【目次付き】Wantedlyの技術をゴゴゴッ!!と詰め込んだWANTEDLY TECH BOOK5を技術書典で頒布します!

こんにちは、Wantedly Peopleのエンジニア兼Wantedly執筆部の坂口(@wakwak3125)です。

2018/10/8(月)に開催される技術書典5にて、WANTEDLY TECH BOOK5を頒布します!


サークル詳細はこちら。チェックお待ちしております!


100年に一度の出来のWANTEDLY TECH BOOKが出来上がりました。

WANTEDLY TECH BOOKはプロダクトを開発する会社としてどのようにして技術によって問題を解決しているか、ということを世の中に発信したいという目的のもと執筆されています。

Wantedly執筆部では過去にも

  • WANTEDLY TECH BOOK
  • WANTEDLY TECH BOOK2
  • WANTEDLY TECH BOOK3
  • WANTEDLY TECH BOOK4

を技術書典で頒布してきました。
初回の技術書典から5回目の今回まで、すべて参加させていただいています。
皆勤賞です。皆勤賞!すごい!

そしてとうとう5回目の技術書典となったわけですが、毎回楽しいイベントを主催してくださる運営の方にはとても感謝しております。

さて、そんなWANTEDLY TECH BOOK 5ですが、Atomic Designを実際のプロダクト開発に取り入れた話、サービスメッシュの話、A/Bテストの際の注意点、話術など幅広い内容が含まれたものになりました。

■表紙

今回の表紙はWANTEDLY TECH BOOK 5(ゴ) ということでゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴといった感じです


■目次

第1章 iOS で実装する Atomic Design [iOS]

第2章 Sourcery で実践するメタプログラミング [iOS]

第3章 おれがいまからAndroidアプリをつくるならこうしたい(夢)[Android]

第4章 サービスメッシュに取り組むモチベーション [Infra]

第5章 Golang Application Setup Guide - 2018 Fall [Backend/Golang]

第6章 巨大企業による分散データベース技術の発展 [Infra]

第7章 機械学習をサービスインするために悩んだこと [Machine Learning]

第8章 グラフと機械学習 [Machine Learning]

第9章 A/Bテストをやるときに気をつけていること [Growth]

第10章 技術が全くわからない人と楽しくお話する方法 [Communication Skill]


といった内容になっております!
執筆者数10人、総ページ数140ページとなり、どれも面白い内容です。

当日の配置

当日は上記マップのき20でお待ちしております!
お時間ある方はブースでいろいろとお話できればと思うので、ぜひお手にとっていただければ嬉しいです。

それでは会場でお会いできることを楽しみにしています!

Wantedly, Inc.'s job postings
Anonymous
D17670b8 f9c5 4766 8864 b663ab500bc9?1541712431
Picture?1523123846
55fed19d 10d0 422f b08e 8765acf21514
Ec6a78c0 d2ac 4778 a03f 4a3fb9feffef?1536650225
26fadf78 080a 4b04 959b 35e56aaedcf0
30 Likes
Anonymous
D17670b8 f9c5 4766 8864 b663ab500bc9?1541712431
Picture?1523123846
55fed19d 10d0 422f b08e 8765acf21514
Ec6a78c0 d2ac 4778 a03f 4a3fb9feffef?1536650225
26fadf78 080a 4b04 959b 35e56aaedcf0
30 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon