求人広告 掲載 料金

求人広告の掲載にかかる料金は?|無料から有料まで一覧をまとめ

現在、採用活動を行うにあたり企業が利用できる求人広告には、さまざまなモデルが存在しています。求人を掲載する前に、どのような求人広告が存在しているのか、どのようなサービスがあるのかを確認していきましょう。

求人広告媒体の料金モデルを解説

求人広告媒体において、料金は2種類、4パターンに分けることができます。まずはそれぞれの特徴を理解し、求人掲載における費用感覚を掴みましょう。

ポイント:求人広告の料金モデルは2種類、4パターンにわかれる

・無料
 ・完全無料型
 ・一部無料型
・有料 
 ・先行投資型
 ・成果報酬型

1-1.無料で掲載できる求人広告媒体

完全無料型

登録から掲載、採用成功に至るまで、すべての料金が無料の求人広告が存在しています。求人広告掲載に対して、費用をかけたくない企業や人気職種でどこに掲載しても応募者がくるようなものは、完全無料で広告掲載してみると良いでしょう。ただし、無料の掲載媒体だけあって、多くの企業が利用しています。差別化が難しく、候補者も集まりづらいことが欠点としてあげられます。

例) ハローワーク

一部無料型

完全無料ではありませんが、一部の利用が無料の求人広告のことを指します。求人を掲載する際は費用はかかりませんが、求人広告を上位表示させるのは有料だったり、採用が決まった段階で費用が発生したり、掲載媒体によって有料の部分は異なります。初期費用を抑えながらも、しっかりと応募者の目にとまるような求人掲載ができるので、完全無料に比べると求人広告掲載効果は高いです。

例) Indeed、ジモティー、求人ボックス

1-2.有料で掲載できる求人広告媒体

先行投資型

先に費用を払った後、広告枠を買い求人を掲載するモデルを指します。費用によって求人の掲載順位、文章量、写真の数、オファーメールなどの数が異なります。より多くの候補者に見てもらうためには上位への掲載が必要です。上位を狙うのであれば、比較的多額の費用が発生するものの、採用人数に制限がないため、一度の掲載で複数名採用できれば、採用単価を低く抑えられます。

例) マイナビ転職、リクナビNEXT、エン転職

成果報酬型

求人掲載の際に費用はかからない、もしくは少額で抑えられるものの、採用が確定した段階で費用が発生するのが成果報酬型の求人広告です。採用が決定してから費用を支払うため、ローリスクで採用が可能ですが、採用決定の際、比較的高い費用を支払う必要があります。採用単価を下げるためには、成果報酬以外の採用手法をうまく組み合わせることが大切です。

例) Green

料金モデル別・オススメの求人広告媒体9選

これまでは、求人広告の料金モデルについて解説しました。実際のサービスを例に出しながら、実際にかかる費用をイメージして、自社に合う求人掲載の方法を考えていきましょう。

▼種類ごとの求人広告サービスと料金まとめ

種類

課金モデル

サービス名

料金

無料

完全無料型

ハローワーク

無料

 

一部無料型

indeed

15円〜999円/1クリックあたり

  

ジモティー

200円〜17000円

  

求人ボックス

25円〜1000円/1クリックあたり

有料

先行投資型

マイナビ転職

20万円〜120万円

  

リクナビNEXT

18万円〜180万円

  

エン転職

20万円〜120万円

 

成果報酬型

Green

30万円〜190万円

3-1.完全無料型

ハローワーク

国が運営する求人掲載サービスで、雇用保険・労働保険の適用事業所であれば、どの事業所でも利用できます。初回利用時に限り、ハローワーク窓口での登録手続きが必要ですが、以降はネット上で求人票の作成や応募者管理が可能です。

3-2.一部無料型

Indeed

Indeedでは、掲載に費用はかかりませんが、より上位に検索順位をあげたい時に、課金して掲載順位を上げることができます。クリックするごとに費用が発生するため、無駄な費用を抑えられます。また。予算の上限や入札額など、採用コストに応じて利用者自ら設定可能なため、費用のコントロールが可能です。

費用と効果例
求人掲載は無料。掲載順位を上げるため、1クリック100円の設定で、応募率1%・クリック数3,000・応募数30名の場合、総額30万円の費用が発生。

ジモティー

ジモティーといえば、無料の掲示板として中古品の出品などがメインですが、求人掲載も可能です。基本的に掲載は無料ですが、3つの有料オプションを利用して、効果的に応募を集めることができます。1つ目は、PR枠。リスト上部に表示させることで、応募者の目にとまりやすくなるオプションです。1日単位でのオプション購入が可能です。2つ目は、リフレッシュ機能です。掲載をしてから時間が経過すると、掲載順位が下がってしまいます。このリフレッシュ機能を使用することで、埋もれてしまう求人を再度上位表示させることが可能になります。3つ目は、ハイライト機能です。その名の通り、求人そのものに色をつけて、視覚的に目立たせることで注目を集めるオプションです。

費用と効果例
求人掲載は無料。掲載順位を上げるため、定期リフレッシュ機能を利用した場合、総額5000円の費用が発生。

求人ボックス

求人ボックスは、基本全て無料の掲載サイトになります。有料オプションを利用することで上位表示をさせることができます。クリック課金制なので、最小限のリスクで上位表示させることが可能です。indeedより登録者数は少ないものの、上位争いが少ない求人ボックスはindeedに比べて、クリック単価を抑えることができます。

費用と効果例
求人掲載は無料。掲載順位を上げるため、1クリック100円の設定で、応募率1%・クリック数3,000・応募数30名の場合、総額30万円の費用が発生。

3-3.先行投資型

マイナビ転職

求人広告の中でも有名なサービスです。新卒採用における認知が高いことから、中途採用でも多くの中小企業が掲載している媒体です。その分、掲載した案件が埋もれてしまう可能性もありますので、オプション機能のバナー広告やメール広告を利用することで、マッチした応募者に発見してもらえる確率がアップします。

費用と効果例
最も上位に掲載される、MT-Sプランを4週間利用した場合、総額120万円の費用が発生

リクナビNEXT

登録者数1000万人以上を誇る求人広告媒体です。求人掲載数も多く、王道の求人広告と言えるでしょう。プランによって、写真の枚数や文章量に明確な違いがあります。ただし、登録者数が多い分、掲載企業数が多いのも事実。求人広告が最も閲覧される1ページ目での掲載をするには、それなりの金額が発生してしまうことが難点です。

費用と効果例
最も上位に掲載される、N5Lプランを6週間利用した場合、総額180万円の費用が発生

エン転職

登録者が急速に拡大している求人広告サービスです。同社のサイトには、多くのバナーや特集が組まれており、さまざまな切り口から応募者とのマッチングが可能です。エン転職の求人広告を掲載する場合は、求人毎に取材が行われ、写真撮影も専属のカメラマンが実際に撮影しにきてくれます。求人掲載をしてみたいが、どのような記事を書いていいのかわからない、良い写真をもっていないなどの悩みを抱えている企業は、活用してみるとよいでしょう。

費用と効果例
最も上位に掲載される、SSプランを4週間利用した場合、総額120万円の費用が発生

3-4. 成果報酬型

Green

IT業界の人材を中心に登録を集めている求人広告媒体です。初期費用を払えば、永年に掲載されることが特徴です。掲載に加え、候補者に直接スカウトを送れるのも特徴的です。ただし、採用が決定すると、一律で成果報酬を支払う必要があります。

費用と効果例
東京でCプランを利用し1名採用した場合、総額130万円の費用が発生

低コストで優秀な人材を採用した事例を紹介

いかがでしたでしょうか。最後に、実際に求人掲載で成功している会社の成功事例を紹介します。自社でも真似できる部分を見つけていただき、より採用に成功する確率を上げてきましょう。

認知度も予算もない中ではじめてた新卒採用。20卒〜22卒まで一気に採用に成功

株式会社リスタンダードはアスリートのセカンドキャリアを支援している会社です。はじめての新卒採用でWantedlyを活用し、1年で20卒〜22卒合わせて複数名を採用しています。少額の金額で全学生にアプローチし、インターンシップや選考を並行して募集を出していったことが成功のポイントだと語っていただいています。

認知度も予算もなかった初めての新卒採用。7名の採用に成功した秘訣とは / リスタンダード株式会社
2015年創業から4年。変革期ととらえ「第二創業期」として新卒採用に乗り出したリスタンダード株式会社。 初めての新卒採用ながら1年で20卒〜22卒まで採用を成功させた秘訣を担当者の脇嶋様にお伺...

2万円以下で優秀な業務委託、インターン4名のデザイナー採用に成功。

副業人材プラットフォームを運営するAnother works。業務委託・インターンでデザイナーを含め複数のポジションを採用しています。とくにデザイナー採用では、ユーザーのポートフォリオが確認できるWantedlyを利用し、候補者の質を確認しているとのこと。デザイナーに訴求した募集を掲載したことにより、半年以上同じ募集からエントリーが毎日きているとのことです。

コストをかけられないけど、優秀なデザイナーを採用する必要があった。創業1年目のスタートアップ企業が選んだ採用方法とは。 / 株式会社Another works
「創業当時の財務状況では、実績のあるデザイナーが納得する条件を提示することはできませんでした。」   そう語るのは2019年に創業した株式会社Anoher worksのデザイ...

その採用コストは適正か?コストのかかる人材紹介から手法を切り替え採用に成功

不動産サービスを提供する株式会社フロネシス。欠員補充のために人材紹介を利用した採用ではスペックと照らし合わせた費用対効果の見極めが難しかったとのこと。コストのかからない募集掲載に切り替えたことで、低コストで優秀なスタッフを採用できたと語っていただいています。

採用コストを抑えた採用に成功!不動産事業会社にとって良い人材を見極めるためのWantedly活用方法 / 株式会社フロネシス
全国各地域のプロ人材に協働プラットフォームを提供することで、高品質・”好”価格の不動産サービスを創出する「株式会社フロネシス」。不動産業界の改革を目指して2015年に設立されました。 今回は、...

著者プロフィール

北山浩士

ウォンテッドリー株式会社 マーケティング

三重県出身。滋賀の大学から新卒で大手人材紹介会社に入社。大阪にて関西の製造業を中心にRAを担当。その後、東京に移住しウォンテッドリー株式会社でセールスとして働いた後、現在はマーケティングチームでマーケティングコンテンツの企画、制作、ディレクションと、オンラインイベントの企画、運営、を担当しています。

タイトルとURLをコピーしました