親子で都市と地方を行き来。デュアルスクールをはじめた理由

●子どもは小学校・私はサテライトオフィスで過ごす2週間

(2016.10 徳島県にある日和佐小学校の校外学習にて。薬王寺が見える(提供:時事通信))

こんにちは、ヒトカラメディアの杉浦です。ただいま私は徳島の南部に位置する美波町の戎邸におります。「また徳島のサテライトオフィスでリモートワークですか〜。」とお思いのそこのアナタ!今回は違うんです!全国初・徳島発の「デュアルスクール」のモデル化事業の第1号として、美波町に約2週間滞在します。

デュアルスクール」とは、徳島の学校・都市部の学校、どちらの良さも体験できる「新しい学校のかたち」のことです。 滞在中は、私は戎邸でサテライトワーク、子どもは美波町立日和佐小学校で学び遊ぶという生活を送ります。ちなみに普段私は東京都渋谷区のオフィスに通い、子どもは東京都内の小学校に通学しています。

本事業は「デュアルな視点を持った多面的な考え方のできる人を育てること」「児童生徒がいる家庭でも、地方と都市の二地域居住の可能性が拡がりがでること」などが目的です。

●なぜ私がデュアルスクールに参加しようと思ったのか

(2016.10 同じ町内の友達と一緒に登校)

私がデュアルスクールに参加しようと思った理由は3つあります。

(1)友達と一緒に、自然豊かな環境で過ごす機会を与えたいから

(2016.10 美波町にて友達と)

都市部は目と耳の刺激が強く、子どもの成長ペースに対して物事が早すぎると感じていました。どんなに合理化・効率化が進んでも、子どもが育つスピードは変わりません。地方でゆっくり過ごし、釣った魚を素手でつかんでウロコがついてがっかりしたり、雨が降る前の匂いや潮風の匂いを感じて散歩したり、屋根の瓦に雨が当たる音を聞きながら将棋を指してみたり。そんな五感をフルに使った暮らしを経験してほしいと思いました。また、遊ぶには友達が必要で、友達を作るには学校へ行くのが一番早いですよね。

(2)友達を介して、得意なこと・知っていることが違うと面白いと知ってほしいから

(2016.10 日和佐小学校生活初日から友達を戎邸へ連れてくる)

普通だと思っていることは、それまでの自分の経験でしかありません。ルールや習慣は場所によって変わることを面白いと感じてほしい。また、それぞれ違うからこそ、一緒に取り組むと面白いものができると経験してほしいです。

(3)地元と呼べる場所が二つできるから

(2016.10 日和佐秋祭りちょうさ。隣町のこどもみこしを担ぐ。)

継続的に行き来ができるデュアルスクールならではですが、年間に何度も行き来することで、子どもにとって「第2のふるさと」がこの美波町になってほしいと思っています。時代は急激に変化していますが、人間の体はそのスピードに追いついてはいません。いつか困難に直面した時に、拠り所となる場所と人と経験がこの地になってほしいと願っています(私は単身でも滞在しており、美波町の皆さんの人の良さに惚れ込んでるということもあります)。

●デュアルスクールに参加するまでの子どもの変化

(2016.10 町の集会所にて。秋祭り後の打ち上げ。社長と真剣に語る(?)様子)

はじめてデュアルスクールの話を聞いたのが2016年5月末。私の第一印象は「おもしろそう!やってみたい!」、子どもは「え、やだ!知らない人ばっかりじゃん」。そうです、私は仕事で接する相手は変わらず場所だけが変わるのですが、子どもは接する相手も場所もまるっと変わります。変わらないのは口うるさい母親がいることだけ。

けれども、そこは子ども。先に知り合いができてしまえば問題なかろうと、夏休みに会社の徳島ステイ制度(徳島でのリモートワーク制度)を利用して、1週間ほど徳島へ滞在。無事友達を作ることができ、「徳島また行ってもいいよ」という本人の了承を経て、今回に至りました。

10月7日現在、何度も戎邸に友達を連れてきたり、体育で夢中になってドッジボールをしていたりする様子を聞くにつけ、彼自身も楽しんでいるようです(学校の様子は、デュアルスクールのために配置された支援員の方が毎日教えてくれます)。

また、同時並行で会社へ本事業とリモートワークにてついて話をしました。

●働き方のリーディング・カンパニーとしてのヒトカラメディア

(2016.10 日和佐秋祭りにて。上記は戎邸がある戎町の方と、ヒトカラメディアのメンバーが談笑する様子)

8月の1週間の徳島リモートワークは、子どもの友達づくりとともに、私の長期リモートワークの試験も兼ねていました。10月に再び会社からリモートワークの機会を得て、徳島のデュアルスクールに参加することができました。

ヒトカラメディアは『「働く場」と「働き方」からいきいきとした組織と個人を増やす』というビジョンを掲げる会社です。働く場は働き方によって変わります。ビジョン通り、私のチャレンジを後押ししてくれたことに感動もしているし、感謝しています。ビジョンがただのお題目で終わる会社が多い中、20人前後の会社規模にも関わらず、全国初の事業に参加させてくれ、新しい働き方を実践させてくれたということは、手前味噌ながらすごい会社だと思ってます。

そしてワークスタイルとライフスタイルの多様化のためには、企業側の理解や後押しがとても重要になってきます。なのでヒトカラメディアはtoBの切り口から世の中にその価値観を広めて、そのためのサービス提供をしていきます。
ヒトカラメディア 代表取締役 高井のFacebook投稿より)


ヒトカラメディアの経営陣だけでなく、メンバー全員、特に遠隔地でも仕事ができるよう情報共有してくれる、同じ部の上司とメンバーに感謝です。チャンスをありがとうございます。

●「子どもがいるからできない」を、「子どもがいるからできる」ことへ

(2016.10  株式会社あわえのオフィス前にて。明治時代に建築された初音湯を改装してオフィスとして利用(カバー写真の場所)。デュアルスクールの協力機関

個人的には、「子どもがいるからできない」ではなく、「子どもがいるからできること」に変換して、あらゆるライフスタイル・ワークスタイルにチャレンジしたい。デュアルスクールはまさしく私の希望通りの事業です。後に続くもしくは今働いている親御さんに「こんな働き方があるよ!」と伝えたいです。実際、変化に対応して成長していく我が子の姿は素晴らしく頼もしいものです。成長意欲をこれだけかきたてられる存在は他にいないでしょう。

●いつか大人になる君へ

(2016.10 釣果のオヤビッチャ

子どもはいずれ大人になります。「大人は勝手で強引だけどいろんなことができて楽しそうだな」「働くのって大変そうだけどとても面白そう」と、我が子が思ってくれたら、私の子育てもほぼ終わったようなもの。この世に生まれた限り、何かしら面白いと思っていることに時間とパワーを費やしてほしい。それが糧を得ることなら尚良し。

人生の醍醐味は選ぶこと子どもが選ぶことができる選択肢を少しでも多く用意しておきたい。今回私達が選んだ先に何があるのか、またお伝えできればと思います。

それでは、徳島より愛をこめて。

※次の記事『 東京と徳島、どう変わる?リモートワークとデュアルスクールの日常 』もご覧ください。


【徳島の暮らし】 日和佐秋祭り「ちょうさ」

(2016.10 日和佐秋祭りちょうさ。50人前後の男達が、重さ約1トンの太鼓屋台「ちょうさ」を担いで海に入る勇壮さが見どころ。上記の戎町のちょうさは最も歴史が古く最も重い)


(2016.10 日和佐秋祭りちょうさ。ただ担ぐだけでなく、神様に差し「上げる」ため、持ち上げたり揺らしたり。これから「お浜出で」のために海岸への階段を下るところ。「お浜出で」はちょうさやみこしを担いだまま海に入ること)


(2016.10 日和佐秋祭りちょうさ。こどもみこしの「お浜出で(海に入ること)」)


(2016.10 日和佐秋祭りちょうさ。海から神社へ向かう)

※日和佐秋祭りちょうさの用語集はこちら

(※デュアルスクールの続きは『東京と徳島、どう変わる?リモートワークとデュアルスクールの日常』をご覧ください)

「デュアルスクール」に関するブログ記事一覧

《デュアルスクール生活のFB投稿はこちら》

https://www.facebook.com/naoko.sugiura.999

 #デュアルスクール #全国初徳島発 で検索。

★一緒に働くメンバー大募集中です★

https://www.wantedly.com/companies/hitokara-co/projects

【募集要項】

◎軽井沢ワーク&美波町ステイ制度実践中。新しい「働き方」を創る企画営業募集!

https://www.wantedly.com/projects/70659

◎これからの働き方を作るオフィス空間を実現するプロジェクトマネージャー募集!

https://www.wantedly.com/projects/51304

◎「働き方」にこだわりまくったオフィスをプロデュースする空間デザイナー募集!

https://www.wantedly.com/projects/51263

株式会社ヒトカラメディア's job postings
32 Likes
32 Likes

Weekly ranking

Show other rankings