレーの平木です。最後までお読みいただきありがとうございます。 もしメドレーのコーポレートITにご興... さらに表示
Df5cd711 21e5 4718 9953 eb587c54e500
株式会社メドレーに遊びに来ませんか?
こんにちは、メドレーの平木です。最後までお読みいただきありがとうございます。 もしメドレーのコーポレートITにご興味持っていただけたなら、一度弊社に遊びに来てみませんか? ご応募お待ちしております。
5e043cc0 02c6 4ba5 8ec7 a1df754e1099?1512027347
コーポレートIT

会社の未来をデザインする「コーポレートIT」担当・リーダー候補を募集!
他の募集を見る

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon