作業着にヘルメット姿で働いていたわたしがメドレーに入社した理由

みなさま、はじめまして。株式会社メドレーの小川と申します。

わたしは現在、日本最大級の医療介護求人サイト「ジョブメドレー」のセールスチームで、全国の歯科医院の採用課題解決のサポートをしています。

今年の7月に入社し、まだ3か月しか経っておりませんが、わたしがどのような経緯でメドレーに入り、今どのような環境で仕事をしているのかをお話しさせていただこうと思います。

今メドレーに興味を持っている方、転職活動中の方に少しでもメドレーを身近に感じていただけたら嬉しいです。

メドレーに入社するまで

前職では、建築建材メーカーの営業として、大学卒業後3年間働いていました。

具体的にどのような仕事をしていたかというと、東京の支店を拠点に、営業車でお客様のところに行き自社製品のPRをしたり、ヘルメットと作業着を身に着け、工事現場に行って施工管理をしたりしていました。

(このヘルメット姿の人、私です。)

都内だけではなく、茨城や埼玉の奥地に行くこともあったので片道3時間の時もしばしば。職人さんに混ざり、足場に上って屋根の上で打ち合わせをしたり、インパクトドライバーで作業することもありました。

(インパクトドライバーでの作業風景。手すりを取り付けるための下穴をあけているところです。)

最近では「ドボジョ(土木女子)」や「けんせつ小町(建設業で働くすべての女性の愛称だそうです)」などの建設業に携わる女性も増えてきましたが、まだまだ男社会の建築業界なので、当時は現場に行くと珍しがられることの方が多かったです。

もともと大学で建築を専攻していたわけでもなく女子大の社会学部だったわたしですが、ただただ「建物を見るのが好きで関わってみたい」「建築現場なんてなかなか入れないしおもしろそう」という好奇心からこの業界に飛び込みました。

社内で唯一の女性営業として、製品の売り込みから手配、製品が現場に納まるまでを自分で一括管理していました。建築は自分の仕事が形として残るため、やりがいのある仕事ではありました。

しかし、現場にも出るためハードだったこと、土曜出勤もあるため休みのメリハリがなかったこともあり、社会人4年目を迎え、この先の結婚や出産などのライフイベントを考えると、この仕事をずっと続けていくことへの不安が募りました。

転職を決意、メドレーに惹かれた理由

そこで転職を決意し、結婚や出産等ライフイベントがあっても働きやすく、社内の雰囲気が良い会社を中心に次の転職先を探していました。

メドレーを知ったきっかけは、エージェント会社からの紹介でした。実ははじめはそこまで興味があったわけではなかったのですが(笑)、「ベンチャー企業ですが働きやすく、今後も成長していく会社なのでおすすめです」というエージェントの担当の方の言葉やメドレーのHPにある「納得できる医療の実現を目指す」という言葉になんとなく惹かれ、試しに受けてみることにしました。

メドレーの面接を受けるにあたり、「医療」ということを自分なりに改めてどう関わってきたか振り返ってみると、大学時代、わたしはフィールドホッケーという(みなさんあまり聞き馴染のないマイナーな)スポーツをしておりまして、その際に膝の前十字靭帯を断裂し、人生で初めての入院、手術を経験しました。

よくサッカー選手に多い怪我なのですが、手術後約2週間入院し、その後も約1年通院・リハビリをする、という、完治するまでに長いスパンを要するものです。

1年以上の時間をかけて無事に完治させ、「さぁ!ホッケーができるぞ!」とはしゃいでやり始めた矢先、今度は反対の足の前十字靭帯を切ってしまいました。リハビリの先生に病院で会った時は、「え、また来たの?」と言われてしまいました・・・(笑)

2回目の時は傷口から細菌が入り、感染症になってしまい、抗生物質の点滴をした結果、今度は抗生物質アレルギーが発覚し、当初2週間予定が1か月の入院生活となるなどがっつり病院にお世話になっていました。

(怪我を経て無事に引退)

実はわたしの母も、前十字靭帯の手術を経験しているのですが、母が手術をした病院はリハビリをあまり行わなかったらしく、膝が固くなってしまい、正座ができなくなってしまいました。

通う病院によって治療方法が異なり、患者さんのその後の生活に大きく関わることを改めて実感し、ますます「納得のできる医療の実現を目指す」というメドレーの理念に共感しました。また、医療はわたしたちの生活に避けては通れないもので、風邪や虫歯などとても身近に関わる機会が多いと思います。そんな医療やヘルスケア分野に特化した事業にも興味を持ち始め、一員として携わり、社会に貢献できる仕事をしたいと思うようになりました。

面接に行き、会社の雰囲気をのぞかせてもらうと、前の会社では平均年齢が高かったのに比べ、若い人たちが多く活気に溢れていました。また、わたしが現在配属になったジョブメドレー事業部では、同世代の女性が活躍していると聞き、今までと全く異なる業界に挑戦してみたい、と入社を決意しました。

メドレーに入社してから

決意はしたものの、前職ではパソコンはあまり使う機会がなく、どちらかというと苦手な方だったので、「IT」「ベンチャー」ということに不安がありました。

しかし先輩方がパソコンの基本操作等から教えてくださったのでその不安は杞憂に終わりました。困っていると声をかけてくださったり、自分がつまずいた部分を先回りして教えてくださったりと新人教育の体制が整っていたので、IT業界とは程遠い業界からきたわたしもすぐに仕事や雰囲気に馴染むことができました。今では「Ctrl+C」などのショートカットキーを使いこなせるように!(笑)

ジョブメドレーセールスチームの仕事内容としては、全国の事業所(介護施設・保育施設・診療所・歯科医院等)へお電話し、「ジョブメドレー」のシステムのご案内や募集職種などをヒアリングし、掲載までのサポートを行なっています。

それまで営業として働いてきましたが、電話での営業、ましてや医院や介護施設にはもちろん営業をしたことがなく、上司の方とのロープレで、すでに手に汗握る緊張っぷりでした。

しかし何度もロープレを重ね、こういう場合はこう返した方がいいよ、と細かく指導していただき、少しずつ独り立ちできるようになってきました。(まだまだ分からないことはあるので都度、先輩たちに聞き、たくさんお世話になっておりますm(_)m)

たまに、「掲載をしてすぐに応募が入ったよ!」と連絡してくださるクリニックの先生もいて、電話でのやり取りではありますが身近に感じてくださっていることをとても嬉しく思います。

プライベートでは、怪我をしたにも関わらずいまだにホッケーを続けているのですが、前の会社では勤務時間の関係で難しかった平日の会社帰りのホッケーや土日の活動にも参加できるようになり、公私メリハリのある充実した日々を送れています。


そんなわたしはこんな人と働きたい

わたしはメドレーのバリュー(行動規範)の中で「凡事徹底」という言葉が自分にはしっくりきます。小さな事、当たり前の業務を一つ一つ確実に積み重ね、成果に結びつける。セールスの業務もそうで、1事業所ごとに地道にコンタクトを取り、掲載に繋げ、事業所様の求人情報をより多くの求職者の方に見ていただけるよう日々コツコツと積み上げています。

また、わたしは今までの経験の中で特別なことをしてきたわけではなく、会社の目指していることや事業内容、面接時の雰囲気に惹かれ入社しました。そんなわたしでも今では周りの先輩方のサポートや、メンバーみんなで協力して目標に向けて達成していこう、という雰囲気に助けられながらも、少しずつ基礎から積み重ね、こうして働けています。

今までと異なった業界だからと不安に思っている方、ベンチャーという響きに躊躇している方、メドレーにはそんな不安を取っ払ってくれる環境があります。少しでも興味がある方、チームみんなで協力しながら働くことが好きな方、ぜひお気軽に応募していただけたらな、と思います!

ちなみに、現在のセールスチームの女子メンバーです!

ときどきみんなでランチに行きます。みんな優しくて話しやすい人たちばかりです(^^)新たな女子メンバーも絶賛募集中です! (もちろん性別問わず募集中です)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

みなさまのご応募、心よりお待ちしております!


セールス,インサイドセールス
業界不問/法人営業経験者を募集!医療介護の採用課題に向き合ってみませんか
私たちは「インターネットを通じて、医療ヘルスケア分野の課題を解決する」ことを目指しています。 自分が病気になった時、大切な家族が病気になった時、誰しもが必ず直面する「医療」。 その領域には、素晴らしい技術や力がある一方で、まだまだ深刻かつ大きな課題が存在しているのも事実です。 私たちメドレーのメンバーは、インターネットの力で「医療の新しいインフラ」の実現をしていくことでその課題を解決し、次世代の医療を変えていけると信じています。 その想いに共感し、社内には医師をはじめとした医療の領域に精通したメンバーや、大手IT企業出身者等のインターネットに精通したメンバーが集まり「医療とITが本当の意味で融合したサービス」を自社開発しています。 現在は、 ・日本の医療リテラシー向上を目指す、600名以上の協力医師によるオンライン医療事典「MEDLEY」 ・スマホで医師の診療が受けられるアプリ「CLINICS(クリニクス) 」 / クラウド型電子カルテ「CLINICSカルテ」 ・医療介護分野の人材不足を解消する国内最大級の採用管理システム「ジョブメドレー」 ・口コミで探せる介護施設の検索サイト「介護のほんね」 この4つの事業を運営しています。 私たちは、今後も新しい事業を展開する予定です。
株式会社メドレー


オープンポジション
コツコツの積み重ねが大きな成果に。「凡事徹底」に自信のある方Wanted!
私たちは「インターネットを通じて、医療ヘルスケア分野の課題を解決する」ことを目指しています。 自分が病気になった時、大切な家族が病気になった時、誰しもが必ず直面する「医療」。 その領域には、素晴らしい技術や力がある一方で、まだまだ深刻かつ大きな課題が存在しているのも事実です。 私たちメドレーのメンバーは、インターネットの力で「医療の新しいインフラ」の実現をしていくことでその課題を解決し、次世代の医療を変えていけると信じています。 その想いに共感し、社内には医師をはじめとした医療の領域に精通したメンバーや、大手IT企業出身者等のインターネットに精通したメンバーが集まり「医療とITが本当の意味で融合したサービス」を自社開発しています。 現在は、 ・日本の医療リテラシー向上を目指す、600名以上の協力医師によるオンライン医療事典「MEDLEY」 ・スマホで医師の診療が受けられるアプリ「CLINICS(クリニクス) 」 / クラウド型電子カルテ「CLINICSカルテ」 ・医療介護分野の人材不足を解消する国内最大級の採用管理システム「ジョブメドレー」 ・口コミで探せる介護施設の検索サイト「介護のほんね」 この4つの事業を運営しています。 私たちは、今後も新しい事業を展開する予定です。
株式会社メドレー


キャリアサポート,事務
仕事もプライベートも充実させたい、サポート職&事務アシスタントを募集!
私たちは「インターネットを通じて、医療ヘルスケア分野の課題を解決する」ことを目指しています。 自分が病気になった時、大切な家族が病気になった時、誰しもが必ず直面する「医療」。 その領域には、素晴らしい技術や力がある一方で、まだまだ深刻かつ大きな課題が存在しているのも事実です。 私たちメドレーのメンバーは、インターネットの力で「医療の新しいインフラ」の実現をしていくことでその課題を解決し、次世代の医療を変えていけると信じています。 その想いに共感し、社内には医師をはじめとした医療の領域に精通したメンバーや、大手IT企業出身者等のインターネットに精通したメンバーが集まり「医療とITが本当の意味で融合したサービス」を自社開発しています。 現在は、 ・日本の医療リテラシー向上を目指す、600名以上の協力医師によるオンライン医療事典「MEDLEY」 ・スマホで医師の診療が受けられるアプリ「CLINICS(クリニクス) 」 / クラウド型電子カルテ「CLINICSカルテ」 ・医療介護分野の人材不足を解消する国内最大級の採用管理システム「ジョブメドレー」 ・口コミで探せる介護施設の検索サイト「介護のほんね」 この4つの事業を運営しています。 私たちは、今後も新しい事業を展開する予定です。
株式会社メドレー


セールステレマスタッフ
医療業界のインフラを目指すジョブメドレー、セールステレマスタッフを募集!
私たちは「インターネットを通じて、医療ヘルスケア分野の課題を解決する」ことを目指しています。 自分が病気になった時、大切な家族が病気になった時、誰しもが必ず直面する「医療」。 その領域には、素晴らしい技術や力がある一方で、まだまだ深刻かつ大きな課題が存在しているのも事実です。 私たちメドレーのメンバーは、インターネットの力で「医療の新しいインフラ」の実現をしていくことでその課題を解決し、次世代の医療を変えていけると信じています。 その想いに共感し、社内には医師をはじめとした医療の領域に精通したメンバーや、大手IT企業出身者等のインターネットに精通したメンバーが集まり「医療とITが本当の意味で融合したサービス」を自社開発しています。 現在は、 ・日本の医療リテラシー向上を目指す、600名以上の協力医師によるオンライン医療事典「MEDLEY」 ・スマホで医師の診療が受けられるアプリ「CLINICS(クリニクス) 」 / クラウド型電子カルテ「CLINICSカルテ」 ・医療介護分野の人材不足を解消する国内最大級の採用管理システム「ジョブメドレー」 ・口コミで探せる介護施設の検索サイト「介護のほんね」 この4つの事業を運営しています。 私たちは、今後も新しい事業を展開する予定です。
株式会社メドレー


過去のメドレー社員の記事

第1回:ぼくがクックパッドを辞めてメドレーに入った7つの理由

第2回:現役ダーツプロの僕がメドレーに入社した7つの理由

第3回:デザイナーの僕がメドレーに入った7つの理由

第4回:私がドクターヘリを降りて、メドレーに入った7つの理由

第5回:ライフセーバーの私がメドレーで働く理由

第6回:私がヤフーを辞めてメドレーに入社した2つの理由

第7回:外資系投資銀行出身の私がメドレーに入った理由

第8回:Googleのエバンジェリストをやめてメドレーに入社した僕が6つに割れたバキバキの腹筋を手に入れるまでに実行した7つのステップ

第9回:今年不惑を迎えたエンジニアがメドレーを選んだ理由

第10回:年収36,000円のお笑い芸人が、メドレーに入社するまでの7つのステップ

第11回:医者にならずに7年過ごした僕がMEDLEYニュースを書く7つの理由

第12回:何がしたいのかわからなかった私がメドレーの仕事にやりがいを感じる7つの理由

第13回:厚生労働省の医系技官だった私がメドレーに入社した3つの理由

第14回:7年いたリブセンスをやめ、マエダがメドレーでデザインしたいこと

第15回:IPOを経験した私が、次のステージにメドレーを選んだ理由

第16回:アイスランドで生きる理由を考えて瞑想していた私がメドレーに入社した3つの理由

第17回:整体師を11年やっていた私が、34歳でメドレーに転職して「介護のほんね」に取り組む理由

第18回:マザーハウスでバッグを販売していた私が、メドレーで見つけたひとつの目標

第19回:SIerとWEB業界を経験したエンジニアがメドレーに入社した理由

第20回:青春を捧げたチアリーダーを引退した私がメドレーという舞台でクリニックを応援することに決めた理由

第21回:インターンを経て新卒で入社した私が、メドレーを選んだ3つの理由

第22回:なんでもできるようになりたかったエンジニアがメドレーへ入社した理由

第23回:新卒から9年働いた会社を飛び出した私がメドレーに入社した理由

第24回:結婚2年目で転職を考えた私が、メドレーに入社した理由

第25回:「命に関わる仕事がしたかった」私が、MRを経てオンライン診療の未来に賭ける理由

第26回:「何でも屋」街道をワイルドスピードしている私が、「介護のほんね」と共にメドレーに入社した理由

第27回:元タカラジェンヌの私が、第二のステージにメドレーを選んだ理由

第28回:「漠然と医療に携わりたかった」私が、勇気をふりしぼってメドレーに飛び込んだ理由

第29回:29歳で社会人経験がないまま上京した元バンドマンの私がメドレーで働く理由

第30回:フランスで生活していた私がメドレーに入社した理由

第31回:キーエンス、リクルート、プロボノ活動を経て、私がメドレーに転職した理由

メドレーが提供しているサービス

・医師たちがつくるオンライン医療事典「MEDLEY

・オンライン診療アプリ「CLINICS

・医療介護業界の求人サイト「ジョブメドレー

・介護施設を選ぶための口コミサイト「介護のほんね

株式会社メドレー's job postings
Anonymous
Picture?height=40&width=40
81400e72 96c5 466d 88a1 5a7ede9248a0?1528205502
F422463c a704 462a b61b e9d1cb3a083d?1512037620
18527964 1487266288003312 6596419176382985223 n
12002768 1186533638040377 900241229267829054 n
17 Like
Anonymous
Picture?height=40&width=40
81400e72 96c5 466d 88a1 5a7ede9248a0?1528205502
F422463c a704 462a b61b e9d1cb3a083d?1512037620
18527964 1487266288003312 6596419176382985223 n
12002768 1186533638040377 900241229267829054 n
17 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon